2019年3月16日土曜日

2020年度予算にF-15Xが正式に盛り込まれた。その他F-5の22機調達が目を引く


8 F-15Xs For USAF And 22 F-5s For Navy In 2020 Budget Request

2020年予算にF-15Xの8機と海軍用F-5の22機の要求

The F-15X is officially real and the Navy and Marines are set to get a fresh influx of badly needed aggressor airframes.

F-15Xが公式に実現し、海軍海兵隊には必要だったアグレッサー機材調達が実現

BY TYLER ROGOWAYMARCH 12, 2019
ンタゴンが次年度予算案を本日公開し、大枠だけがわかった。重要な内容はF-15X調達が公式になったこと、F-5E/Fの22機調達の2つだ。
F-15X調達は予想通りでその存在を昨年7月に初めて報じていた。今回は初回調達規模が明らかになり、F-15EX(単座型)8機を2020年中に概算11.174億ドルで導入する。予算には初期導入8機分以外にイーグル輸出仕様にない装備の統合開発経費の他、調達業務立ち上げと予備部品サポート分も含む。
同機の単価はUSAFがボーイングと確定契約を結ぶまで不明で上記金額は変更の余地がある。
USAF
整備場でF-15Cの主翼を取り外している。F-15C/D部隊の老朽化が進んでおり、今後も飛行可能に保つためには相当の予算が必要となる。

F-15X調達の追加はF-35のみを導入するとしてきたUSAF関係者の従来の言い分と異なる。その意味は明白だ。「F-35のみ」としてきたDoD路線は終わった。価格面ならびに各種機種を組み合わせた戦力構造で即応体制を引き上げると空軍は公言している。
これでバランスの取れた戦力構造に向けた調達が生まれる余地ができた。
USAF幹部が現実対応として考えてきた内容が二十年近く採用されないまま戦闘機調達と部隊編成されてきた。USAFは2020年にF-35を48機調達し、戦術戦闘機の柱として今後もその地位を守る。
F-15XとF-35の同時調達を企画する空軍だがF-15C/Dを運用中の部隊にF-35の導入予定はなく、予算案は議会承認が必要だ。F-35に特殊利権を有する議員がすんなりと承認しないのではないか。すでにF-15Xの小規模導入に反対の意向を示す議員も現れている。
話題を海軍に移すと、今回の予算要求に22機のF-5E/FタイガーIIがあるのが目を引く。機体はスイス空軍から購入し、敵機役を演じる支援任務にあてる。F-5N/F44機が海軍二個飛行隊、海兵隊一個飛行隊で供用中だがこれもスイス空軍の余剰機材だった。それも十年近く前のことで現有機材は老朽化が進む一方で需要は増加している。
USN
F-5N

一部需要は民間業者委託で埋めてきたが、海軍は現有F-5の全機退役は将来避けられないと機材補強を迫られてきた。F-5はアグレッサーとして運航経費とともに実績を実証ずみなので別機種に交替すれば経費は大きく増加してしまう。
このためペンタゴンがF-5を新たに22機スイス空軍から入手し、ノースロップ・グラマンのセントオーガスティン施設で再整備し今後もアグレッサー任務の継続を図るのはしごく当然のことだ。
民間業者TacAirが海軍の「第四世代」敵機契約を改修型F-5で獲得していることからF-5が民間企業でも引っ張りだこになるのは間違いない。
言い換えれば海軍はスイスのタイガーII機材が入手できるうちに手を付けたことになる。
再整備後の機材を海軍がどう運用するか不明だが、既存F-5部隊を補強し、飛行時間の節約効果をで供用期間を伸ばす狙いがあるのか、新規のアグレッサー部隊を編成するのだろう。以下の予算説明でこれ以上のことはわからない。
海軍省はF-5E/F機材をスイス政府より調達しUSNおよびUSMCの訓練用敵機機能をサポートする。F-5は敏捷かつ高度の操縦性があり信頼性の高い超音速戦闘機で高度の空力特性とエンジン性能、低運航経費を特徴とする。
海兵隊は先にF-5を20機余り追加し米国各地の訓練基地に分散配備することで空対空訓練需要の増加に対応したいとしていた。
USN

