スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

KC-46Aの米空軍向け引き渡し開始時期がやっと決まった

難航してきたKC-46Aですがまず18機の納入でめどがつきました。残りの機材は別途契約ですが、全機そろうのに相当時間がかかりそうです。技術の向上でKC-135のようなはらばいのクルーによるブーム操作の職人芸は不要となり、コックピットから給油を操作できるのはすごいですね。気になる自衛隊向け機材ですが経費負担が想定外のボーイングはいったい日本向け価格をどうはじいてくるのでしょうか。高い買い物にならなければいいのですが.....
USAF, Boeing Agree To KC-46A Tanker Delivery Schedule 米空軍、ボーイングがKC-46A給油機引渡し日程で合意形成Jun 20, 2018Jen DiMascio | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/defense/usaf-boeing-agree-kc-46a-tanker-delivery-schedule
KC-46A: Boeing
米空軍とボーイングはKC-46A給油機の引渡し開始時期を2018年10月とすることで合意した。 この合意で次はアイゼンハワー時代のKC-135給油機に交代する機体が二十年を経て登場することになる。 ここまで来るまでこと自体が同機事業の特徴そのものだ。単純と思われたにもかかわらずもっと困難だと判明したのは民生用に大量生産生産された機体に給油能力を付与することだった。 米政府は2001年9月11日にペンタゴンや世界貿易センターへのテロ攻撃直後に新型給油機導入を表明。だが35億ドルで18機を生産する契約がボーイングに交付されたのは2011年のことだった。 「空軍はボーイングのKC-46Aチームと共同で作業し第一期分18機の納入予定で合意に至りました。運用型KC-46A一号機は2018年10月に納入され、残る17機は2019年4月までに納入を完了します」と空軍次官マシュー・ドノヴァン Matthew Donovan が発表。「KC-46Aのフライトテストはほぼ完了していますが重要な仕事が残っています。空軍はKC-46Aの納入開始に期待しつつボーイングと事業の加速化を図ります」 ボーイングも同じ感触だ。同社はKC-46約30機の生産に入っており、納入開始を待つ状態だ。 「当社も引き渡しに非常に興…
最近の投稿

イラン攻撃の準備に入ったイスラエル、変わる中東の勢力地図

Israel Spends With Eye On Iran Strikes In Shifting Mideastイラン攻撃を視野にイスラエルの装備増強は中東情勢の変化が背景

By ARIE EGOZIon June 21, 2018 at 2:47 PM https://breakingdefense.com/2018/06/israel-spends-with-eye-on-iran-strikes-in-shifting-mideast/

Israeli rampage missile

イスラエル軍が新型装備調達に動いており、イラン攻撃の想定とみられる。イランが核兵器開発を再開した場合を想定しているようだ。 すでにイスラエルは20億ドル以上を投じてイラン攻撃準備に入っていると伝えられる。 イスラエルのショッピングリストには新型空中給油機のほか新型兵器にランページRampageミサイルがあり、イスラエル軍事工業企業体(IMI)とイスラエル航空宇宙工業(IAI)が発表したばかりの長距離強襲ミサイルで両社の共同開発だ。 ランページはイスラエル空軍F-35が発射する想定だが同空軍の他機種ほとんどでも運用可能だ。両社によればランページは指揮命令所、空軍基地、整備施設、インフラなど高性能対空装備の防御をうける重要施設攻撃に最適化されている。 IAI、IMI両社によればランページの自重は570キロで全長4.7メートル、射程は150キロという。 イスラエル国防相アヴィゴドール・リーバーマンAvigdor Liebermanからは米国のイラン核合意脱退直後にイランは合意に残るのではとの発言があった。 「イランは綱渡りをしており脅迫まがいの言動も出ているが、合意そのものを反故にすることはないのではないか。というのもイランには激しい攻撃を受けることが分かっておりその場合イラン経済そのものが立ち行かなくなるからだ」 ただしだからと言ってイスラエルがイランの脅威を黙ってみているつもりはないという。「イラン対策の選択肢を下げたことはない。すべての選択肢はテーブルの上にある」 イスラエルが新兵器導入を決めたのはトランプ大統領が核合意脱退を決めたのがきっかけだが、そもそもイスラエルが攻撃力増強をめざす背景には中東の戦略地図再編がある。 イラン、サウジアラビアがこれまで長期にわたりイラクからシリアにかけて覇権をめぐ…

