投稿

中国の戦略機材となりそうなY-20改装空中給油機の動向に注意

イメージ
‘Chubby Girl’s’ sister to boost China’s military capability「太っちょ娘」の姉妹が中国軍の戦力を増強させる
A refueling version of the Y-20 cargo plane will extend the reach of PLAAF aircraft and pierce the Pacific's Second Island Chain to threaten US alliesY-20を元に空中給油機が出現すればPLAAF機材の行動範囲が広がり、 第二列島線まで突破されれば米、同盟国に脅威となる
中国空軍はY-20の給油機型を開発中だ。Photo: PLAAF By ASIA TIMES STAFF DECEMBER 14, 2017 6:20 PM (UTC+8) http://www.atimes.com/article/chubby-girls-sister-boost-chinas-military-capability/ 今週初めの「島しょ周回警戒飛行」を台湾対象に戦闘機、爆撃機、偵察機で実施した中国は改めて空中給油機拡充の必要性を痛感した。人民解放軍空軍(PLAAF)は西太平洋で訓練を増やしており、空中給油が課題だ。人民日報はPLA北部方面司令部が行う演習で空中給油訓練を重視していると伝えている。しかしこのために中国は給油機そのものを増やす必要がある。PLA海軍将官から軍事評論家になったYin Zhuoは国営CCTVでH-6Kバジャー爆撃機編隊は空中給油があれば第二列島線突破は容易になると指摘している。これは太平洋で中国を戦略的に抑え込む線のことで、小笠原諸島から米領マリアナ諸島までを結ぶものだ。
エアショーで飛行展示した. Photo: PLAAF Yinの発言から新型輸送機Y-20の改装型が給油機として配備されるとの見方が一気に広まった。Y-20は2013年に貨物機運用がはじまり、「丸ぽちゃ娘」の愛称がつく。給油機に改装されれば12機残る1950年代製のH-6U給油機の後継機となる。H-6Uでは長距離作戦機の支援に力不足なのだ。「第一列島線以内と台湾東部で航空優勢を確保していたとして、Y-20による空中給油があればH-6K爆撃機は長距離ミサイルを運用で米国とその仲間の軍は…

ドイツ制服組はF-35に期待し、国防省はヨーロッパ製品第一を掲げる

イメージ
ヨーロッパが自信をつけすぎたのか、米国が信用を無くしているのかわかりませんが、空軍将官の見方と官僚の価値観がことなっているということでしょうか。 EUの頭でっかちな官僚主義(EU指令)を思い起こすものもありますね。 末尾で出てくるB61核爆弾はNATOが共同運用することになっている核抑止力ですね。 実際には米国が運用のカギを握っており、ここも考えると米製装備が圧倒的に有利なはず なのですが。
U.S. still sees prospects for German fighter jet sales ドイツ次期戦闘機選定に期待する米側の思惑 By Tim Felce (Airwolfhound) (Tornado – RIAT 2009) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons http://alert5.com/2017/12/15/americans-still-believe-theres-a-chance-to-replace-german-tornados-with-u-s-fighters/#KZILdzB5XmbT2YHy.99 で詳細を読む Andrea Shalal https://www.reuters.com/article/germany-military-fighter/u-s-still-sees-prospects-for-german-fighter-jet-sales-idUSL1N1OE0YL
BERLIN, Dec 14 (Reuters) - ドイツ国防省がトーネード(85機)の後継機種にユーロファイター・タイフーンを検討と発表したが米軍関係者は米戦闘機売却の可能性に依然として期待する。国防省は12月11日に空軍参謀総長カール・ミュルナー中将Air Force Chief of Staff Lieutenant General Karl Muellnerの談話から距離を置いた。参謀総長はステルス性能、長距離攻撃能力からロッキード・マーティンF-35が望ましいと以前発言していた。同省は参謀総長の見解に合意せず、第一義的にヨーロッパ製装備を検討し、米製戦闘機三機種は二次的な選択肢に過ぎないとした。また総合的な判断で決定すると述べた。ワシントンは来年3月31日までにドイツが発出したF-35、並びにボーイングのF-1…

