2016年12月22日木曜日

12月22日(木)のヘッドラインニュース


12月22日のヘッドライン

筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

中国が水中グライダーを米海軍へ返還
USSマスティン(DDG-89)が中国海軍大郎級510号艦から公海上でUUVを受領したとペンタゴンが20日発表。中国は航行の危険を招くとして同UUVを回収したと主張していた。


T-X: テキストロンはまだ参戦あきらめず
米空軍次期練習機事業で提案要領が間もなく発表になるとみられる中、テキストロンも参入をまだ狙っている。同社も参入すれば、6社の混戦となる。T-Xは350機程度の調達を想定。同社は自主開発スコーピオンを原型に提案する準備に入っていたが、要求性能の6.5Gが達成できないとして断念する見られていた。

ベンキョウカイ演習
米海軍第195攻撃戦闘隊「ダムバスターズ」は航空自衛隊第302戦術戦闘飛行隊と11月28日ベンキョウカイIII演習を展開した。三回目となった今回の演習ではより高度な模擬空戦演習が展開され、最終日には302空が百里から厚木まで飛び、ソフトボール大会の後バーベキューで親交を深めた。

F-35が2017年にヨーロッパ展開か
ジェイムズ空軍長官は早ければ2017年夏にもF-35がヨーロッパに作戦展開すると発表。プーチン大統領への対抗意識を示した。またトランプ次期大統領の空軍事業への姿勢についてやんわりと批判した。長官は政権交替で退任する。大西洋協議会での発言。

ロッキード、ボーイング両CEOがトランプと会見
ボーイングのミュレンバーグCEOは次期大統領専用機調達事業は40億ドルを超過することはないと述べた。ロッキードのヒューソンCEOも別個、トランプと会いF-35問題を話し合った。


中国が開発中の新型爆撃機の概要が判明
現行H-6爆撃機から一足飛びに新型長距離爆撃機開発を狙う中国はJ-21等のステルス性能を同機にも盛り込むつもりのようだ。C919やY-20と言った大型機製造の知見を応用するとみられる。


0 件のコメント: