スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ロッキード株は買い? 小型核融合炉開発は遅れているものの着実に進んでいる

コメントは下にあります。Skunk Works' Exotic Fusion Reactor Program Moves Forward With Larger, More Powerful Designスカンクワークスによる核融合炉開発が進展し、大型かつ高出力化に向かっている This will be the company's fifth major design iteration as it pushes ahead toward building a potentially revolutionary practical prototype.同社の融合炉5号機は革命的な試作型製造につながる

BY JOSEPH TREVITHICKJULY 19, 2019 https://www.thedrive.com/the-war-zone/29074/skunk-works-exotic-fusion-reactor-program-moves-forward-with-larger-more-powerful-design LOCKHEED MARTIN

小型核融合炉CFRの開発を進めるロッキード・マーティンのスカンクワークスが新型かつ高性能の試験反応炉の製造に取り掛かっている。当初予想より進展が遅れているものの同社は依然として意味のある結果が生まれると自信たっぷりだ。実現すれば軍用民生用両面で発電方式を根本から変える効果が生まれる。 CFRの進展についてはAviation Weekが7月19日に報じ、ロッキード・マーティンは最新の試験反応炉T5を建造中とある。カリフォーニアに拠点をおく同社の伝説的なスカンクワークスは高度技術開発を担当し、CFRでも同様に開発に当たりこれまで四種類の反応炉を製造している。事業は2014年に開始されたと一般に信じられている。 「これまでの作業で当社がめざす物理理論の正しさが証明された」とスカンクワークス副社長ジェフ・バビオンがAviation Weekに語っている。「今年は反応炉T5の製造に取り組みT4より大型かつ高出力となります」. T5の大きな役割はスカンクワークスの反応炉基本設計のままで内部に生まれる高エネルギープラズマの高温高圧に耐えられるかの実証にある。核融合反応ではガス状燃料の温度を上げ圧力を高めて原子構造を崩し粒子…
最近の投稿

緊急 イラン情勢ではイスラエルの動向に注意すべきだ:開戦は不可避なのか

For Israelis, War With Iran Looms; Iran Denies Drone Downedイラン開戦が近づいたと見るイスラエル、イランは撃墜された無人機は自国所属機ではないと否定 The Iranian seizure of a British tanker in the Persian Gulf sends a new jolt of tension through the Middle East as complications arise on multiple fronts. イランが英国タンカーをペルシア湾で拿捕したことで中東にあらたな緊張が走り多方面で状況が複雑化By   ARIE EGOZI and COLIN CLARK on July 19, 2019 at 2:53 PM https://breakingdefense.com/2019/07/for-israelis-war-with-iran-looms-iran-denies-drone-downed/ Iran patrol boats in Persian Gulf Credit: Iran MoD. 先週金曜日にペルシア湾で新たな危機状況が発生した。イラン革命防衛隊が英国船籍の原油タンカーを拿捕したと発表し、同船はイラン領ケシム島に移動させられたようだ。米海軍USSボクサーがホルムズ海峡で同艦に接近しすぎた無人機を撃墜した事件に次ぎ衝撃が走った。 近隣のイスラエルでは国政選挙が近づき、制裁解除を目指しイランが協議再開の圧力をかける中、新事態の発生で開戦が近づいたと見る向きがある。 「核ミサイルが落下しないとイランの脅威に目覚めない国がヨーロッパにある」とイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフが7月16日発言した。 この痛烈な発言はイスラエル国内で米国がイラン制裁を緩和するとの危惧の広がりを反映し、欧州各国がイラン政治指導部の発言を真に受けて核合意を維持するのではとの懸念も背景にある。「あの国は甘言による欺瞞工作の達人だ」とイラン問題のイスラエル人専門家が語る。 「イランは核兵器用の濃縮ウラニウム確保へ加速している。核兵器能力の実現に向けた作業はしていないと大嘘をついていた」とヨッシ・クパワッサー准将(退役)がBreaking Defense に語っている。准将はイスラエル国…

エリア51はこうして生まれた

The Crazy True Origin Story of Area 51 (And Why People Think UFOs Are There) エリア51誕生の真説 by Sebastien Roblin July 20, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: Area 51AliensUFOsSR-71 BlackbirdSecret Aircraft https://nationalinterest.org/blog/buzz/crazy-true-origin-story-area-51-and-why-people-think-ufos-are-there-68097

