スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

不気味な中国公的債務の増加はグローバル経済にも深刻な問題

航空宇宙テーマなのになぜ金融問題なのか。読者の中に訝しく思われる向きがあるかもしれません。要は巨大になった中国の動向に世界が振り回されており、中国経済が破たんするような事態(これを望む勢力もあるわけですが)が本当に来るのか。安全保障上にどんな影響が出る(出ない)のかが関心の的だからです。金融経済政策を司るエリート層が導入中の各種政策手段を以下エッセイでは好意的に受け止めていますが、その結果がいつ、どう出てくるかで巨大な軍事力整備の動向も変わってくると思います。そろそろ中国単独での経済金融動向=地政学専門のターミナル5を増設すべきでしょうか。読者の皆さんのご意見を頂戴したいと思います。 The Next Global Financial Crisis: A Chinese Sovereign Debt Default? 次の世界金融危機で中国の公的債務はデフォルトになるのか
Yiping Huang May 28, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-next-global-financial-crisis-chinese-sovereign-debt-20889?page=show
ムーディズが中国国債を格下げし金融市場と政府中枢に波紋が広がっている。ただし格付け変更の例にもれずリスク要因の今後を占うより遅れて現状を追認する指標の観がある。中国には深刻な赤字問題があるが、近年の政策方向から中国の公的債務リスクは軽減しそうだが他の部門で高まりそうだ。 中国の債務問題でよく引用される指標が広義のマネーサプライ(M2、現金と銀行預金の合計)で、中国ではGDP比率(2016年末で208パーセント)が世界有数の水準になっている。国際比較では中国のM2/GDP比率は170パーセントとなるべきところが70ポイント高い。セクター別の借り入れ比率を見ると政府、家計両部門がとくに高いわけでない。だが金融除く企業部門の借入総額はGDPの170パーセントに達しており、世界最高水準だ。 中国で借入比率が全般的に高い背景には要因が三つある。 まず、銀行中心の中国の金融では銀行預金と貸出しがほぼ全ての業務形態だ。米国では金融市場が発達しており、M2のGDP比率が80パーセントにしかなっていない。だが日本では銀行が中心で240パーセントになってい…
最近の投稿

LM-100Jは十分軍用に転用できるC-130Jの民生用新型機

なるほど複雑で高価格の軍用仕様でなくても十分とする途上国需要をあてこんでいるわけですか。確かに民生用貨物輸送機需要はマーケット規模が限られているのでロッキードの狙いは面白いと思います。日本もC-130Hの後継機で検討してはいかがでしょう。え、先進国のプライドが許さないですか?
Lockheed Martin marks maiden flight of LM-100JGareth Jennings, London - IHS Jane's Defence Weekly 26 May 2017 http://www.janes.com/article/70833/lockheed-martin-marks-maiden-flight-of-lm-100j
ロッキード・マーティンの新型輸送機LM-100Jハーキュリーズが5月25日初飛行した。 軍用C-130Jの民生仕様機でジョージア州マリエッタ工場から離陸した。機体は2月にロールアウトしており飛行テストが始まり、FAA型式証明取得を目指す。 ロッキード・マーティンはC-130Jの拡販を狙うが、各国の国防予算が縮小気味でとくにペンタゴン予算の落ち込みが痛いところだ。 ハーキュリーズでは以前も民生用L-100が1964年から1992年にかけて115機が生産されたが、LM-100Jでは大型貨物輸送、石油ガス採掘業務、鉱業用補給活動、空中消火、貨物搬送、救急救命、人道救難、捜索救難等を過酷な飛行施設でも行えることをうたう。 民生用とはいうもののLM-100Jは官公庁、軍用用途も狙い、とくに高性能つまり高価格となるC-130Jまでは必要ない層を狙う。民生版では秘匿通信装置、電子戦装備、配線、ラック類はすべて外されており、ロッキードはLM-100J機体価格を60ないし70百万ドルとし、C-130Jの1億ドルより安価だ。また機体重量が軽くなり、燃料経費や整備費用が節約できる。このため同社は同機を軍用用途にも売り込む方針で途上国向けに訴求力があるとみている。 なお、旧型のL-100はアルゼンチン、エクアドル、インドネシア、リビア、ペルー、フィリピン、サウジアラビア、アラブ首長国連合の各国で軍が運用していた。■

