スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

アジア太平洋初のF-35A実戦部隊が日本で誕生 航空自衛隊302空

Japan declares F-35A squadron initial-operation capable 日本がF-35A飛行隊の初期作戦能力獲得を宣言Japanese F-35A F-35 Joint Program Office

29 MARCH, 2019 SOURCE: FLIGHTGLOBAL.COM BY: GARRETT REIM LOS ANGELES https://www.flightglobal.com/news/articles/japan-declares-f-35a-squadron-initial-operation-capa-457019/
航空自衛隊初のF-35A運用部隊として302戦術飛行隊が3月29日新体制で発足した。 同隊は第3世代三菱F-4EJ改をF-35に機種転換した。三沢航空基地で運用する。 F-35の実戦飛行隊は米海兵隊、米海軍、米空軍、イスラエル空軍、イタリア空軍、英空軍、英海軍で運用中でここに日本が加わった。 「F-35事業で大きな一歩になった。インド太平洋でIOCを獲得した初のF-35部隊だ」とF-35事業統括のマット・ウィンター中将が語る。「今回の成果は事業がグローバル化している証拠であり、F-35共同事業推進室(JPO)は同盟国日本との長年に渡る絆を重視する。当JPO、日本側F-35事業推進体制、産業界協力企業、航空自衛隊の間の協力関係あってこそ今回の達成となった」 302飛行隊配属の初号機は三菱重工業がF-35向け最終組立点検施設がある名古屋で製造した二号機だ。日本はイスラエル、韓国、ベルギーとならび海外軍事販売制度による同機導入国である。 JPOによれば生産型F-35は360機生産され世界各地に納入されている。各機合計で177千時間を飛行しており、養成パイロットは760名、整備要員6,900名が訓練を修了し機材支援にあたっている。■ Japanese F-35A F-35 Joint Program Office

日本が開発中の超音速対艦攻撃ミサイルに注目

Two XASM-3 missiles fitted on a Japan Air Self-Defense Force F-2 Fighter during recent tests (May 2017). Picture via twitter user @MR2AW11SP Supersonic Strike: Japan Has Some Big Plans to Sink China's Navy In a War 超音速攻撃で中国艦を撃破する日本の遠大な計画by Michael Peck March 23, 2019  Topic: SecurityRegion: AsiaBlog Brand: The BuzzTags: JapanChinaSupersonic WeaponsAnti-ship MissilesPLAN https://nationalinterest.org/blog/buzz/supersonic-strike-japan-has-some-big-plans-sink-chinas-navy-war-48697
日本が空中発射式長距離対艦巡航ミサイルの開発を進めている。中国が長距離空対空ミサイルミサイルを開発中のため日本側機材は対艦兵器を遠距離地点で発射しないと撃墜されるリスクが増すためだ。 岩屋毅防衛大臣は「一部諸国」の艦船で長距離防御力 が整備されていると発言したが大臣の真意が特定国であるのは疑う余地がない。 毎日新聞は「超音速ASM-3空対艦ミサイルの射程を現在の200キロ未満から400キロ超にし、南西島しょ部の防衛力を増強する案」を伝えている。 「F-2が2030年代に退役となるが岩屋防衛相は後継機に射程距離を伸ばしたミサイルを搭載すると述べた」(毎日新聞)。日本は国産ステルス戦闘機F-3の開発中だ。

★時代の先を行き過ぎたYF-23がF-3として復活する可能性はあるのか

コメントは下にあります。



Study This Plane: It Could Be Japan's New Stealth Fighterこの機体に注目 日本の新型ステルス戦闘機の原型になるかも

Look familiar? by Sebastien Roblin March 29, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: MilitaryTechnologyWeaponsWarJetsYF-23 https://nationalinterest.org/blog/buzz/study-plane-it-could-be-japans-new-stealth-fighter-49637
制空任務に主眼を置く航空自衛隊向けステルス戦闘機F-3の開発で日本が海外提携先を模索している。ロッキード・マーティン提案のF-22ラプターとF-35ライトニングIIのハイブリッド版に注目が寄せられたが、一部にF-22のライバルで採用に敗れたノースロップYF-23ブラック・ウィドウIIが復活すると見る向きがある。同機は性能面でラプターを凌駕していたといわれる。 1981年、ペンタゴンは高性能戦術戦闘機(ATF)競作を開始しソ連Su-27フランカーやMiG-29フルクラムにドッグファイトで勝利できる次世代ステルス戦闘機の実現を目指した。当時ステルス機といえばF-117ナイトホークもまだ開発中であり、同機に空対空戦の想定や超音速飛行高性能はなかったので新型機の想定は大きく飛躍した内容だった。米空軍はATFにスーパークルーズ機能も盛り込み、技術的な課題にもなった。

F-117が開いたステルス機の歴史と今後の展望

コメントは下にあります。



Sad Stealth: Was the Lockheed Martin F-117 Nighthawk Retired Too Soon? 悲運のステルス、ロッキード・マーティンF-117ナイトホークの退役は早すぎたのかOr was it too old to be a threat? by Dave Majumdar March 24, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-117F-35F-117 Stealth FighterMilitary https://nationalinterest.org/blog/buzz/sad-stealth-was-lockheed-martin-f-117-nighthawk-retired-too-soon-48932
米空軍で今後の戦力構造の検討が進む中、ステルスの進化過程をふりかえるのに意味があろう。はじまりはロッキード・マーティンF-117ナイトホークだった。同機は2008年に退役したが今日でも有効活用できるだろうか。 中程度の脅威として例えばイランが相手なら可能だ。だがハイエンドのロシア、中国相手では疑わしい。技術はF-117の構想時から相当進歩している。 1970年代に開発が始まり、1983年に極秘裏に作戦投入可能となったF-117が新時代の扉を開き、その後数十年にわたる航空優勢を米国に確保した。皮肉にもナイトホークを実現した理論のルーツはソ連論文「ゆがみの物理理論における末端波形」であった。この論文はロシア人ピョートル・ヤコヴレヴィッチが1962年に発表したもののその後忘れられていた。ロッキードのスカンクワークス技術員デニス・オーヴァーホルサーがロシア物理学者の方程式の潜在可能性に着目した。 オーヴァーホルサーからスカンクワークスが絶望のダイヤモンドと呼ぶコンセプトが生まれた。その形状で驚くほどレーダー断面積減少効果があると判明した。そこでペンタゴンはロッキードに即座に契約を交付し、実証機ハブブルーHave Blueを製造させ高度残存可能試験機Experimental Survivable Testbed (XST)の実現をめざした。ペンタゴンはワルシャワ同盟軍による防空体制の突破方法を模索していた。冷戦が第三次世界大戦になればNAT…

複座型F-15EXのみ導入し、後部座席は空のまま運用する米空軍方針が明らかになった

F-15X採用でこのブログ読者に戸惑い、疑問が噴出しましたが、産業構造維持という殺し文句で鎮静したようです。いろいろな意見はでましたがF-35一本ではやはり不安が残るというのが本音でしょう。米空軍もステルス命としていたのは予算の余裕がないことを自覚していたからにほかならなず、バランスを考慮する余地はあったはずです。まして今回の採用は国防総省の意向が大きく働いています。それにしても、1970年代初飛行の機体が進化するとはいえさらに30年供用するのは1940年代のマスタングが1980年代末に派生型になり、2010年代まで供用されるのと同じですね。イーグルがいかに費用対効果が高い設計の機材であることがよくわかります。

USAF Plans To Fly New F-15 With Empty Back Seat新型F-15は後部座席を空のまま運用する米空軍の方針
Mar 27, 2019Steve Trimble | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/usaf-plans-fly-new-f-15-empty-back-seat F-15 2040C: Boeing