米陸軍の新型ストライカー戦闘車両は火砲強化でロシアに対抗する

イメージ
当方陸上装備には疎いのですが、エイブラムズ主力戦車、ブラドレー戦闘車両、ストライカー歩兵戦闘車と言うのが米陸軍の現行主力装備と言う理解でいいのでしょうかね。ロシアの存在がヨーロッパに暗い影を落とす中で米陸軍も大変 ですね。イラク等で鍛えられた車両がさらに重装備にして行けば相当の戦力になりそう です。

New upgunned Strykers arrive in Germany
火力強化型ストライカーがドイツに到着

火砲強化型ストライカーの30mm機関砲は包装されたまま第二騎兵連隊に 2017年12月13日に到着した MARTIN EGNASH/STARS AND STRIPES
By MARTIN EGNASH | STARS AND STRIPESPublished: December 15, 2017 https://www.stripes.com/news/new-upgunned-strykers-arrive-in- germany-1.502535
VILSECK, Germany — 米陸軍第二騎兵連隊にクリスマスが早くや ってきた。火砲強化型ストライカーの第一陣が今週到着し、 主砲の包装はついたままだ。
同連隊は強化型の装甲歩兵戦闘車両をヨーロッパで先駆けて受領した。ジェネラルダイナミクス製の8輪走行ストライカーには30mm自動機関砲が搭載され、これまでのM2 50口径機関銃から火力が大幅強化されたストライカー強化型開発が決まったのは2015年でロシアがウクライナ介入をうけてのことだった。分析をはじめると機関銃搭載のストライカーではロシアのBMP-3軌道歩兵戦闘車両の100mm低速機関砲やBTR-82車輪走行式輸送車両の30mm自動機関砲や120mm迫撃砲に対抗できないことがわかった。

Su-57に高優先順位を置けないロシア空軍の実情

イメージ
Russia's New Su-57 Stealth Fighter Has A Big Problem That Won't Be Fixed Until 2025ロシアのSu-57ステルス戦闘機の問題解決は2025年以降に Dave Majumdar December 13, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/russias-new-su-57-stealth-fighter-has-big-problem-wont-be-23643

ロシアがスホイSu-57PAK-FA第五世代戦闘機に新世代サトゥルン製イズデリエ30エンジンを搭載してテストを開始した。今後数年間続く。一方でロシアは暫定的にサトゥルンAL-41F1アフターバーナー付きターボファン(推力32,500lbs)を搭載し運用テストも行う。サトゥルン製イズデリエ30エンジンの詳細は不明だが通常24,054lbs、アフターバーナーで39,566lbsとの予想がある。ただし供用開始は2025年ごろになる。ロシア空軍はSu-57を160機程度調達する予定で、新型エンジン搭載をもくろむ。現時点では12機のみ購入し、納入は2019年予想だ。初期型のSu-57の調達規模は60機未満だろう。Su-57初期型にロシアが前向きでないのは搭載エンジンAL-41F1が原因だ。同エンジンはSu-35Sフランカー-Eにも搭載されている。ステルス性能を除けば、最新型フランカーでSu-57とほぼ同じ性能が実現している。そうなるとロシアがごくわずかしか性能が上がらない機体に大金を払いたくない気持ちがわかる。Su-35S制空戦闘機やSu-34フルバック爆撃機を導入中のロシアがSu-57を大量導入するとしたら2027年以降だろう。「Su-57の本格生産は新エンジン換装がないと始まらず、それは2027年以降だ」「今後8年間でロシアはテスト用に小数機を導入するでしょう」とドミトリ・ゴレンブルグDmitry Gorenburg(Center for Naval Analys主任研究員)が‘PONARS Policy Memoに書いている。生産は続いても、ロシア空軍は他機種に重点を置くだろう。「新鋭戦闘機が多数ある中で同機調達を減速し他機種導入を優先するはず」とゴレンブルグも述べ…

新型スタンドオフ対艦ミサイルLRASM試射に成功

イメージ
今月に入り一般ニュースでも出てきたJASSM-ER(ジャサマと発音するのでは)の派生型巡航ミサイルの話題ですね。Jointというのが日本人に今一理解されていなかったのですが、今回米空軍が海軍のミサイルを発射した事実が中身をよく説明しているのではないでしょうか。
B-1 Bombers Attacked “Multiple Moving MaritimeTargets” in Test of New Missile B-1爆撃機発射で新型ミサイルが「複数移動海上目標」攻撃に成功
Dave Majumdar December 14, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/b-1-bombers-attacked-%E2%80%9Cmultiple-moving-maritime-targets%E2%80%9D-test-23663