★南シナ海航行の自由作戦で人工島6カイリ以内を通航した米海軍艦船と中国の反応

中国としては既成事実の積み重ねで逃げ切るつもりでしょうが、法による支配と相いれないとんでも主張であることは明確なのです。問題は北朝鮮他に目を取られる間に時間が経過することなのですが、今回の航行の自由作戦は意味が違うようです。中国といい朝鮮といい本当に面倒な隣国に日本は恵まれていますね。
USS デューイ(DDG-105)が南シナ海を航行している。 May 6, 2017. US Navy PhotoU.S. Warship Came Within 6 Miles of Chinese Artificial Island in Toughest Challenge Yet to Beijing South China Sea Claims米艦が中国人工島から6カイリ以内を通航し、中国領有権主張に最大級の抗議を示した
By: Sam LaGrone May 25, 2017 1:04 PM • Updated: May 25, 2017 3:25 PM https://news.usni.org/2017/05/25/u-s-warship-came-beijing-south-china-sea-claims
米海軍駆逐艦が中国が造成した南シナ海内人工島から6カイリ地点を5月25日に航行し、中国主張へこれまでで最大の抗議活動となっていたと判明した。 同日現地時間午前7時にUSSデューイ(DDG-105)がスプラトリー島しょミスチーフ礁から6カイリ地点を航行したと米関係筋複数がUSNI Newsに認めた。 同艦は国際法で認める無害通航を行い、軍艦の権利として事前通告なしで他国領海を通航できる。 同艦はミスチーフ礁から12カイリ内を90分にわたりジグザグ航行した。乗員は艦外訓練も行ったと米関係者が伝えている。 ただし航行中は中国フリゲ―ト艦が追尾し、無線で20回にわたり人民解放軍施設付近からの退去を求めてきた。 人民解放軍報道官は25日に中国海軍フリゲート艦部隊がデューイを「警告し遠ざけた」と伝えている。 今回はトランプ政権で初の航行の自由作戦(FON op)として中国の南シナ海領有主張に挑戦した形になった。USSデカター(DDG-73)がパラセル諸島でFON opを昨年10月に実施して以来となった。 2016年初めのミスチーフ礁。 CSIS Asian Maritime Transparen…

ボーイングが新型極超音速スペースプレーン契約を獲得

ボーイングは長期間無人運航をして地球に帰ってきている謎の無人シャトルX-37で知見を有しており、今回の構想はX-37の延長という感じで契約受注は当然と言えば当然でしょう。まず国防用途のようですが、民間利用も開放されれば低費用と柔軟な打ち上げのパラダイムチェンジで低軌道上のビジネス活動にあらたな可能性が生まれますね。
Boeing beats out competitors to build hypersonic space planeDARPA:極超音速スペースプレーン製造でボーイング案を選定
By: Jill Aitoro, May 24, 2017 (Photo Credit: DARPA) http://www.defensenews.com/articles/boeing-to-build-hypersonic-spaceplane
国防高等研究プロジェクト庁DARPAがスペースプレーン試験機XS-1でボーイング案を選定した。極超音速機として低地球周回軌道に数日間活動する新しい構想だ。DARPAが5月24日に発表した。 「XS-1は従来型の航空機や打ち上げ機でなく言ってみれば二つを組みあわせ、打ち上げ費用を十分の一程度に下げて現在は必要とされる打ち上げ準備時間を短縮し必要なときに使えるようにする」とDARPAのジェス・スポネイブルが述べている。「ボーイングがXS-1のフェーズ1で進展を示していることをうれしく思い、今後も密接に協力しながら予算を確保したフェーズ2および3つまり機体製造と飛行段階に向かいたい」 XS-1は短期間で飛行可能となり低費用で宇宙空間に到達できる手段として宇宙機とジェット機の長所を組み合わせた構想だ。フェーズ1はコンセプト構築で三社が契約を交付され民間宇宙打ち上げ企業とタッグを組んだ。ボーイングはブルーオリジンと、メイステン・スペースシステムズはXCORエアロスペースと、ノースロップ・グラマンはヴァージンギャラクティックとそれぞれ連携した。 フェーズ2ではボーイングが技術実証機の設計、製造、試験を2019年にかけ実施する。まずエンジンの地上運転を10日間で10回行い飛行テスト前に推進系の有効性を確認する。フェーズ3の狙いはテスト飛行の12回ないし15回実施で2020年予定とする。うちフライト10回を10日以上内に行う目標があり、ペイロードなしでマ…

