スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

F-35で北朝鮮ICBM迎撃は可能?

興味深いのですが本日(2月28日)、NHKがハノイからの中継でトランプ金会談を鳴り物入りで報道しているのに対しCNNやBBCでは米国内でのトランプ追求の議会公聴会がトップでした。トランプの命運も尽きるかも知れません。そんな米国内事情には日本人が関心を示さないとNHKは判断しているんでしょう。日本人の多くは会談にいくばくかの期待をしているのでしょうね。とくに平和愛好家の皆さんはうまくいけばこれで「軍備不要」とまで言いかねない勢いになりそうです。しかし、現実はそんなお花畑ではなくこんな検討も進んでいるわけです。それに自衛隊始め不測の事態に備える人たちが入るから平和が維持できているのですよね。

The F-35s Next Mission: Killing North Korea's Nuclear-Tipped ICBMs? F-35の追加ミッションとして北朝鮮の核ICBM撃破は可能なのかIs that possible? by Task and Purpose February 27, 2019Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-35MilitaryTechnologyWorldStealth https://nationalinterest.org/blog/buzz/f-35s-next-mission-killing-north-koreas-nuclear-tipped-icbms-45757


国防総省がF-35戦闘機を北朝鮮国外の空域に待機させ北朝鮮の大陸間弾道ミサイルを発射直後に破壊する構想を検討中とロイターが伝えている。 構想は北朝鮮ICBMの迎撃方法として中短期的に可能と考えられていると記事にあり、ドナルド・トランプ大統領が金正恩とベトナムで会談する一方で北朝鮮の核兵器ミサイルの関連で真剣な検討が続いていることを示す。 ペンタゴンはミサイル防衛戦略を前から検討しており、1月に出たDoDのミサイル防衛検討案で興味深い選択肢の説明がある。Defense Oneが無人機にレーザーを搭載する案やF-35を改装しミサイル防衛にあてる構想を紹介している。 検討案では「弾道ミサイルを打ち上げ加速段階で迎撃する手段のテスト開発を求めている」とDefense Newsも伝えている。「またF-35の搭載センサーで移動式ミサイル…

パキスタンがインドMiG-21を撃墜、心配なインド-パキスタン軍事衝突の最新状況

Indian Air Force MiG-21 Bison Shot Down By Pakistan Air Force Jet パキスタン空軍機がインド空軍MiG-21バイソンを撃墜February 27, 2019David CenciottiMilitary Aviation3 Comments https://theaviationist.com/2019/02/27/indian-air-force-mig-21-bison-shot-down-by-pakistan-air-force-jet/
インド空軍のMiG-21バイソン (Image credit: Jyotirmoy Moulick)
インド空軍IAFがMiG-21一機の喪失を認めた。カシミールの休戦ライン上空で発生した交戦でパキスタン空軍PAFに撃墜された。MiG-21パイロットは身柄拘束されている。 今回の交戦はIAFのミラージュ2000編隊が休戦ラインLOCを超えてテロリスト拠点があるバラコートにイスラエル製SPICE2000 EO/GPS誘導スタンドオフ方式の2000ポンド精密誘導爆弾を投下した翌日に発生した。 交戦の実態は不明だ。 IAFのMIG-21はPAFが同日午前に空爆したことに呼応して出撃した。パキスタンによればIAF戦闘機2機がLOCを超えて侵入しPAF戦闘機がパキスタン領空内で迎撃しすべて撃墜したという。 Maj Gen Asif Ghafoor ✔@OfficialDGISPR In response to PAF strikes this morning as released by MoFA, IAF crossed LOC. PAF shot down two Indian aircrafts inside Pakistani airspace. One of the aircraft fell inside AJ&K while other fell inside IOK. One Indian pilot arrested by troops on ground while two in the area.

2060年代まで第一線戦闘機として使いたいUSAFの期待にF-22は応えられるか

米国の国防戦略構想で中国、ロシア相手のハイエンド戦が前面に出てきましたが、現時点のF-22が第四世代機より見劣りする面があり、しかも機数があまりにも少ないのは痛いところでしょうね。生産ラインを早期閉鎖してしまった決定を悔やむことになるのか、F-35/F-15Xの組み合わせで今後踏ん張るのか、苦しい状況になりそうです。


