スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

AC-130Jゴーストライダーが初の実戦投入。ガンシップは新時代に突入。

AC-130J Ghostrider Gunships Have Flown Their Very First Combat Missions AC-130Jゴーストライダーガンシップ機が初の実戦投入The AC-130J's arrival in Afghanistan marks a historic changing of the guard as older AC-130Us have now finished their last scheduled deployment AC-130Jがアフガニスタンに到着し、旧型AC-130Uと交代し歴史の新しいページが開かれた.BY JOSEPH TREVITHICKJULY 10, 2019 https://www.thedrive.com/the-war-zone/28923/ac-130j-ghostrider-gunships-have-flown-their-very-first-combat-missions THE WAR ZONE USAF 米空軍が導入したAC-130Jゴーストライダーがアフガニスタンで2019年6月に初めて実戦投入された。同機はAC-130UスプーキーIIからガンシップ任務を引き継ぎ、スプーキーII部隊は米本国へ帰還した。 Northwest Florida Daily News紙がいち早く2019年6月28日に報じたのはAC-130Jが初の戦闘ミッションをアフガニスタンで実施したというもので、フロリダ州にあるハールバートフィールドでの米空軍特殊軍団(AFSOC)の司令官交代式典で詳細があきらかになった。 「AC-130Jが海外出初の戦闘任務に投入されたことをお伝えでき嬉しく思う」と米空軍のキーヴィー・レイク大尉AFSOC広報官がThe War Zoneにメールで2019年7月10日に伝えてきた。「AC-130Jの初投入は2019年6月末のことでAC-130Uの任務が解かれ、同型機はハーバートフィールドに2019年7月8日に帰投している」 空軍はAC-130Jの初期作戦任務能力を2017年末に宣言しており、2018年にハーバートフィールドの73特殊作戦飛行隊が同型の初の実用飛行隊になった。同隊がアフガニスタンで同型機を運用中。 USAF 73特殊作戦飛行隊のAC-130Jがエストニアでの2…
最近の投稿

フランスが進水させた新型原子量潜水艦シュフラン級一号艦

France Launches The First Of Its New Class Of Super Quiet "Barracuda" Attack Submarines フランスが超静粛攻撃型潜水艦「バラクーダ」初号艦を進水させたThe Suffren and her sisters are set to usher in a new era of French Navy submarine operations.シュフラン級はフランス海軍の潜水艦に新時代を開くBY JOSEPH TREVITHICKJULY 13, 2019https://www.thedrive.com/the-war-zone/28949/france-launches-the-first-of-its-new-class-of-super-quiet-barracuda-attack-submarines NAVAL GROUP
フランスの造船メーカーNaval Group が新型原子力推進攻撃型潜水艦シュフラン Suffren を進水させ、6隻建造する同型の一号艦となる。フランス海軍はルビ型と交代させる。新型艦はSCALP対地攻撃巡航ミサイルを運用可能で特殊作戦用の小戦隊も搭載することでこれまでより大幅に戦力を向上去せながら各種ミッションを実施できる。 進水式はシェルブールで行われエマニュエル・マクロン大統領、海軍トップのクリストフ・プラザック大将他が参列し2019年7月12日に行われた。当時はDCNSの社名だった同社がシュフランを起工したのは2007年で、同艦は来年にも就役する予定だ。. 建造は予定より遅れ、DCNSの当初予定では2016年に海上公試、同年後半あるいは翌年早々に引き渡しだった。Naval Groupは固定価格契約を受入れ、建造費の超過分負担も合意したことで建造費を安定させた。フランス政府によれば6隻の建造費合計は102億ドルで、最新の潜水艦建造費としては大幅に低い。 「シュフラン建造は全体として成功となり、従来からの各パートナー、フランス海軍、フランス国防調達庁(DGA)との強い協力の賜物であるが、同時に原子力エナジー代替エナジー委員会(CEA)他民間企業も参画している」と Naval Groupの会長兼CEOエルヴェ・ジローがプレスリリースを発表。「シ…