F-15.F/A-18の発展改修型を売りこむボーイングの勝算

ボーイングは商魂たくましい企業ですから既存機種を改良して性能威力を向上させて勝算ありと見ているわけです。F-35があることでF-15やF/A-18が逆に注目されるのは面白い現象ですね。もし日本がF-15Jを改修するとしたら三菱重工業で対応可能なのでしょうか。米空軍がF-XあらためPCAに向かう中、日本も大型ステルス機F-3開発に乗り出していますが、途中でF-15の大幅改修は避けて通れないのではないでしょうか。
攻撃任務では高性能版F-15は小口径爆弾16発、AIM-120AMRAAM4発、AGM-88HARM2発、JDAM-ER(2千ポンド)一発、600ガロン燃料タンク二個を搭載するCredit: BoeingBoeing Touts Advanced Fighter Versions As ‘Different Animals’ ボーイングが売り込む高性能版戦闘機各型は「別の生き物」になるMay 25, 2017 James Drew | Aviation Week & Space Technology http://aviationweek.com/defense/boeing-touts-advanced-fighter-versions-different-animals

ロッキード・マーティンのX-35がボーイングX-32を破り総額1兆ドルの共用打撃戦闘機に採用され、ボーイングはこれで戦闘機事業は先が見えたと考えたはずだ。だが16年たってボーイングのF-15とF/A-18は20年ほどのステルス熱狂時代を生き延び、旧式化する予測を跳ね返し、しっかり生き残っている。 一方でロッキードではF-35ライトニングIIと生産終了したF-22ラプターがともに費用超過と開発の遅れに苦しんでいるが、ボーイングはイーグル、スーパーホーネット、グラウラーの各機により高性能装備、センサーや兵装を組み込み、第五世代戦闘機に十分対抗できる機体になったとする。 ボーイングはCH-47チヌークやAH-64アパッチの供用を2060年まで可能にする技術の順次応用「反復革新」により、同社の戦闘機生産ラインも2020年代初頭までの生産予定が確保され、さらにその先でも稼働させるとする。機体自体は2040年を越しても運用可能だ。 イーグル:ステルスはなくても火力はもっと強力になる 米海軍は当初構想どおり…

