スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

★F-35に代わる選択肢は可能なのか トランプ発言を考察する

トランプ次期大統領の発言が色々波紋を呼んでいます。それは既成事実そのものが崩れる効果を産みかねないため既得権を手にしている勢力にとっては大変な事態ですが、それだけ今まで本質を議論していなかったことになるのでしょう。何が何でも新型機が必要としてこれまで時間を空費してきましたが、2017年はJSF構想そのものが大きな曲がり角に来そうな予感が出てきました。これを不愉快と捉えるのではなく、必要な性能と価格の関係を見直す機会にしたいものです。やはりトップが変われば大きな変化が生まれそうですね。「軍事情報センター」は本稿を勝手にコピーするのであれば出展を明確にしてくださいね。
The 'Super' Plane That Could Replace the F-35 Stealth Fighter Dave Majumdar December 28, 2016 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-super-plane-could-replace-the-f-35-stealth-fighter-18875

ドナルド・トランプ次期大統領は自身ののツィート(12月22日)で「F-18スーパーホーネットの価格検討」をボーイングに頼んだとし、ロッキード・マーティンF-35共用打撃戦闘機の価格があまりにも高すぎるのを理由に上げていた。ワシントンの政治エリート層とジャーナリストから冷笑を呼んでいる。 確かにF/A-18E/F現行型ではF-35の性能に劣るが、業界筋の反応は例によって先入観にとらわれている。トランプ発言を文字通り解釈してはいけない。トランプの真意はスーパーホーネット発達型ならF-35の売りである性能の多くをもっと合理的な価格で実現できるはずと言っているのだ。 米海軍にとっては高性能版スーパーホーネットはF-35Cより安価ながら8割方満足できる選択肢となる。米空軍にとっては要求内容とは程遠く映るが、陸上運用の攻撃戦闘機としてスーパーホーネットがオーストラリア空軍が実証済みだ。残る海兵隊は短距離離陸推力着陸にこだわるあまり、トランプがJSFをキャンセルすれば大変なことになる。三軍は敵地侵攻能力を断念してスタンドオフ攻撃に特化するだろう。F/A-18E/Fは今後もステルス機になる見込みはないからだ。
ステルス性 スーパーホー…

ヘッドラインニュース 12月31日(土)

12月31日のヘッドライン
筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

ロッキード、PAC-3年間受注が14.5億ドルに 米陸軍が一括発注しているペイトリオット高性能版-3迎撃ミサイルが対前年比32%で14.5億ドルに今年達していることが判明した。発注にはカタール、韓国、サウジアラビア、台湾、アラブ首長国連邦向けも含む。防空ミサイル需要は今後5年で210億ドル規模と言われ、レイセオン-ロッキード組が先行し、MBDA、タレスも売上増を狙う。 http://aviationweek.com/defense/lockheeds-annual-pac-3-order-grows-145-billion

台湾の戦略的意義へ再度注目すべき トランプの台湾電話会談で驚いている暇はない。太平洋進出を着々と進める中国は米国の国益に挑戦する姿勢を隠そうとせず、今こそ台湾の存在が日米豪の太平洋同盟関係で重要な意味を有していることを認識すべきだ。(この記事は別途ご紹介予定) http://breakingdefense.com/2016/12/taiwan-trump-a-pacific-defense-grid-towards-deterrence-in-depth/

J-31輸出を狙う中国 瀋陽でJ-31の輸出仕様FC-31ジャーファルコンが23日初飛行に成功した。機体価格は70百万ドルとF-35の半額程度になるとみられる。中国は同機の輸出に力を入れそうだ。 http://defensetech.org/2016/12/28/eyeing-exports-china-shows-off-new-fighter-variant/

トランプ発言で注目が集まる「スーパー」なスーパーホーネットはどんな機体になるのか F/A-18E/FではF-35の代わりは務まらないが米海軍が進める高性能版F-18実現の追い風になる。F-35Cの8割の機能をもっと低い価格で実現できれば十分実用に耐える。オーストラリアには陸上運用攻撃機として有効だ。海兵隊は構想を考え直す必要があろう。その他ステルス、電子戦、ネットワーク機能を検討してみる。(この記事は別途ご紹介予定) http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-super-…

ヘッドラインニュース12月30日(金)

12月30日のヘッドライン
筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。


建造中の空母写真配信で共同通信に中国が不快感を示す 中国国営メディアは写真流失で一層の国防情報の機密防衛が必要との警戒を訴えている。共同通信が写真を配信したのは二週間ほど前で建造中の同艦の鮮明な写真は独自に入手したと説明していた。http://www.scmp.com/news/china/diplomacy-defence/article/2057712/chinese-state-media-calls-tighter-national-security

