投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

★ISIS空爆が想定を超える規模で世界各地から爆弾をかき集める米軍

イメージ
The US is Raiding its Global Bomb Stockpiles to Fight ISISMAY 26, 2016 BY MARCUS WEISGERBER http://www.defenseone.com/threats/2016/05/us-raiding-its-global-bomb-stockpiles-fight-isis/128646/
反ISIS連合は爆弾41,500発以上を投下し、ペンタゴンは他地域の備蓄弾薬を使い始めている
米軍はスマート爆弾の備蓄を世界各地から確保して二年目に入ったISIS空爆に投入しているとペンタゴン関係者が明らかにした。 空爆作戦を統括するチャールズ・ブラウン空軍少将は「他地域でどんなリスクが生まれるかを注視していきます」とカタールのアルウデイド空軍基地からビデオ会議で述べている。「どこかから爆弾を引き出した場合、緊急事態が発生したらどう対応できるかが問題です」 連合軍の空爆は2014年8月から延べ12,453回を数えている。このうちイラクで8,500回、シリアが4,000回近くで米軍が9,495回を実施している。投下爆弾数は合計41,697発で米軍は同盟各国へ爆弾を提供している。 このため爆弾不足が生まれているがペンタゴンの方針でクラスター爆弾の処理が必要となっていることで状況がさらに深刻になっている。 米軍は弾薬備蓄をヨーロッパ、中東、アジア太平洋で維持しているが、旧型弾薬が多くなっているとシンクタンク指摘がある。本当は新型爆弾に切り替えたいが予算管理法により思うに任せないのが現実だ。 アシュ・カーター国防長官は二月にペンタゴンは議会に18億ドル超で新規製造爆弾45,000発の調達を要求した。米国内弾薬メーカーはこの要望に応えるべく増産体制を整えている。 爆弾不足になったのは需要をあらかじめ予想していなかったためだ。当時はイラクに米軍は駐留しておらず軍はアフガニスタンからも撤退しようとしていた。だがこれは実現せず、アフガニスタンには米軍は数千名が駐留中で、さらにイラクに数千名が戻り現地軍の訓練助言にあたっている。ブラウン少将は同盟軍が投下する爆弾の大部分は米国製誘導スマート爆弾と指摘する。「空軍が次年度予算で調達を増やす動きに出ていますが、実際に使用可能になるのはあと2年後でしょう」 爆弾不足は米中央軍以外にも…

北朝鮮の核兵器ミサイル開発を支えるのは鉱山強制労働だ---歪んだ社会構造

イメージ
北朝鮮の正式国名はDPRK 朝鮮人民民主共和国ですが、3つのウソD P R があるといわれますね。労働者の天国のはずが60年以上続く地獄だというのは人類史上類まれな虚偽ではないでしょうか。核兵器、ミサイルの開発を止めるには同国の社会構造そのものにメスを入れない限り無理だということですか。当然、同国の支配階級は既得権益を守りますからこれに手を入れるのは外部から出ないと無理、つまり同国を解体しない限り無理ということでしょうか。そうなると論理的に結論はあきらかですね。
North Korean Nuke Program Built With Earnings From Slave LaborNew report documents forced labor in state-run mines that provides Kim regime with foreign cash BY: Morgan Chalfant May 30, 2016 4:59 am http://freebeacon.com/national-security/north-korean-nuke-program-built-earnings-slave-labor/
北朝鮮は「強制労働・奴隷労働」で調達した資金を核兵器・ミサイル開発など重要事業に投入していると同国の労働事情を研究した報告書が指摘している。 報告書題名は「収容所企業」Gulag, Inc.で北朝鮮の人権を考える委員会Committee for Human Rights in North Korea (HRNK)がワシントンDCのナショナルプレスクラブで発表し、金正恩率いる当局が北朝鮮国民に最低限の経済見返りしか与えず搾取している実態を伝えている。 「生まれた瞬間から人生が決まっている社会は想像できないだろう。何を食べ、どの学校へ行き、どこに移動してどこで働くか、全部指示される。どれだけ夢や才能、実力があっても関係ない」と報告書は述べている。 「社会身分の最下層に生まれた場合は成分songbunと呼ばれる差別の下で残酷危険きわまりない国営鉱山の闇の中に暮らし、かつ短い一生を送ることになる。これが金三代にわたる統治のもと変わることのない北朝鮮の実態だ」 報告書をまとめたのは脱北者Kim Kwang-Jinで秘密非合法の国際財務活動に携わっていた人物で…