エリア51は米空軍の極秘テスト施設でネヴァダ州南部の砂漠地帯にあり、インターネット上の情報のせいで一般の関心を集めている。 「ドリームランド」とか「グームレイク」とも呼ばれ60年に渡り同基地がペンタゴンもその存在を公表していない「ブラックプロジェクト」全機を受入れてきたことは間違いない。 CIAが2013年にエリア51の存在を認めたが、発足の経緯を説明したい。 民間施設がアイゼンハワー時代にトップ・シークレットスパイ機テストに供された 1950年代初頭に米国はソ連の各弾道ミサイル開発に極度の関心を指名していた。スパイ衛星はまだ実用化されておらず、確実に現場をスパイする方法は上空飛行で大型カメラを撮影することだけであった。だがソ連の防空体制にはジェット迎撃機も加わり通常の偵察機による飛行ではリスクが高まった。 このためロッキードの技術者ケリー・ジョンソンからグライダー状のスパイ機を70千フィート以上の高空をさせる構想が出た。これもソ連領空を非合法に侵犯することになるが撃墜されないはずだった。実際ソ連はスパイ機の飛行を実証できなかった。 1954年11月にアイゼンハワー大統領はU-2開発を「プロジェクトアクアトーン」の名称で承認しCIAによる運用を想定した。機体はロッキードのスカンクワークスで組み立てたがスパイ機であり目立たない場所でテストの必要があった。 ジョンソンはロッキード社のテストパイロット、トニー・ルヴィエに秘密を守れる飛行場を検索させた。ルヴィエはスカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールからビーチクラフト・ボナンザ軽飛行機を操縦…

AC-130Jゴーストライダーが初の実戦投入。ガンシップは新時代に突入。

AC-130J Ghostrider Gunships Have Flown Their Very First Combat Missions AC-130Jゴーストライダーガンシップ機が初の実戦投入The AC-130J's arrival in Afghanistan marks a historic changing of the guard as older AC-130Us have now finished their last scheduled deployment AC-130Jがアフガニスタンに到着し、旧型AC-130Uと交代し歴史の新しいページが開かれた.BY JOSEPH TREVITHICKJULY 10, 2019 https://www.thedrive.com/the-war-zone/28923/ac-130j-ghostrider-gunships-have-flown-their-very-first-combat-missions THE WAR ZONE USAF 米空軍が導入したAC-130Jゴーストライダーがアフガニスタンで2019年6月に初めて実戦投入された。同機はAC-130UスプーキーIIからガンシップ任務を引き継ぎ、スプーキーII部隊は米本国へ帰還した。 Northwest Florida Daily News紙がいち早く2019年6月28日に報じたのはAC-130Jが初の戦闘ミッションをアフガニスタンで実施したというもので、フロリダ州にあるハールバートフィールドでの米空軍特殊軍団(AFSOC)の司令官交代式典で詳細があきらかになった。 「AC-130Jが海外出初の戦闘任務に投入されたことをお伝えでき嬉しく思う」と米空軍のキーヴィー・レイク大尉AFSOC広報官がThe War Zoneにメールで2019年7月10日に伝えてきた。「AC-130Jの初投入は2019年6月末のことでAC-130Uの任務が解かれ、同型機はハーバートフィールドに2019年7月8日に帰投している」 空軍はAC-130Jの初期作戦任務能力を2017年末に宣言しており、2018年にハーバートフィールドの73特殊作戦飛行隊が同型の初の実用飛行隊になった。同隊がアフガニスタンで同型機を運用中。 USAF 73特殊作戦飛行隊のAC-130Jがエストニアでの2…

フランスが進水させた新型原子量潜水艦シュフラン級一号艦

France Launches The First Of Its New Class Of Super Quiet "Barracuda" Attack Submarines フランスが超静粛攻撃型潜水艦「バラクーダ」初号艦を進水させたThe Suffren and her sisters are set to usher in a new era of French Navy submarine operations.シュフラン級はフランス海軍の潜水艦に新時代を開くBY JOSEPH TREVITHICKJULY 13, 2019https://www.thedrive.com/the-war-zone/28949/france-launches-the-first-of-its-new-class-of-super-quiet-barracuda-attack-submarines NAVAL GROUP
フランスの造船メーカーNaval Group が新型原子力推進攻撃型潜水艦シュフラン Suffren を進水させ、6隻建造する同型の一号艦となる。フランス海軍はルビ型と交代させる。新型艦はSCALP対地攻撃巡航ミサイルを運用可能で特殊作戦用の小戦隊も搭載することでこれまでより大幅に戦力を向上去せながら各種ミッションを実施できる。 進水式はシェルブールで行われエマニュエル・マクロン大統領、海軍トップのクリストフ・プラザック大将他が参列し2019年7月12日に行われた。当時はDCNSの社名だった同社がシュフランを起工したのは2007年で、同艦は来年にも就役する予定だ。. 建造は予定より遅れ、DCNSの当初予定では2016年に海上公試、同年後半あるいは翌年早々に引き渡しだった。Naval Groupは固定価格契約を受入れ、建造費の超過分負担も合意したことで建造費を安定させた。フランス政府によれば6隻の建造費合計は102億ドルで、最新の潜水艦建造費としては大幅に低い。 「シュフラン建造は全体として成功となり、従来からの各パートナー、フランス海軍、フランス国防調達庁(DGA)との強い協力の賜物であるが、同時に原子力エナジー代替エナジー委員会(CEA)他民間企業も参画している」と Naval Groupの会長兼CEOエルヴェ・ジローがプレスリリースを発表。「シ…