★★米陸軍が韓国から事前集積装備を米本国に送付するのはなぜか

一見すると韓国の防衛を放棄するような話ですが、よく見ると米陸軍が即応体制の高い部隊を交代で各地に派遣する体制づくりに投入されるのですね。朝鮮半島の危機はまだ続くと思うのですが、もっと大きな視野で運用を考えているようです。
Pre-positioned US stock leaving South Korea to create armored brigade 前方配備装備品を韓国から米本土に送り装甲旅団編成に投入する米陸軍By: Jen Judson, May 26, 2017 (Photo Credit: Capt. Jonathan Camire/U.S. Army) http://www.defensenews.com/articles/prepositioned-stock-in-south-korea-to-create-armored-brigade
WASHINGTON — 米陸軍は韓国国内に集積した事前装備を米本土に呼び戻し装甲旅団戦闘集団(ACBT)の編成にあてる検討中と米陸軍参謀総長マーク・ミレー大将が明かした。 この動きは旅団戦闘チームで軽装備歩兵中心から強力重装備の装甲旅団戦闘チームに再編成する意味がある。米陸軍は歩兵旅団戦闘チームを第15装甲旅団戦闘チームに再編成し、第16旅団用には韓国内の事前配備装備を活用する。 陸軍の事前集積装備はAPSと呼ばれ、各戦闘司令部下で迅速即応が必要な事態で緊急作戦用に使う想定だ。ただし陸軍は装備品セットを訓練で消費した分の補充に振り向け、さらに必要に応じ部隊規模を拡大する。このため事前配備装備を払い出し以前よりも頻度が高くなっている演習に投入する。 参謀総長の発言では従来の中心が対テロ作戦や国内治安確保作戦がイラク、アフガニスタンにあったが、部隊戦力を再構築し再び大国を相手にした本格戦闘に備える必要を実感しているのだという。 議会公聴会ではテッド・クルーズ上院議員(共、テキサス)がミレー参謀総長に韓国内装備を米本国に送還する必要について問いただした。参謀総長は装備品の本国送付で編成する第16ABCTは交替配備で後日韓国に展開され、陸軍の戦略方針の一環となるとし「リスクもたしかにあるが、許容範囲のリスクだ」と答えた。 韓国内にABCTを順繰りに配備するのは陸軍が進める交代方式の部隊配置方針と合致し従来のような継続前方配備は…

★歴史に残らなかった機体(10)Tu-4はB-29のクローン爆撃機

映画「原爆下のアメリカ」Invasion USAにもTu-4と思しき機体が米本土を空襲するシーンがありますが(記録フィルムのB-29を使用)この経緯からB-29フィルムを使っても問題なかったわけですね。それにしても米側が知的財産の補償をロシアに求めなかったのはなぜでしょうね。
One of America's Most Dangerous Bombers Also Flew for Russia and China 米空軍最強の爆撃機はロシア、中国でも飛んでいた
Sebastien Roblin May 26, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/one-americas-most-dangerous-bombers-also-flew-russia-china-20857?page=show
歴史に残るという意味で広島、長崎に原爆投下したB-29に比類する機材は少ない。 余り知られていないがソ連にもB-29があった。ほぼ全面的に同じ機体で、B-29をコピーした同機もソ連初の原子爆弾空中投下を行った。 第一次大戦中のロシアは重爆撃機分野で進んでおりシコースキー設計のイリヤ・ムロメッツ四発複葉機はドイツ攻撃に投入されていた。戦略爆撃構想の元となり、運用概念はすぐに主要国に広がった。 ただし第二次大戦までにソ連空軍(VVS)は戦線付近の目標攻撃をねらう戦術航空部隊になっていた。VVSには戦略爆撃機と呼べる四発機のPe-8は93機しかなかったが、英米両国は重爆撃機数千機を運用した。 大戦中の米国でB-29スーパーフォートレスは最も高額な機材開発事業になった。B-29は速力、航続距離、兵装搭載量のいずれも以前の機種を凌駕していた。また遠隔操作式の防御機関銃砲塔を備え、乗員11名は完全加圧式機内の恩恵を受けた。 新型B-29は太平洋戦線に1944年から投入され、長距離性能を活かし日本本土空襲を開始する。広島、長崎の原爆攻撃にくわえ 東京に恐るべき焼夷弾投下をした。中国国内で運用を開始し、新たに占領した島しょ部に基地を移動した。 当時のソ連は米国からレンド・リース方式で機材提供をうけていたが、モスクワは二度にわたりB-29提供を米国にもとめたものの、毎回ワシントンは断っていた。 1944年7月から11月にB-29が満州、日本の空爆後に…