中東地区に米空母は不在に アイゼンハワー空母打撃群が12月26日帰国の途につき、ペルシア湾地中海で7ヶ月の任務を終えた。搭載した第三空母航空隊はISISを相手に空爆を展開してきた。通常はローテーションで次の空母部隊が交替するが今回はない。ブッシュ空母打撃群がノーフォークを出港するのは早くて1月20日になるからだ。ヨーロッパ,中東、米国でテロの恐れが高まる中でこの空白は痛い。
http://www.defensenews.com/articles/no-us-carrier-now-in-the-mideast
米空軍が衛星ジャミング対策をレイセオンに契約公布 これは衛星通信を妨害されにくくするための対策。レイセオンは新技術で広帯域グローバル衛星通信用の各衛星とともに民間商用衛星も防御する。 http://www.defensenews.com/articles/us-air-force-awards-satellite-anti-jamming-contract-to-raytheon
イタリアがATR72哨戒機版を導入 イタリア空軍がATR72海上哨戒機を四機受領した。老朽化してきたアトランティークに代わり地中海で難民の渡航を主に監視する。 http://www.defensenews.com/articles/italy-gets-first-two-atr-72-maritime-patrol-aircraft

12月29日(木)のヘッドラインニュース

12月29日のヘッドライン
筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

EP-3Eの後を継ぐのはMQ-4Cトライトンだ 情報収集機材としてMQ-4CをEP-3に代わり運用する準備を米海軍が進めている。今年夏にトライトンに器材を搭載するプロジェクトが18ヶ月の予定で始まった。中・高帯域受信装備を搭載したMQ-4Cは2021年に初期作戦能力を獲得する。 https://www.flightglobal.com/news/articles/pentagon-prioritises-ep-3-role-for-triton-432702/

遼寧は海南島へ 台湾国防部筋はロイターに空母遼寧は六隻の随行艦と海南島方面に向かっていると伝えた。同部隊は台湾南方を12月25日に通過し、台湾防空識別圏の外側20カイリ地点に停止していた。 http://alert5.com/2016/12/27/taiwan-says-liaoning-carrier-group-heading-towards-hainan/#respond

米空軍がJSTARS後継機のRFPを発出 B-21(800億ドル)、大統領専用機(32億ドル)に続けて地上をレーダーで監視するE-8C共用監視目標攻撃レーダーシステム機(JSTARS)のRFPが12月28日に公布された。米空軍は69億ドル事業として2024年の初期作戦能力実現を目指す。ボーイング、ノースロップ、ロッキード・マーティンに加え、多数の新規企業も参入を狙う。 http://aviationweek.com/defense/air-force-launches-7-billion-jstars-competition

放射性物質を韓国へ落とす無人機を北朝鮮が開発中 韓国シンクタンクは北朝鮮が無人機を改造し、放射性物質を含む爆発装置を搭載し韓国首脳部を攻撃する手段を開発中と指摘した。ステルス性を備えた無人機開発を目指しているという。 http://english.yonhapnews.co.kr/northkorea/2016/12/27/0401000000AEN20161227008200315.html


★★まともに作動しない中国製兵器に輸出拡大の可能性はあるのか

Z-19 偵察攻撃ヘリ。. Alert5 photo via Wikimedia Malfunctioning Weapons Throw a Wrench in China’s Arms IndustryAmerican and Russian firms still dominateby KEVIN KNODELL https://warisboring.com/malfunctioning-weapons-throw-a-wrench-in-chinas-arms-industry-e395fa0290c3
2016年11月、中国は珠海航空ショーに展示700社を集め、アフリカ、アジアの来場者が中国製軍事装備に群がった。関心の的は新型J-20ステルス戦闘機で同機は初のお披露目の機会となった。 だが中国武器輸出にはトラブルも多いと米陸軍の海外軍事研究部門のニュースレターO.E. Watch 2016年12月号が中国にハードルは高いままだと指摘している。 「世界は中国防衛産業を一流とは見ていない。原因に装備が動作不良をしたり、設計に不備があることがある。さらに付帯サービスが欠如しており、販売後の訓練や保守管理ができていない。政治的に中国を信頼していない国もある」 たしかに中国は武器輸出を相当な規模で進めてきた。アフリカでは三分の二の国で中国製武器が採用されている。ここ数年間で中国の武器輸出は記録を塗り替える規模になった。とはいえ、ここにきて武器輸出は鈍化しており、世界市場はロシアとアメリカが大きく支配している。 南アフリカで9月に中国業者はJF-17戦闘機の買い手を見つけるのに苦労している。同機はパキスタンとの共同開発で米F-16に相当する。一部アフリカ諸国は購入資金で困難を感じ同機を発注しているのはナイジェリアのみだ。 カメルーンは中国製攻撃ヘリコプターを4機導入したが、一機は納入直後に墜落しており、以後の調達は止まっている。中国製兵器の信頼度に懸念が広まっている。 米国、ロシアの製品が戦場で実証済みなのに対して中国製装備は購入しないとその真価がわからない状態だ。 パキスタンが運用するJF-17 は中国との共同開発。.Photo via Wikimedia 2016年9月のインドネシア海軍演習では中国製C-705ミサイルが目標を外れた。ジョコ・ウィドド大統領の目の前での大失態となった…