米軍最悪の戦闘機5機種はこれだ

むりやり5機種にしていますが、ほかにも期待された役割ははたせなかった機がありそうですね。F-104は米空軍ではほとんど活躍しなかった機体ですが、ドイツなどでは「未亡人製造機」とまで呼ばれてしまいました。それに反し航空自衛隊でそこまでの悪評が立たなかったのは使いにくい同機を必死に稼働させた努力があったのでしょうね。
Flying Tin Cans: 5 Worst U.S. Fighter Jets of All Time 最悪の米戦闘機5機種

Robert Farley June 16, 2018 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/flying-tin-cans-5-worst-us-fighter-jets-all-time-26289

米軍航空部隊は機材に恵まれてきた。一つには米国の国防産業基盤で数多くの企業から機体設計を競い低性能機を早期に排除してきたことが大きい。とはいえ、すべての機材がP-51マスタング、F6Fヘルキャット、F-15イーグル並みとはいかなかった。そこで今回は傑作機とはいいがたい戦闘機のリストをお目にかけよう。前世紀の米国で開発・生産された機体で一定の機数が生産されたもの(カッコ内に機数)に限ったため、「サンダースクリーチ」「ゴブリン」等試作だけに終わった機体は含まない。
バッファロー(509機)
ブリュースター・バッファローは技術サイクルの中で登場時期を誤った機体だった。1930年代末には比較的高性能だったが太平洋戦争勃発時に投入された高性能機材に太刀打ちできなかった。当初は艦載戦闘機として生まれたバッファローは開戦初期の日本軍戦闘機の前に大損害を喫した。エンジン出力、装甲ともに不足し低速で高高度性能が足りないバッファローは日本軍精鋭操縦手の敵ではなかった。開戦後数か月がたつと残存するバッファローは訓練機にされた。それでもフィンランドでは36名のエースを生み、ソ連との交戦に耐えた。
F7U カットラス (320機)
ヴォートF7Uカットラスは革新的な艦載戦闘機だったが失敗作に終わったのはあまりにも多くを一度に狙ったためだ。初飛行が1948年のカットラスはその他短命に終わった米海軍空母用戦闘機の一群のひとつだ。ジェット時代初期で技術がどんどん進展していく中で機体設計は複雑となり困難を極めた一方で当時の空母エセ…

F-35納入が300機を超えた(6月11日)

F-35 passes 300th delivery milestoneF-35納入が300機の大台に
Gareth Jennings, London - IHS Jane's Defence Weekly 12 June 2018 http://www.janes.com/article/80864/f-35-passes-300th-delivery-milestone
通算300号機のF-35は米空軍向けのA型だった。ユタ州ヒル空軍基地に向かった。300機生産完了まで7年を要したが、製造工程の改良で次の300機は2年半で納入が完了する。Source: Lockheed Martin
通算300号機の生産仕様型F-35ライトニングII共用打撃戦闘機(JSF)が6月11日にロッキード・マーティンおよび共用事業推進室(JPO)により納入された。
今回の達成はテキサス州フォートワース工場での出来事で生産仕様型の生産がはじまった2011年5月から7年かかったことになる。同機はフォートワース以外にイタリアと日本にある最終組み立て・点検(FACO)施設からも納入されている。
300号機は通常離着陸 (CTOL)方式のF-35Aで米空軍向けとなった。これまでF-35Aは197機、短距離離陸垂直着陸(STOVL)型のF-35Bが75機、空母運用型のF-35Cは28機が米国および各国向けに納入されている。
ロッキードによればF-35の修正作業はこの5年で75%削減された一方で製造に要する時間は2015年から約20%短縮されている。このため次の300機納入は2020年末に完了する。
年間納入66機を達成した2017年にロッキード・マーティンは2018年の目標は91機としていた。完全な量産体制になる2023年にはこれが160機になる。 Jane’s All the World’s Aircraft: Development & Productionが記しているようにF-35の総受注3,170機になっている。
ロッキード・マーティンとJPOはロット11で交渉中で低率初期生産 (LRIP) はこれで終了する。同社はロット11で141機を生産する予定。■

祝米朝首脳会談。北の考える非核化プロセス概念が西側と違いすぎる。切り札は日韓両国の核兵力保有だ。

America Should Loan South Korea and Japan Nuclear Weapons 米国は韓国日本へ核兵器を貸与すべきだ

Ira Straus June 9, 2018 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/america-should-loan-south-korea-japan-nuclear-weapons-26195?page=show


