スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2008の投稿を表示しています

お知らせ

ターミナル1にオバマ次期政権におけるビジネス航空、航空管制への影響についての観測記事をviation Weekより紹介しましたので、ご関心の向きはご覧ください。

F/A-18合計2千機のシステム改修

AW&ST電子版12月24日ボーイングは合計2千機のF/A-18各型、8カ国で稼働中の機体のミッション・システムの改修契約を総額9.053億ドルで米海軍から獲得した。F/A-18 A/B, C/D, E/F および EA-18G各型の米国、カナダ、オーストラリア、スペイン、クウェート、スイス、フィンランド、マレーシア各国で運用中の機体は2013年12月完了予定の性能向上改修を順次受けることになる。今回のアップグレードは同型機を「今後30年間に出現する脅威に立ち向かえる」(ボーイング社スポークスマン)地位にとどめるためのもの。今回の受注はボーイング社には大きな意味を持つ。同社はこれまでロッキード・マーチンF-35共用打撃戦闘機やサーブ・グリペンNGを待つ米国および同盟国空軍にはF/A-18がつなぎとなるばかりか代替選択肢となると宣伝してきた。オーストラリア空軍、米海軍、米海兵隊がそろっていわゆる戦闘機ギャップをどうやって埋めるかで頭を悩ましてきた。ボーイングはミッション・システムの改修をソフトウェア、ハードウェア両面から進める。その中には分散処理による目標設定プロセッサやアクティブな電子スキャンを使うレーダーの改良が含まれ、改修効果が相乗効果を生むと同社は語る。改修作業の95%は同社セントルイス工場(ミズーリ州)で実施、残りは海軍航空戦闘センターのウェポン部門(カリフォルニア州チャイナレイク)で予定。後者は今回の契約管理部門でもある。これだけの大規模契約であるが、予算は会計年度を繰越できないことになっている。コメント:なかなかしたたかなビジネスです。新鋭戦闘機は当分ものにならないので、現有機の性能向上で運用能力の維持向上ができますよ、ということですね。こうなると、F-35等次世代戦闘機の導入がまた一歩遅れることにもなりかねません。F-35はお世辞にも美しい機体ではありませんので、当初は批判を受けながら順次成長してきたF/A-18(この表記をする機体も同機が最後?)の魅力的な姿が当分見られるのはうれしいことです。

空母運用に向けて準備進むX-47B

AW&ST電子版12月18日カリフォルニア州パームデール発----ノースロップ・グラマンと米海軍はX-47B無人戦闘航空システム(UCAS)実証機用に、航空母艦の飛行甲板あるいは空中から同機を管制する制御装置、視覚上の工夫、コンピュータ・プロトコールの一連のデバイスを開発中。その一部が12月16日に当地の同社施設でのX-47Bロールアウトで発表された。飛行可能な機体第一号AV-1は2009年11月11日に初飛行する。二号機AV-2は2009年12月に完成予定。両機で無人戦闘航空機の空母運用の可能性を実証する。初飛行後は一年間の性能限界向上テストをエドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)で行い、その後パタクセントリバー海軍航空基地(メリーランド州)に移る。カタパルト発進テストをレイクハースト海軍航空技術部(ニュージャージー州)で実施後にノーフォーク(バージニア州)でニミッツ級空母に搭載され、2011年11月に洋上の空母着艦試験で終える。使用する空母はハリー・S・トルーマン(CVN75)を予定。空母運用の適合性試験では無人機の空中・艦上での管制方法を評価する。UCAS部隊関係者は飛行甲板上で「イエローシャツ」と呼ばれる航空機運用関係者の後ろにたち、リモコン装置で同機を操る。イエローシャツの役目は混雑した空母上で円滑な運用と安全の確保。標準的な空母の飛行甲板上に12人から15人のイエローシャツがいる。X-47Bの状況は機首車輪に装着のライトの組み合わせで飛行甲板乗員に表示される。緑のライトは甲板要員が同機を制御中、青は同機がミッション要員の制御下にあること、赤は障害を示す。UCASは空母への接近・着艦を自動で行うがその際に利用するのが共用精密接近着艦システムの母艦連動GPS着艦システムである。UCASも着艦信号士官(LSO)が飛行士の経験を生かし、最終接近で視認責任を果たすことになる。アプローチが正しくない、あるいは着艦位置が不明の場合にはLSOはインターロック・スイッチを入れて着艦を「拒否」できる。このスイッチでデジタル信号をUCASに送り、出力増で一気に1200フィートまで上昇を開始し、次の着艦管制を待つか、あらかじめプログラムずみの方位へ進む。X-47Bの最大離陸重量は45,000ポンド、最大着陸重量は35,000から36,000ポンドでノースロップ・グラマ…