韓国がSLBMを開発中 中央日報記事より

イメージ
下の中央日報記事を読む限りでは戦略抑止力というよりも先制攻撃の手段としてSLBMを想定しているようです。しかし通常弾頭で精度が低いとどこを狙うつもりなのでしょうか。また艦体が小さいことから想定するSLBMは相当小型のようです。北朝鮮を狙うのであれば近距離で事が足りるせいでしょうか。そのまま順調に整備できるかは不明ですが、完成し戦力化に成功すればこの地域の戦力バランスでまた一つ考慮すべき要素になるでしょうね。それにしてもいつの間に韓国はロシアからS400を入手していたのでしょうか。

South will develop its own type of SLBM: sourceMay 30,2016 BY JEONG YONG-SOO [jeong.byungki@joongang.co.kr] http://koreajoongangdaily.joins.com/news/article/article.aspx?aid=3019321
韓国が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を開発中と軍高官が発言した。 「建造中の排水量3,000トンの張保皐級Jangbogo-III に垂直発射管が付く」と同高官は匿名を条件で発言している。「発射管を付けるのはSLBMが開発中だということだ」とし、国防開発庁が主導して開発中のミサイルは2020年までに完成するという。 韓国海軍の潜水艦には潜水艦発射巡航ミサイル(SLCM)があるが、北朝鮮がSLBM技術の完成に近づいていることから韓国軍内部で迅速に対応すべきとの声が高まっている。 「SLBMはSLCMの精密攻撃能力は期待できないが、速力と破壊力はずっと大きいものがある」と潜水艦部隊司令を務めた退役少将Kim Hyeok-sooは述べている。「スピードがありステルスのSLBMが手に入れば事態が緊急水準にエスカレートする前に北朝鮮を攻撃する能力が韓国海軍に生まれます」 別の関係者は「軍は地対空ミサイルで冷間発射方式を採用しています。これをSLBMに応用してミサイルは水中発射したあと、エンジンはある程度の高度に達して点火します」という。 「北朝鮮はロシア製地対空ミサイルS300で使っている技術をSLBMに応用しました」と韓国科学技術院の主任研究員Lee Choon-geunは述べている。「韓国はロシアから入手したS400で使っているより成熟した技術を利用…

★カーター長官の考える国防技術イノベーションの方向性「旧式装備で新性能を」

イメージ
任期が残り少なくなってきたオバマ政権でこの人が国防長官でいることが大きな意義があります。技術を理解できる人物であることが大事なのでしょうね。問題は次期政権の長官人事でせっかくカーター長官が示した道筋がどうなるかですが。長官の考えには分断、個別専門性の追求より全体像として国防目的を意識した発想が垣間見えます。
‘Give Surprising New Capabilities to Old Platforms,’ Carter Tells Engineers2:34 PM ET BY BRADLEY PENISTON
国防長官が海軍のR&D施設で「イノベーション」構想の深みを示し、また技術オタクとしての側面もあらわにした。 http://www.defenseone.com/technology/2016/05/defense-secretary-strategic-innovation/128627/?oref=d-topstory
MIDDLETON, R.I.— アシュ・カーター国防長官が視線をこらす中、全長20フィートの無人監視用舟艇はナラガンセット湾でマウスクリックで航路を決め、長官の操作で衝突防止警告音が鳴り海軍水中戦研究センター専用ふ頭に一般船舶が近づかないようにした。長官はにっこりと笑った。
趣味で心電図を読んでいた物理学博士のカーター長官にとって海軍の研究実験現場訪問は技術オタクとして興奮するとともに戦略面でもおおきな満足を感じる場になった。長官は「イノベーション」を合言葉にしたが、優秀で創造性あふれた研究技術職とともに過ごしたこの午前で長官が望む方向性があらためてあきらかになった。 国防軍事筋は「旧式装備に驚異的な新性能を与える」のを目標とすべきだとカーター長官はこの訪問時に訓示した。試作製造で発想が実験研究段階と調達業務が乖離する「死の谷」を超越すべきだ。特殊装備は少数配備で十分だと認識する必要がある。また「接続領域」つまりバラバラだった作業を統合して空陸海さらに宇宙やサイバー、海中で大きな成果を発揮する方法を模索すべきだ。 NUWC-4無人舟艇をカーター長官はナラガンセット湾内で操作した。(Bradley Peniston / Defense One)
国防長官は研究施設の視察中に方針の実現例となるプロジェクト数例に目を向けた。無人舟艇がそのひとつで、第五…