ヘッドラインニュース 12月25日(日)

12月25日のヘッドライン
筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

中国が南シナ海防御態勢の強化か 米政府関係者はフォックスニュースに中国が南シナ海に防空装備の搬入を準備していると語った。米情報衛星はHQ-9、LD-2000両装備が海南島に集積しているのを探知しているが、一時的な搬入にすぎないと評価している。ともに今年前半にパラセル諸島に搬入され展開している。 http://www.foxnews.com/world/2016/12/23/exclusive-more-chinese-missiles-bound-for-disputed-islands.html

ハリアーの千歳展開はこれが見納め 米海兵隊航空隊VMA-542が航空運用訓練ローテーション配備で12月22日、千歳基地に展開した。F-35Bの配備が迫る中、今回がAV-8Bハリアーの最後の展開となったとみられる。 http://www.marines.mil/News/News-Display/Article/1037526/vma-542-heads-home/


平成29年度防衛予算 F-35A調達6機分盛り込む 新年度予算に749百万ドルが6機調達用に計上された。導入後は三沢基地に配属される。またSM-3 Block II A迎撃ミサイルの調達予算も計上されミサイル防衛体制の強化が目立つ。 https://www.bloomberg.com/politics/articles/2016-12-22/japan-approves-record-defense-spending-amid-china-tensions

米民主党へのロシア・サイバー攻撃の解析進む 民主党全国本部へのサイバー攻撃に使われたマルウェアはロシアがウクライナ軍に向けて使ったものと同じX-Agentだと専門家が分析した。 http://www.defenseone.com/technology/2016/12/dnc-hackers-linked-russian-hacks-ukraine-two-years-ago/134098/?oref=d-river

中国製兵器は品質、サポートに欠陥かかえたままなぜ売れるのか ハードウェアとしての故障の頻発に加え、取扱方法の訓練等のサポート体制が不足し…

★傑作機P-51はこうして生まれた 米陸軍将官の偏屈な思考はどう影響したのか

信じ込むと人間は自らの誤りに気づくのが困難になります。マスタングの成功よりも無駄死にした数千名の爆撃機搭乗員を救うことができなかった上層部の思考の誤りを論じるべきです。しかしどうやって自らの誤りを修正したら良かったのでしょうか。今度戦争が発生すればこんな長期戦は考えにくいので、戦訓から思考を修正する余裕はないはずですが。我々はどんな教訓をこの事例から学ぶことができるでしょうか。
We go to war so you don’t have to 第二次大戦中のB-17編隊. Air Force photo Arrogant U.S. Generals Made the P-51 Mustang a NecessityWith better leadership, the iconic fighter plane might’ve been unnecessaryby JAMES PERRY STEVENSON and PIERRE SPREY https://warisboring.com/arrogant-u-s-generals-made-the-p-51-mustang-a-necessity-fd6063ff4893 第2次大戦でP-51マスタングがドイツ上空で示した功績はよく知られている。当時を象徴する戦闘機となり、高速で高高度を長距離飛行できたため米陸軍航空隊のお気に入りのP-47やP-38よりソーティあたり撃墜機数が多かった。 しかしP-51マスタング誕生の真実はちがう。新型機として困難な初期期間に直面し、燃料増槽が必要なのに却下されて苦悩にさいなまれている。さらに陸軍特有の「外部案件」への敵意をむき出死にする関係者にも悩まされ、発足直後の米空軍の公式記録の内容も真実とは似ても似つかぬものだった。 第一次第二次大戦間に爆撃機の性能は向上し、複葉戦闘機は時代遅れになた。米陸軍航空隊の爆撃機部隊将官は将来の敵戦闘機が爆撃機を邪魔する事態を頭から認めようとしなかった。 そういった将官は爆撃機が無敵だとの主張を実証しようとした。ヘンリー・「ハップ」・アーノルド中佐は爆撃機論の先鋒でその後空軍参謀総長に就任している。 「1931年演習が高速爆撃機は高性能を示すとの主張を裏付けたようだった」と歴史家タミ・デイヴィス・ビッドルが著書Rhetoric and Reality in A…