F-22のデータリンク改修の方向性

AW&ST電子版12月19日米空軍はF-22向け次期改修作業の要求内容を準備中で同戦闘機にF-35用に開発中のステルス性のあるデータリンクを装着する。「F-22の兵器システム開発の性能向上フェーズは3.2改修で、多機能高度データリンク(MADL)能力の確保を含みます」(ロッキード・マーチン)同社は3.2改修作業の開始を控え、高度データリンク装置の選定を待っている状態。改修は2012-13年にかけて実施される。ノースロップ・グラマン製のMADLがロックウェル・コリンズの戦術目標ネットワーク技術(TTNT)によるデータリンクを押さえて採用されている。MADLは米軍のF-22、F-35、B-2で構成の「アクセス不能」部隊を束ねるべく採用された。さらに海軍が開発中の無人戦闘航空システムも含まれる可能性がある。F-22にはすでに航空機間データリンク(IFDL)が装備されているが、同装置の性能には限界がある。F-22にMADLを装着するためには無線装置の更新、現行IFDLアンテナのMADL用改修、また「部隊間メッセージの統合処理のためのソフトウェア」(ロッキード・マーチン)が必要となる。空軍は当初3.2改修の対象をF-22のうち80機のみと計画していたが、国防総省の調達責任者ジョン・ヤング次官が11月に議会に対し、追加予算を要求し、初期生産100機にも追加改修する意向を伝えている。国防総省の高度戦術データリンク構想ではMADLが唯一の非アクセスネットワーク用のデータリンクとなる。B-2向けにはEHF衛星通信リンクが加わり、全地球情報網(Global Information Grid)への接続が可能となる。「現在のところF-22では追加の双方向データリンクはMADLとIFDL以外には要求を想定していないが、アーキテクチャの方針決定を準備中で、追加性能の統合が可能となります。」(ロッキード)コメント: net centric warfareの中核をなすのがデータリンクですが、この10年で米軍は相当の進歩を実現していますね。F-22の調達は異例の少数規模で終わりそうですが、性能をこまめにアップグレードしていくのでしょうね。ここでは出ていませんが、90年の湾岸戦争でデータリンクがなく、毎日空母から空軍まで紙のデータを取りにフライトを実施していた海軍にとってはもっと進歩は大きいはずです…

イランがロシア製SA-20を導入か

AW&ST電子版12月10日米政府高官(複数)はイランがロシア製SA-20長距離SAMシステム購入を「契約調印」していると確認。イランが同システムを稼動させる西側が問題としている同国内核施設の防衛能力が大幅に向上されることとなる。「イランはSA-20購入契約に動いている。当方にとって今まで経験していない規模の課題に直面する。過去20年にわたり我方の航空優勢があってこそ安全保障が有効でどこでも自由に作戦を遂行できると感じていたにすぎない。」(政府高官)アルマズ・アンテイ製SA-20またはS-300PMU1/S-300PMU2は非ステルス航空機には大きな脅威となり、航空戦術ならびに作戦計画そのものの変更を余儀なくされる。SA-20の有効範囲は150キロメートルであり、イランはS-300PMU-2型の購入契約を調印している可能性がある。ロシアはべラルーシを販売経路として利用し、自国は直接関与していないと主張している。(政府関係者) それでもイラン軍がSA-20の運用能力を獲得するのには22ヶ月は必要だろう。ただ、契約内容に要員訓練が含まれる可能性は十分ある。