これまでハリヤーが空対空防御戦でこの任務についており、AV-8B+はAIM-120AMRAAMの運用が可能となっていた。海兵隊の旧型ホーネット部隊は対テログローバル戦争で対地ミッションにに酷使され、老朽化したホーネットでは空対空戦能力は見劣りがしていた。
F-35B/Cには高性能センサー融合とステルス能力がつくが、パイロット訓練に敵役の機材がどうしても必要だ。USMCに残る後期型ホーネットには高性能のアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーが搭載され空対空戦訓練では敵機役機材に需要が増えている。その背景にはペンタゴンが大国間武力衝突に再び焦点を当てており、空対空戦訓練に以前より高い優先順位がついていることがある。このため供用中機材とあわせ委託業者の機体で対応する。
以上を念頭にスイス空軍の余剰F-5の調達は予算上で合理的選択となる。
今回対象の機材に予備部品等をつけても総額は39百万ドルとF-35C一機の三分の一以下だ。機体単価は1.8百万ドルということだ。ただし米本国に回送するとそれなりの費用がかかる。前回のスイスF-5各機は海軍海兵隊のKC-130Tに搭載され大西洋横断した。
各機がエイビオニクスの大幅改修を受け構造補強も施されるかは興味深い点だ。海軍はTacAirと同様に既成品を使うオープン・アーキテクチャアを採用し新型センサーやレーダーを搭載するのではないか。海軍のアグレッサーF-5部隊が新型レーダーやIRSTを搭載しており、ヘルメット搭載画像装置をつけ今後も長く供用に耐えるはずだ。
以上の調達について今後詳しく見ていく。ペンタゴンの2020年度希望リストは未公開だが今後お伝えする内容は続々と出てくるはずだ。■
Contact the author: Tyler@thedrive.com

5 件のコメント:

  1. 正式にF-15X導入がアナウンスされましたが、議会ではまだまだ導入可否の論争を呼びそうですね。こんな下らない議論が続くなら、いっそ、F-22をアビオニクスや機体表面の素材を更新して、再生産したほうがマシなんじゃない?とも思ってしまいます。高くても、長く使えそうですし。。。
    それ以上にアグレッサー機としてF-5を買うことになったことが目を引きます。しかも、これは民間の請負業者を利用するようですね。日本では考えられないことですが、米国ではあるんですね。興味深いです。しかし、こうしてみると、F-5は安価で性能が良い機体だったんですね。日本には導入されなかったため、F-4に比べてあまり注目されませんが。まぁ、先のインド-パキスタンの衝突ではMig-21が未だ現役ですから、F-5が現役でも不思議じゃ無いですが。
    日本では機体数の制限のように全く馬鹿な縛りがあるようで、古い機体の再利用などとても考えられないので、柔軟な発想ができる米国がうらやましいです。

    返信削除
  2. 忘れてはならないのはF-22の生産ラインは完全に閉じており再生産(改修含む)するには設備改修も予算化される。これは既存F-15部隊をF-35に置き換えるという話にも付いて回る話でF-15を運用する部隊の為に設備導入が必要でそれの維持費もかかる、だからF-15を使いづつける必要がある。またF-15xFBW化など維持費低減の話もありF-15部隊を多く抱えるアメリカが現実的に予算内で戦力を維持するにはF-15を改修、あるいは改修より低価格になりそうな新規生産という話もなんら不思議な話ではないでしょう。

    返信削除
    返信
    1. おっしゃる通りです。
      ただ、米空軍も第五世代機以外の調達を望んでいないようですし、米国議会でも、第四世代機の導入に反対する向きも多いようですから、また多々モメるんだろうなぁと思い、いっそ、元々F-15を更新する予定だったF-22でも再生産したら?と書いた次第です。
      実際には再生産と再試験の手間隙、費用が巨額で現実的ではないでしょうね。

      削除
  3. 今回のF-5は、あくまで海軍用で民間契約とは別でしょう。
    TacAirは、元々、F-5を運用しています。
    州軍まで含めると、需要がかなりあるようで、民間会社が結構あるようです。
    大手だと、ATACが戦闘機としてクフィル、電子戦機がホーカーハンターを使用しています。ドラケン・インターナショナルはA-4Kを使用しています。
    どれも4世代機相当には、なっているようです。
    まるで、エリア88やエースコンバットみたいです。
    特にクフィルは部品入手が大変らしいです。
    どれも古いので、T-Xを使いたいと言う話しが出るのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 「今回のF-5は、あくまで海軍用で民間契約とは別」
      米軍の五軍それぞれ違うのですね。ご教示ありがとうございます。

      削除

コメントをどうぞ。

航空機搭載レーザー兵器の実用度はここまで進んでいる。F-3の発電容量拡大も指向性エナジー兵器搭載を想定している模様。

Stars and Stripes   2017年にThe Driveが入手した米空軍のプレゼン資料では第六世代戦闘機に機体内部搭載あるいは「一体型」のレーザー装備を導入するとある。   4 月23日、空軍研究本部(AFRL)が光ファイバー方式レーザーをホワイトサンズ試射場(ニュ...