ボーイングの複座F-15EXは現在単座F-15Cを運用中の飛行隊が後部座席を空のまま飛ばす方針を米空軍がAerospace DAILYに認めた。 米空軍はすくなくとも144機のF-15EXを導入し、うち80機は今後5年以内に調達しF-15Cの老朽化に対応する。 F-15EXはF-15Cと同じ制空任務、F-15Eの戦闘爆撃機任務の双方をこなす設計で、うち後者では後部座席で兵装システム士官が地上攻撃を担当し、パイロットは操縦や空対空戦に専念する。 F-15EXには操縦席がふたつつくがパイロットが空対空戦、空対地戦を一人で担当すると空軍は説明。F-15EXは現在F-15Cを運用中の飛行隊に納入されるが、兵装システム士官は搭乗せず後席は空とする。 「F-15EXを受領する飛行隊は現行任務を現行の搭乗員体制で行う」と空軍広報官がAerospace DAILY照会に回答した。 F-15CパイロットはF-15EXで期待される役割が拡大になるが転換訓練コストは増えないと空軍は見ている。「搭乗員訓練の要求項目は増えない」(空軍広報) ボーイン…

北朝鮮が旧式機を温存するのは有人巡航ミサイルのカミカゼ攻撃をするため?

Would North Korea's Air Force Go "Kamikaze" In a War? 北朝鮮空軍が「カミカゼ」攻撃をしかける?A scary thought. by Dave Majumdar March 20, 2019  Topic: SecurityRegion: AsiaBlog Brand: The BuzzTags: North KoreaMilitaryTechnologyWorld
https://nationalinterest.org/blog/buzz/would-north-koreas-air-force-go-kamikaze-war-48247

北朝鮮の朝鮮人民空軍(KPAAF)を韓国防空司令部は世界トップレベルの戦力とみなしていない。 とはいえ、北朝鮮軍が狂信的といえるほど金正恩、金政権に仕えている様子を見ると、ソ連時代の共産体制というよりも儒教とスターリン主義の合体のようであり、現政権の存続はそのまま軍の存続につながるので、休戦状態が終了すれば朝鮮人民軍は最高指導者あってこその組織として猛烈な戦闘態勢に入りそうだ。 KPAAF保有の機材が古色蒼然たる装備でも狂信的な決意を有する敵が運用すれば相当の効果をあげることもありうる。 北朝鮮の保有機材でも最古参は瀋陽J-5で、1950年代のミコヤングレヴィッチMiG-17フレスコのコピー機だ。もう一つ古い機材に瀋陽J-6がありこれはMiG-19ファーマーの派生型で、北朝鮮は97機を保有している。 J-5、J-6ともにどうしようもなく旧式で普通に投入されれば米軍や韓国軍の格好の標的となる。だが標的になることで効果が生まれそうだ。地対空ミサイルやAIM-120AMRAAMは高価かつ在庫が少ない。こんな旧式機を相手にこうした装備を投入すればミサイルの無駄遣いだ。

金正恩暗殺は実施可能な選択肢なのか

本当に面倒くさいので誰かこのデブを抹殺してくれれば気持ちが生成するという方は多いのでは。しかし、物事はそんなに単純ではないというお話です。

Worst North Korea Idea Ever: Assassinating Kim Jong Un To "Solve" The Problem 金正恩暗殺は最悪の北朝鮮問題の解決策This would make things far worse.by Daniel R. DePetrisFollow @DanDePetris on TwitterL March 22, 2019  Topic: SecurityRegion: AsiaBlog Brand: The BuzzTags: North KoreaKim Jong-unDonald TrumpAmericaNuclear https://nationalinterest.org/blog/buzz/worst-north-korea-idea-ever-assassinating-kim-jong-un-solve-problem-48597
サリンガスを使った襲撃の画像がホワイトハウスのシチュエーションルームに届いた。ドナルド・トランプ大統領は国家安全保障会議に具体的選択肢を翌日提示するよう命じた。国防長官ジェイムズ・マティス、国家安全保障担当補佐官H・R・マクマスター、統合参謀本部議長ジョセフ・ダンフォードが国家安全保障の原則に則り打ち合わせ、トランプ大統領が巡航ミサイル59発をアサド政権の航空基地にあるガス攻撃拠点に打ち込む命令を米海軍に下した。