スキップしてメイン コンテンツに移動

★★世界いかなる場所にも24時間以内に展開する「ラピッド・ラプター」構想の持つ意味とは

F-22を制空戦闘機としてのみ見ているとこの記事の趣旨が理解できないと思います。たしかにシリア戦線で戦闘デビューしたラプターは当初こそ何ができるんだと揶揄されても仕方ない存在でしたが、戦術の改良と訓練により対地攻撃能力も開花させたのでしょうね。配備機数が少ないこともあり大量投入は不可能なので、初回に効果の高いパンチを敵にお見舞いすると言う構想のようです。



"Rapid Raptor": The Air Force Can Attack Anywhere with a Stealth F-22 in 24 Hours 米空軍は「ラピッド・ラプター」構想でF-22を24時間以内に世界の任意の場所へ派遣し攻撃する

March 13, 2019  Topic: Security  Blog Brand: The Buzz  Tags: F-22RaptorF-22 RaptorMilitaryTechnologyWorld


空軍は「ラピッド・ラプター」でF-22の四機編隊の迅速派遣をめざす。文字通り世界いかなる場所にも24時間以内到達を目標とし、急速に展開する世界情勢に対応する。
構想自体は数年前から存在し、F-22の4機、乗員、C-17による支援、燃料、整備、兵装を迅速に世界各地に派遣し、高速攻撃、第一撃を実施するのが狙いと空軍関係者が述べる。
F-22の即応体制はひとえに新ソフトウェアの実現にかかっており、ソフトウェアを順次連続改良する「パイプライン」方式を目指している。
「ソフトウェアに古臭いルールを適用する余地はない。これまで違う形のソフトウェア開発が必要だ。F-22では従来型の調達方法を引き渡しまで継続する流れとして再編した」とウィリアム・ローパー空軍次官補(調達技術補給担当)が空軍協会主催のシンポジウムで語っている。
「迅速調達」でソフトウェアに重点を置く空軍はF-22で新型兵器二点を有効化した。機体、兵装、搭載方法やセンサーといったハードウェアすべてをソフトウェアで性能向上するのがF-22の基本設計思想だ。
2つの新兵器は既成装備の高性能版でAIM-9X空対空ミサイルとAIM 120-Dだ。
速いペースでソフトウェアを中心とする戦略の狙いは「ラピッド・ラプター」を強化し配備中のF-22部隊で最適の威力が発揮できるよう維持することにある。
F-22を「第一撃」兵器にする
第一攻撃手段にF-22ラプターを使う意義は大きいと専門家は見ており、ステルスと空対空戦闘技術で強固に防衛された敵領空で攻撃を仕掛けることが可能だからだ。
空からの攻撃が必要となる緊急事態の大部分でF-22が第一陣として攻撃力を発揮する想定で、敵空軍力の脅威を排除しステルスを生かし敵防空体制の破壊が期待される。これで「空の回廊」を作りその他機材に道を開く。F-22は高高度ステルス爆撃任務の想定はないが敵戦闘機さらに防空体制の破壊には最適である。
ラプターは第四世代機のF-15やF-18と運用する設計思想で空爆部隊に道を開くのみでなく搭載する長距離センサーで標的探知し第四世代機の攻撃を誘導する役目もある。
ラピッド・ラプター構想は空軍太平洋司令部がまず提唱し航空戦闘軍団(ACC)が世界規模に拡大したと空軍は説明している。
「ACCのラピッド・ラプター構想はPACAFの原案が戦域範囲だったのを世界規模に拡大したものだ」とACC広報係が昨年Warrior Mavenに伝えてきた。
ラピッド・ラプター構想の一環でACCがF-22をヨーロッパに前方配備したのは2015年と2016年のことだった。ヨーロッパでのラピッド・ラプターはペンタゴンのめざす拡大ヨーロッパ政策の一環として抑止力に重点をおく部隊を各地に配備しつつ同盟国間の「団結」「共同作戦体制」にむけ各種演習を展開するDoDとNATOの狙いと軌を一つにする。
ロシアの動向に対応する部隊として誇示する以外にこうした演習で「機動性」と迅速な展開配備を見せる戦略的な意味がある。
空軍関係者がラピッド・ラプターで特定国を狙う意図はないと慎重に説明するが、ヨーロッパ展開にはロシアとの緊張が厳として存在する以上、対抗措置として大きな意義がある。
また大国同士の大規模武力衝突に24時間以内に対応する以外にラピッド・ラプターには想定外の遠隔地や「厳しい」標的への対地攻撃の想定もある。
世界の任意の場所で攻撃の必要が突如発生すれば、F-22の小規模編隊が現地に向かう。ここで大事なのは近年の世界規模の戦闘環境を考えるとF-22による対地攻撃あるいは近接航空支援が重要度を増している点だ。
これまでF-22は速力、操縦性、ドッグファイトでの優位性から制空戦闘機として見られることが多かったが、イラク、アフガニスタンでの空対地攻撃の実績から同機の対地攻撃能力が強く認識されている。
F-22は近接航空支援でA-10にはなれないが、搭載20mm機関砲で対ISIS攻撃に投入されたと関係者が述べている。アフガニスタンでもタリバン施設の攻撃で実績をあげたという。
こうしたミッションを実行すべく、F-22は対地攻撃専門の共用直接攻撃爆弾GBU 32やGBU 39、小口径爆弾の運用も可能となっている。
Osborn previously served at the Pentagon as a Highly Qualified Expert with the Office of the Assistant Secretary of the Army - Acquisition, Logistics & Technology. Osborn has also worked as an anchor and on-air military specialist at national TV networks. He also has a Masters Degree in Comparative Literature from Columbia University.
Some background portions of this story first appeared last year.