★有人戦闘機が無人機多数を運用する日がやってくる----AIと自律運航の技術開発の動向

イメージ
SHARE & EMBED Air Force Fighter Jets Will Control Drones KRIS OSBORN Friday at 5:14 AM http://www.scout.com/military/warrior/story/1671684-special-future-drones-more-lethal-stealthy
無人機多数が戦闘機と一緒に飛行して偵察、武器輸送、電子戦、目標補足で支援を提供する日が来そうだ。 米空軍科学主任によればF-35パイロットが無人機編隊を統制し、機体の周りを飛行させながら敵探知、偵察、目標捕捉を行わせるようになる。 現時点では無人機の飛行経路、センサー操作、兵装放出は地上で操作しているが、将来は戦闘機のコックピットで無人機の制御が可能になるとグレッグ・ザカリアス博士がScout Warriorの取材で述べている。 「自律性と人工知能で無人機の価値もあがります」という。 実現すればミッション概念、柔軟性、効果が大幅に引き上げられ、ジェット戦闘機のミッションで兵装、センサー、目標捕捉技術が今より多く利用可能になるとザカリアスは述べる。 例えばプレデター、リーパー、グローバルホークの各無人機が送るリアルタイム画像がF-35のコックピットで見られれば戦闘機パイロットは目標捕捉や戦術データ処理を迅速に行える。変化が速い戦場環境で処理が早くなれば大きな差が生まれる。 「現場からは『ミサイルをもっと多く搭載しないと防衛網を突破できない。EW対抗措置のペイロード余裕がない』との声は必至でしょう」とザカリアス博士は述べ、「高出力マイクロウェーブ技術はゆくゆく専用機材を必要とするはず。問題はパイロットへの過重な負担をどう回避するかです」 敵の防衛線やハイリスク地帯で無人機を先行させれば防空体制があらかじめ把握できパイロットの負担を減らせる。 「決定支援機能がコックピット・地上双方で使えるほか自律運航のシステムが利用可能になります。例えばウィングマンとして兵装を搭載するとか、ISRを実施するとか、あるいは局地防衛が可能になるでしょう」 コンピュータ技術の向上で「人工知能」が実施できる任務内容が急速に変貌している。なかでもザカリアス博士が「意思決定支援」と呼ぶ分野で変化が大きい。これは情報の解釈、整理、解析、通信でマシンが大きな役割を…

★F-22生産再開に米空軍で初めて前向き発言したウェルシュ参謀総長に注目

イメージ
もし本当にF-22を生産再開すれば、当然日本はイスラエルと並んで購入を期待されるでしょうが、参謀総長の言うように第六世代機(まだ概念も完成していません)の実現を差し置いて実現するのであれば考えてしまいますね。F-35が予算拠出元となればそれはそれでいいのですが、これは議会対策含め老獪なウェルシュ大将流のレトリックで次世代機の開発に向かった方が得策ですよと言っているのではないでしょうか。

Welsh: F-22 Restart for US Air Force Not 'A Wild Idea'
Lara Seligman, Defense News3:14 p.m. EDT May 26, 2016 http://www.defensenews.com/story/defense/air-space/2016/05/26/f-22-restart-not-wild-idea-says-welsh/84971806/ (Photo: John Rossino/US Air Force) WASHINGTON — ロッキード・マーティンのF-22生産ライン再開をめぐり米空軍や産業界から非現実的との声がある中、退任近づく空軍参謀総長から突飛な思い付きではないとの声が26日木曜日に出てきた。 マーク・ウェルシュ大将の発言は議会の申し出に空軍上層部がF-22生産再開は絵に描いた餅とけんもほろろな中で初めて空軍から出た前向きな反応となった。 議会はかねてから生産ラインを閉鎖した五年前のロッキード決断を批判してきた。しかしF-22生産再開が勢いをつけてきたのは今年に入ってからで、下院は本会議で議決済みで上院が可決すれば法案が晴れて成立し、空軍に正式に生産再開の検討を求めることになる。 議会の求めに応じて空軍はすでにF-22生産再開の場合を想定した検討は始めているとウェルシュ大将は述べた。再開の場合は第六世代戦闘機の代わりにF-22を生産するかもしれないという。ウェルシュ大将は空軍協会主催の会合で発言している。 空軍幹部は生産再開はけた違いの費用になると述べてきたが、ウェルシュ大将は「とんでもない案ではない」と述べた。 「突飛な発想ではないでしょう。F-22は成功した機材であり、性能と操縦する乗員の技量は突出しています。期待通りの仕事をしてくれることは実証ずみですよ。投入方法も変わ…