ペルシア湾ではすでに連合軍部隊が活動中、今回の米提案の真意はどこにあるのか

US Wants Allies To Do More In Gulf; But They’re Already There米国が期待する同盟国部隊はすでにペルシア湾に存在している
Secretary of State Mike Pompeo wants to establish a 20-country coalition to protect commercial shipping in the Middle East. But the US already leads a 33-country coalition doing just that. マイク・ポンペイオ国務長官は20カ国による連合により中東を通過する商船航行の護衛体制を構築したいとするが、米国は実は33カ国による有志連合がありこれを使えるはずだ。
By   PAUL MCLEARY on June 25, 2019 at 4:02 PM https://breakingdefense.com/2019/06/us-wants-allies-to-do-more-in-gulf-but-theyre-already-there/ トランプ大統領がツイッターでイラン「抹消」を警告した前日に国務長官は中東におり、海上連合部隊の創設でペルシア湾でイランの活動を監視しようと働きかけていた。 「Sentinel 歩哨」と名付けた構想は「相手を撃ち殺すのたが目的ではない」とポンペイオ長官に随行する国務省関係者が報道陣に語っている。「イランの動きの記録が目的だ。積極的抑止力となる。イランは実際に行動しておいて『そんなことはやっていません』と平気で言うからだ。だがこちらにはイランのしわざだとわかっている」 同盟国に相応の負担を求めるトランプ主義に歩調をあわせ、ポンペイオはアブダビでモハメド・ビンザイエド王子にUAE、サウジアラビアはじめ20国の参加を期待すると語った。「各国の参加、軍部隊の参加が必要」と述べ、「大統領は米国が全部負担するわけではないと強調している」とした。 構想の一環として商船に監視カメラ等の装置を取りつけイランの動きを記録することがあり、さらに海軍艦艇でホルムズ海峡通過を護衛する。 だが、すでに商船の大半にカメラが搭載されており、さらに2004年以降、米国は33カ国で構成の有志連合による海上保安ミッションを統括してい…

英海軍がペルシア湾内で商船護送を開始、海上自衛隊の任務になる日が近づいている

Royal Navy Frigate Escorts U.K. Tanker Out Of The Persian Gulf After Iranian Threats イランの脅威を受け英フリゲート艦が自国タンカー護衛をペルシア湾で開始Last week, Iran said it could seize a British ship in retaliation for U.K. authorities seizing an Iranian tanker in the Mediterranean Sea.英国が地中海でイラン船籍タンカーを拿捕したのを受けて、イランは英国船の拿捕を匂わしていた。
BY TYLER ROGOWAY AND JOSEPH TREVITHICKJULY 9, 2019 https://www.thedrive.com/the-war-zone/28900/royal-navy-frigate-escorts-u-k-tanker-out-of-the-persian-gulf-after-iranian-threats

CROWN COPYRIGHT
英国船籍パシフィック・ヴァイジャーに英海軍23型フリゲート間HMSモントローズが護衛についた。艦名不明の掃海艇も随行し、ペルシア湾を航行しホルムズ海峡を通過し、オマーン湾に本日到達した。イランタンカーグレイス1がジブラルタルで拿捕されイランが英国船舶を拿捕してやると息巻いてから一週間未満である。 オンライン船舶追跡サイトではモントローズはかねてから前方配備sれており、掃海艇とともにパシフィック・ヴァイジャーに2019年7月9日時点で随行しているのが見えた。掃海艇はその後HMSラムゼイと判明したが同艦は英本土が母港である。サンダウン級の四隻が同地域に前方配備されている。パシフィック・ヴァイジャーは同日無事ホルムズ海峡を通過した。 英国防省はDaily Star紙に「英国は湾岸地方に長くプレゼンスを維持している」と述べ英海軍艦船がパシフィック・ヴァイジャーを護衛したことを否定していない。「現地の保安状況を一貫して監視しており今後も航行の自由を国際法に則り維持していく」 The Doge @IntelDoge  · Jul 7, 2019 Replying to @IntelDoge #UPDATE