The F-22 Raptor: The World's Most Dangerous Fighter Jet Until 2060?F-22ラプターは世界最強戦闘機として2060年まで活躍できるのか by Charlie Gao February 23, 2019Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-22F-22 RaptorF-35U.S. Air ForceStealth Fighter https://nationalinterest.org/blog/buzz/f-22-raptor-worlds-most-dangerous-fighter-jet-until-2060-45382 ここに来てF-35とF-15Xに関心が集中しており、米空軍の主力航空優勢戦闘機であるF-22ラプターの存在が霞んでいる観がある。 ラプターは2000年代初頭の就役時には世界最高の戦闘機と言われていたが、センサー、レーダー、データリンク各技術はその後も改良されてきた。 ただしラプターが受けてきた改修はF-15やF-16より小規模で今や時代遅れの部分もある。たとえばF-16、F-15、F/A-18にはJHMCSミサイル誘導技術が搭載されており、パイロットは敵機の方向を見ればロックされる。だがF-22には同技術は導入されていない。 USAFはソフトウェアでF-22性能改修を目指し、同機は搭載センサーの活用度を引き上げているが、ハードウェア改修は小幅だ。センサーやレーダーの性能向上と小型化が進む中でこの方針でいいのか。 答えは複雑だ。F-22の機体はUSAF機材中で最も高性能の「シャーシ」であるが、偏向推力とスーパークルーズ性能、ステルス性のためセンサーの追加装備はポッドも含めステルスを犠牲にしない限り困難であり、性能改修の可能性を狭めている。また2011年に生産ラインが閉鎖されたことも性能改修で制約条件になっている。

インド、パキスタン武力衝突の影響が民間航空に早くも出ています 該当地区への旅行は要注意

Border clashes shut Pakistan's airspace and north Indian airports 武力衝突をうけパキスタンとインド北部で民間航空が運用中止にパキスタンの民間航空当局は同国上空の飛行禁止措置を確認し、一方インドは北部8空港での民間航空取扱を中止した。両国はかねてから紛糾のカシミール地方で軍事衝突をしたばかりだ。
Border clashes shut Pakistan's airspace and north Indian airports武力衝突をうけパキスタンとインド北部で民間航空が運用中止に
27 FEBRUARY, 2019 SOURCE: FLIGHT DASHBOARD BY: AARON CHONG SINGAPORE https://www.flightglobal.com/news/articles/border-clashes-shut-pakistans-airspace-and-north-in-456140/ パキイスタンの民間航空当局は同国上空の飛行禁止措置を確認し、一方インドは北部8空港での民間航空取扱を中止した。両国はかねてから紛糾のカシミール地方で軍事衝突をしたばかりだ。 Border clashes shut Pakistan's airspace and north Indian airports武力衝突をうけパキスタンとインド北部で民間航空が運用中止に
27 FEBRUARY, 2019 SOURCE: FLIGHT DASHBOARD BY: AARON CHONG SINGAPORE https://www.flightglobal.com/news/articles/border-clashes-shut-pakistans-airspace-and-north-in-456140/

速報 2月26日インド空軍のパキスタン領内テロ集団本拠地空爆について

Everything We Know About The Indian Air Force Mirage 2000 Air Strike In Pakistan
インド空軍ミラージュ2000によるパキスタン空爆で判明していること
February 26, 2019David CenciottiRogue States, Terror0 Comments https://theaviationist.com/2019/02/26/everything-we-know-about-the-indian-air-force-mirage-2000-air-strike-in-pakistan/
インド空軍のミラージュ2000の2機編隊がパキスタン領内を空爆した。 (Image credit: Indian Air Force) 2機は境界線を超えパキスタン国内のテロリストキャンプを空爆した。

2019年2月26日早朝、インド空軍はインド-パキスタン国境の境界線を超えテロ集団の本拠地を空爆すべく出撃した。空爆は12日前に発生したCPRF(インド武装警察)隊員40名を殺害した自爆攻撃への報復だった。
India Todayによればミラージュ2000はグワイロール航空基地を離陸し2,000ポンド爆弾とライテニング照準ポッドを搭載。E145早期警戒機が指揮統制任務に、Il-78ミダス空中給油機も支援にあたった。またヘロン無人機も投入され、空爆前の情報収集と空爆後の戦闘損害評価(BDA)に用いられたようだ。
空爆は21分に及び、ミラージュ2000編隊は境界線を低空で通過し、現地時間 3:30AMごろパキスタンのバラコット付近の目標に到達し、イスラエル製SPICE 2000 EO/GPS誘導2,000ポンド爆弾を投下した。
SPICEは最大射程は200 kmのPGM(精密誘導弾)で座標情報が事前に把握されていた標的を相手に投入したのは興味深い。さらに当日の現場天候は曇天と伝えられており、これがLGB(レーザー誘導爆弾)ではなくGPS誘導爆弾を選択した理由なのだろう。
ツイッター上には以下の投稿が出ており、今回のミッションと兵器投入に関し興味深い詳細面が見える。
View image on Twitter