韓国がGEエンジンをKF-Xに選定

イメージ
S. Korea Picks GE to Provide Engines for FightersAgence France-Presse9:50 a.m. EDT May 26, 2016 http://www.defensenews.com/story/defense/policy-budget/industry/2016/05/26/s-korea-picks-ge-provide-engines-fighters/84963934/ (Photo: KAI) SEOUL, South Korea — 韓国は戦闘機開発事業で米ジェネラルエレクトリックのエンジン採用を決定したと政府関係者が明らかにした。 国防調達事業庁DAPAの広報官はAFPに「6月に正式契約を調印したい」と述べた。. GEエイビエーションがユーロジェット共同事業体(ロールスロイスホールディングsとMTUエアロエンジンAGなどが構成)を下す形で選定された。 韓国はこれから十年間で「国産」次世代多用途戦闘機を(韓国向けに)120機生産し、F-4、F-5の後継機とする構想だ。 韓国戦闘機実験機(KF-X)には18兆ウォン(152億ドル)の予算が付き、インドネシアも一部費用を負担することで今年初めに調印している。 インドネシアは(50機の調達をめざし)費用の二割を負担し、最高で100名を開発生産に参画させる。 DAPAは政府官庁で事業統括の立場だが、産業界では韓国航空宇宙工業(KAI)がまとめ役として事業を推進していく。 KAIは昨年三月にロッキード・マーティンと組み契約を獲得している。 韓国はロッキード・マーティン保有のジェット戦闘機関連技術25件を利用したいとして居tが、米政府がこのうち4点の移転を禁じている。その機微技術にはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA) レーダーが含まれている。■ なお対象のエンジンはF414-GE-400とのことでユーロジェットEJ200を性能、価格、現地生産化、事業管理のすべてで上回ったのが選定の理由と調達事業庁は発表しています。

ペンタゴン報告書から中国の核戦力整備の最新状況を読み取る

イメージ
アメリカ科学者連盟と言いながらしっかりとした情報分析をしているのはさすがです。中国の核関連では進んでいるようで進んでいない開発配備状況が見えてきますが、引き続き日本としても状況を注視していく必要があるでしょうね。ミサイルの中には日本に照準を合わせているものがあるはずですから。
Pentagon Report And Chinese Nuclear ForcesBy Hans M. Kristensen Posted on May.18, 2016 in China, Nuclear Weapons by Hans M. Kristensen http://fas.org/blogs/security/2016/05/chinareport2016/
ペンタゴン発表の中国軍事開発状況の報告書最新版は通常兵器を多く取り上げているが、核兵力の最新状況でも重要な内容が含まれている。 ICBM配備数はこの五年間ほぼ同じ 新型中距離弾道ミサイルの供用を開始した 新型中間距離弾道ミサイルは未配備のまま SSBN部隊が抑止力任務をまもなく開始する 爆撃機の核運用能力の可能性 中国の核政策の変更あるいは現状維持
ICBM開発の動向 中国のICBM部隊の整備状況が関心を集めている。新規開発もあるが、今回のDOD報告書ではICBM配備数はこの五年間に伝えられたものと同じ水準で60発程度とする。DF-31の配備は停滞しており、データからDF-31Aの導入も20から30基と少数と見られる。
2012年度報告では2015年までに「中国はさらに道路移動型DF-31A発射台を配備する」としていたが、その通りに推移していないようだ。 DOD報告が伝えるICBM発射台の数は大幅にばらついており、2003年は30基程度としていたものが2008年以降は50から60程度としている。2011年から2016年の間に25基もの差異がが出ている。これは40パーセントにのぼる誤差でそれだけ不確実だということだがここ数年は10パーセントに落ち着いている。とはいえ中国ICBM本数が大幅に増えていないのは確実だ。 発射台の数は安定しているといえるが、DOD報告書ではミサイル数は増えているとし、発射台50から75に対しミサイル75から100本だとする。これはこれまでのDOD報告と一貫性を欠く。これまで発射台の数とミサイル本数が一致するかわずかにミサイル…