米海軍:無人機X-47Bで空中給油の実証へ

AW&ST電子版12月8日
ノースロップ・グラマンはX-47B海軍向け無人戦闘航空実証機(UCAS-D)の二号機を改修し、自動空中給油(AAR)を海軍のプローブ・ドローグ式、空軍のブーム・レセプタクル方式双方で使用可能とする。米海軍は同社に単独契約を与え、AAR能力の実証を2013年までに実現する案を発表している。AARが実現するとN-UCAS(海軍版のU-CAS)の2020年実現目標である有人機以上の偵察・攻撃能力を実現し、敵の対艦弾道ミサイルの射程外から空母が陸上目標対象の作戦を実施できる。製作中のX-47Bはいずれも空中給油可能の設計。N-UCAS担当責任者スコット・ウィンシップは二号機の移動式レセプタクルを利用可能とし、給油プローブを取り付けるという。X-47B各機は空母発進、着艦の実証実験を2011年までに実現する予定。自動空中給油の実証実験はUCAS-Dプログラムの技術成熟の並列実施として企画。ただ、海軍が独自で実証実験をするのか、空軍研究開発実験隊(AFRL)の自動化空中給油プログラムと合同で実施するのかは不明。AFRLは2011年予定でブーム・レセプタクル方式の空中給油をF-16を無人機と見立てて実施する。

E-3 AWACSの改修作業が進行中

AW&ST電子版12月3日
NATO運用のAWACS合計12機の大規模ミッション・システムのアップグレード契約がボーイング主導のチームに総額13.2億ドルの中間近代化計画として交付された。パートナー兼受託業者であるEADSがAWACS最終機の改修を予定通り11月3日に完了した。ボーイングもNATOのAWACS向けシミュレータ2基を中間近代化仕様で納入している。
中間改修の主眼は新型の状況表示コンソールに以下を組み込んだことである。平面ディスプレイとユーザー・フレンドリーの航法装置、オープンアーキテクチャのミッション演算装置、マルチセンサー積分により目標捕捉・識別精度を向上する機能、また操作員の作業量を軽減するためにデジタル通信装置に衛星経由で水平線外通信、広範囲スペクトラムのVHF無線で近年増加中の東欧各国の空・陸部隊を支援すること、のほか、敵味方識別機能の向上版で次世代国際航空交通管制システムとの互換性あるもの、また、最新の全地球測位システムを取り入れたものを装備している。
NATOのAWACS部隊以外もボーイングによる改良の恩恵を受けている。9月にボーイングは米空軍のE-3AWACSのブロック40/45機体向けのミッション・システムの飛行試験を完了した。これは同社によるとE-3部隊のアップグレードでは最大規模のものという。また、同社は総額42百万ドル以内という海外軍事販売契約でサウジアラビア空軍のE-3A AWACS5機のレーダー改修第一フェーズを受注している。初期診断でどの部品が老朽化しているかを判断し、交換部品の試験および改修が実施される。第二フェーズでノースロップ・グラマン製のレーダーシステム改良プログラム(RSIP)キットの製作および取り付け、ソフトウェア統合と試験、乗員訓練が行われる。