12月8日、米海軍がロッキード・マーティンの新型AGM- 158C長距離ステルス対艦巡航ミサイルLong Range Anti-Ship Missiles(LRASM)を米空軍B-1Bランサー超音速戦略爆撃機

★ボーイング・ディフェンスから謎の機体を12月19日発表

イメージ
12月19日発表ですか。期待しましょう。時差がありますからこちらでは20日でしょうか。写真ではどう見ても尋常な機体ではないですね。Boeing Defense Teases Mystery Aircraft Unveiling By Hiding It Under A Black Sheetボーイングディフェンスが謎の機体を黒布に隠し発表への期待を高める The strange teaser came on Twitter, showing a puzzling design that the company says will "change the future of air power." ツイッター上で通告した同社によれば「航空戦力の未来を変える」設計だという
BOEING VIA TWITTER BY TYLER ROGOWAYDECEMBER 14, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/16984/boeing-defense-teases-mystery-aircraft-unveiling-by-hiding-it-under-a-black-sheet
ボーイング・ディフェンスがツイッターで思わせぶりな投稿をした。「力強い? チェック。 準備万端? チェック。航空戦力を一変? チェックしてください。12/19に発表!#PhantomWorks」とある。ファントムワークスはロッキードの伝説的なスカンクワークスをモデルに同社が作った社内先端技術設計部門だ。新型軍用機のお披露目には新車発表を思わせる派手な企画がつきものだが今回はこの新型機について分かっていることが何もないことが違う。
Boeing Defense ✔@BoeingDefense Robust? Check Ready? Check Changing future air power? Check it out!
See the reveal 12/19! #PhantomWorks 1:00 AM - Dec 15, 2017 1515 Replies

米海軍ヴァージニア級の建造数増加か、今後の戦力内容は

イメージ
The Virginia Class Submarine: The Undersea Killer Russia and China Hateロシア、中国が忌み嫌うヴァージニア級潜水艦 Kris Osborn December 13, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-virginia-class-submarine-the-undersea-killer-russia-23636?page=show

米海軍は新しい分析でヴァージニア級攻撃潜水艦を現在より短期間で建造するのは「達成可能」であり、米海軍の優位性を維持するためにも必要だと見ている。分析は2017年から2030年にかけての潜水艦産業基盤と攻撃型潜水艦追加建造の可能性を検討し、2017年7月に議会提出済みだと海軍がScout Warriorに伝えてきた。ヴァージニア級は年間2隻建造中だが2020年代に新型コロンビア級原子力ミサイル潜水艦の建造がはじまると年一隻になると見られている。だが今回の報告書では海軍が産業界と協力すればヴァージニア級2隻、コロンビア級1隻の年間建造が可能であるとする。分析によりヴァージニア級年間二隻建造体制の維持をしながらコロンビア級SSBNの建造開始は実現可能でありSSN(攻撃型潜水艦)部隊と海軍に大きな利点が生まれることがわかったと海軍関係者がScout Worrierに語る。海軍上層部は2020年代の潜水艦不足を憂慮しており、ロシアや中国に対抗するため潜水艦の強化が必要とするが、ヴァージニア級年間二隻建造を維持すれば海軍が目標とするSSN66隻体制が実現する。また増産で潜水艦建造企業の生産能力も上方修正され年間3隻建造に道が開ける。ヴァージニア級潜水艦は海軍とエレクトリックボートおよびニューポートニューズ造船の協力合意内容で建造中だ。前者はジェネラルダイナミクス、後者はハンティン・トンインガルス工業のそれぞれ関連会社、事業部だ。各社が潜水艦の「モジュール」部分を製造し一つにまとめ完成させている。ヴァージニア級潜水艦は高速攻撃型でトマホークミサイル、魚雷他を搭載し各種任務にあたる。対潜戦、攻撃任務、機雷敷設、ISR(情報収集監視偵察)、対水上艦戦、特殊作戦と多様だ。ロサンジェルス級はじめとする旧型攻撃型潜水艦と比べるとヴ…