This first appeared in Warrior Maven here.

コメント

  1. F-22は開発当初から、敵防空体制の強固な空域でも作戦を実行できる機材として作られたハズ。でも、ペンタゴンがF-22の情報が漏れるのを恐れて出し惜しみをしてしまったため、国内からも高価な費用をかけて作った意義を問われることになってしまったため、ここに来て役割を明確にしたのでは?と推測します。
    ただし、良くわからないのは、対地攻撃も十分可能なようにする為に、レーダー他のアビオニクスのソフトウェアだけを改良して対応できるのか、それともハードウェアも新型に変更する必要があるのかが記載されていないですね。最近のミサイルのシーカーは高性能ですが、スティルス機で武装はウェポンベイに内臓が基本と考えると、機体本体のレーダー他のハードウェアも改修した方が良さそうな気がしますが。。。(そうすると、限りなく日本のF-3開発に提案した機体に近くなりますが)
    まぁ、この先F-22が実戦投入される事例が増え、どのくらいの成果を上げられるのかが楽しみになりました。どのくらいの実力を見せてくれるのでしょうか?

    返信削除
  2. 上記の構想に従った攻撃の上で、空母機動部隊が沿岸に展開されたら、確かに為す術が無いですね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

F-15J用に新型国産空対空ミサイルの導入に向かう防衛省

Japan Revives Hope For Local Missiles On Upgraded F-15sJul 22, 2019Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/japan-revives-hope-local-missiles-upgraded-f-15s AAM-4: Niranira

日本の防衛省が三菱電機製AAM-4B空対空ミサイルをF-15改修に合わせ搭載させる構想の復活を狙っている。 構想はまだ初期段階だが、戦闘機用空対空ミサイルでレイセオンの供給独占体制が崩れる可能性が出てきた。日本のF-15はまず20機が2019年から2024年にかけ性能改修を受け、対象は102機に及ぶ。 ただし防衛装備庁は7月17日付でAAM-4Bを改修機へ統合する調査の提案募集を発表している。同庁は2020年までの調査完了を期待している。 防衛省への取材で改修対象機はレイセオン製APG-82レーダーを搭載するが調査を受けて米側の合意がないと実際の搭載はできないと述べた。 同じ空対空ミサイルと言ってもレイセオンのAIM-120Amraamと違い、AAM-4Bはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを搭載する。原型はAAM-4だが大型化し推進剤の搭載量を増やしてAmraamの射程を超える可能性もある。 .同省はAAM-4Bはゆくゆくは共用新型空対空ミサイル(JNAAM)にその座を譲ると見ている。JNAAMとはラムジェット推進方式のMBDA製メテオを原型に日英両国で開発するもの。 JNAAMでもレーダー統合に米国の許認可が必要となる。 AAM-4B導入はJNAAMの実用化が失敗した場合のつなぎを防衛省が考えていることが明白だ。
提案企業の資格要件として「AAM-4ならびにAAM-4Bの設計性能分析に経験」を有するものとあり、三菱電機と戦闘機製造で日本の最先端を征く三菱重工業が対象となっているのは明らかだ。応募締切は8月5日。■

★★航空自衛隊F-15新規改修の方向性が見えてきた

US government, Boeing to help Japan upgrade missile, electronic warfare capabilities for F-15 jets 米政府、ボーイングが日本のF-15改修を助け、ミサイル搭載本数、電子戦能力の向上をめざす

By: Mike Yeo https://www.defensenews.com/digital-show-dailies/japan-aerospace/2018/11/30/us-government-boeing-to-help-japan-upgrade-missile-electronic-warfare-capabilities-for-f-15-jets/

ボーイングが発表したF-152040Cミサイル搭載本数増加版の想像図 (Courtesy of Boeing)日本がF-15イーグル戦闘機の改修を企画中で米国政府、ボーイングの支援を想定と防衛省関係者が語った。 宇野 茂行(防衛政策局防衛政策課主席次長)は米国・ボーイングは海外軍事販売制度を使う想定で日本国内の防衛産業も加わるとDefense Newsに語った。 防衛省はでF-15J/DJのうち2機の改修予算を概算要求89百万ドルとしているが、これが今後の改修作業の原型となるのだろう。さらに386.7百万ドルを経常外予算で要求している。 改修で「新型電子戦装備で周辺国の能力向上に対応する」とある。また搭載ミサイルの本数を増やすねらいもあり、AGM-158共用空対地スタンドオフミサイル等のスタンドオフ兵器搭載も可能となる。 ボーイングは日本国際宇宙展でF-15高性能版の模型を展示した。現行F-15は最大8発搭載仕様だが、大幅に増える。 View image on Twitter Mike Yeo 杨启铭@TheBaseLeg