ゲーツ国防長官の課題

C-37A機上にて。 オバマ次期大統領がロバート・ゲイツ国防長官留任を発表してからわずか数時間後、同長官は本誌に今後は国防総省の調達制度を整理することに焦点を当てると語った。ゲーツ長官は12月1日の本誌取材でハイテクを利用した米軍に匹敵する敵に対峙する場合、より安価な兵器でテロ戦争に立ち向かう場合、さらに将来は国家ではない敵との対立の場合を想定した軍事力のバランスが必要と語った。予算制約がある中で先例のない水準の各軍の協力が今後の軍事力構築の構想と規模の設定で必要と言う。各軍は運用上で交流を実現しているものの、要求内容と調達業務では直接の合同企画づくりが欠落している。「これには各軍の司令部と原隊に加え長官官房の間でこれまではなかった形の協力関係が必要となる。これがこれまで機能していない。 ここが難しいところなのだが、将来を見据えたある部門のプログラムにより多くの投資をして、別の軍のプログラムへの出費を減らすと甘んじて受け止められるだろうか。」これが将来の戦術航空機の兵力編成で鍵となる質問である。例をあげると、ロッキード・マーティンのF-22生産ラインが閉鎖寸前となっている。マリエッタ工場(ジョージア州)の運命を左右する決定が三月までに必要と議会関係者は見ている。その埋め合わせとなりうるのがF-35だが、何機、どの型式の同機を購入すべきかという問題がある。F-22発注を巡る意見対立はゲーツ長官が空軍参謀長を更迭することで米空軍のトップを入れ替える以前から続いていた。 「新参謀長は空軍にはF-22が381機も必要ないと考えている。また、185機で十分とも考えていない。そうすると、F-22を追加配備したら、代わりに共用攻撃戦闘機プログラムを犠牲にできるか、と言う問題だ。」(同長官)国防総省が空輸機・空中給油機の編成を見据える際にも同じ問いかけが発生する。ボーイングC-17の生産ラインも閉鎖が近づいており、一方でロッキードC-130JとL-3コミュニケーションズ-アレニア・ノースアメリカC-27Jの追加購入が可能だ。一方で、ボーイングとノースロップ・グラマン-EADS連合の競争入札で給油機179機を完成させようとする過去の二回の試みは調達の失敗にとどまらず議会からの政治的圧力を招いてしまった。その結果、老朽化進むKC-135の代替機調達が数年間遅れ、調達は失敗したが支出は…

F-35を電子攻撃に投入する考え方

AW&ST電子版11月30日米空軍、海兵隊向けの戦術電子攻撃機の後継機では長年の議論があったが、F-35が両軍に採用される可能性が高まってきた。今日の戦闘で一番需要が高いのが電子攻撃(EA)を任務とする航空機であるのは軍事運用の専門家の一致した意見である。そのため、より多くの機数と性能向上を求める圧力が存在する。「電子攻撃は空軍、海軍、海兵隊の核心となるミッション領域だ。電子攻撃がF-35の中心ミッションとなるだろう。」(F-35ライトニングII開発の責任者チャールズ・デイビス少将)ただ、その開発は先例としての空軍のEF-111レイブンや海軍のEA-6Bブラウラー・FA-18Gグラウラーのアプローチはとらないだろう。外部ポッドとアンテナアレイによる電子兵装の研究が進行中。この追加電子兵装開発はF-35の特徴である機体間のデータ交換と組み込みずみのEA能力を活用するのが目標という。「F-35は合計80もの異なるプラットフォーム間で相互運用を想定し、140種類以上の情報を地上、艦船、航空機との間で交換できる」(デイビス少将) 電子戦は合計23通りのミッションへの追加にすぎない。「F-35は第一世代のステルス機F-117の教訓を生かした設計だ。F-117と違うのは戦術情報の共有能力がF-35では最初から組み込まれているが、ステルス性を犠牲にしていないこと」(同少将)ただし、航空宇宙産業界では意見が分かれている。専門家にはF-35は電子戦能力が不足し、機体内にシステムを追加する余裕がないと見る向きもある。その解決策はジャマーと電力供給を兵装庫内に追加してステルス性を確保するか、追加装備を外部搭載し、スタンドオフの電子妨害任務に戻すかであるという。「一機で電子攻撃任務の全部を実現することはできません。」(電子戦に長い経験を持つ電子産業界の専門家)EA-18Gグラウラーは双発で発電機も二基搭載して電力供給も余裕があり次世代ジャマー(NGJ)を搭載できる。NGJは長距離のスタンドオフ電子妨害能力があり、風力発電装置の付いたボッド内に搭載する設計で、多数の機体に搭載可能だ。 「EF-35も次世代ジャマーを搭載するだろうが、外部搭載では自機の位置を示してしまう。だが、NGJの中核部分を兵装庫内部に入れると、単発機で発電機もひとつの機体では全方位ステルス性を確保する出力が不足…