米国が北朝鮮への交渉で結果を得るには韓国内に核兵器を配備し、北の核兵器と相殺する形しかない。米国が核兵器を1991年に韓国から撤去した大きな過ちを正す好機が来た。北朝鮮は核兵器開発中止で金銭以上の戦略取引を求めている。このため今回の首脳会談が実現した。北朝鮮の考える「非核化」とは米国が在韓米軍を撤兵し、韓国向けの核の傘も撤廃すれば北も核兵器を廃止するという定義だ。
だが米国がその通りに実行することはありえない。韓国を北朝鮮に譲り渡し日本さらに地域の安全を脅かすからだ。平和の名の下でここまで非現実的な提案が通れば世界平和そのものに不幸な事態となる。
この数週間であらわれた外交面での大きな動きは米国の交渉上の立場の弱さを如実に示した。米抑止力は余裕がなく妥協の代償になりうる戦略核の手ごまがないのだ。米国は取引材料となる戦略核の余裕を作る必要がある。このことに米国が気付くのが遅くなったが気づかないままよりましだ。米国がこの点で失敗すれば交渉は悲惨な結果に終わる。
米核兵器を韓国に配備すべきだ。同時に日本にも置くべきだ。これで北朝鮮も核兵器廃止の交渉に真剣にならざるをえない理由が生まれる。
米政府は以前同様に戦術核兵器を韓国に配備すればよい。米国は同時に同盟諸国にも半独立型の核抑止力として核兵器を貸与できるはずだ。
これで中国と北朝鮮の戦略上の計算をひっくり返す大きな効果が生まれる。両国は北朝鮮の核兵器でアメリカを脅迫して地域を支配する望みがもてなくなる。逆に北朝鮮と中国は不利な状況を悟るはずだ。
両国は韓国の核兵器運用能力で取引をすることが戦略上必要と感じるだろう。状況の変化で交渉も進むはずだ。
韓国と日本は限定的ながら事実上の核保有国になると、北朝鮮と中国は最大の悪夢を目にすることになる。交渉を進めないと韓国と日本が永久に核保有国の座につくことになる。

★日本がスタンドオフ巡航ミサイルを配備する日がやってくる

巡航ミサイル導入は関連装備の導入規模も大きく、米国として貿易赤字対策の切り札になるのでしょうね。その前に日本側は野党のセンティメント(政治首長ではありません)を封じ込める必要に迫られるでしょう。実戦化は早くて5年、あるいは10年かかるかも知れません。

Japan Wants Cruise Missiles (And that Should Terrify China or North Korea) 巡航ミサイル導入を目指す日本に中国や北朝鮮は恐れをなすはず


Kyle Mizokami June 9, 2018 https://docs.google.com/document/d/19bqnA4Vyj0knWTcsZ-4jgemwjHR1l1Dl0HF_9PH1w9g/edit#
北朝鮮の核兵器開発で東アジアに不安定度がましているが、その影響は世界全体にまで及んでいる。その中で日本は核攻撃を受けた唯一の国として再び攻撃を受ける可能性に直面している。これに対して日本は第二次大戦終結後初めて攻撃兵器の導入を検討している。その狙いは核ミサイルが発射される前に発射台もろとも破壊することにある。

日本か国権の発揚として戦争を放棄し攻撃兵器の保有を自ら禁じてきた。空母、弾道ミサイル、爆撃機、上陸部隊はすべて攻撃兵器として保有していない。だが海兵部隊など以前は保有してこなかった装備の再評価が進み防衛的あるいは敵の攻撃前に先んじて投入することは可能とされるようになっている。

日本は弾道ミサイル防衛で優秀な体制を整備してきたが、攻撃回避で最良の方法は検討してこなかった。すなわち先制攻撃だ。一番よくみられるシナリオは日本の衛星が北朝鮮の液体燃料核ミサイルが発射台にあり燃料注入が進み攻撃準備に入る様子を探知することだ。発射が近づく中、他国なら絶好の機会としてミサイルや戦術機で攻撃を加え、ミサイルを発射台もろとも粉砕するだろう。だが日本にこの能力がなく、ただ見守りミサイル防衛体制が期待通り作動するのを祈るしかない。

北朝鮮が原爆さらに水爆兵器まで保有していることがわかり、ミサイル搭載を進める中で日本のリスクは高まっている。日本政府は巡航ミサイル二型式の導入に前向きな姿勢を明らかにした。米国製共用空対地スタンドオフミサイル射程拡大型 (JASSM-ER)およびノルウェー・米国共同開発の共用打撃ミサイル(JS…