12月19日(月)のヘッドラインニュース




筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

中国はこうして米海軍UUVを捕獲した
捕獲したのはフィリピンのスービック湾から50マイル北西の公海上。米海軍パスファインダー級観測船USNバウディッチが「シーグライダー」を回収中だった。大朗Dalang-III級(992-III型)支援艦がボートを発進させUUVを捕獲した。なお中国支援艦は機関砲複数を搭載。米艦は非武装だった。シーグライダーは海中情報測定用に民生技術を応用しており、秘匿性はない。

バウディッチは中国艦に交信し、UUV返還を求めた。中国艦は応答したが要請を却下。UUVは無動力で秘匿性はないものの米海軍備品として米国は主権侵害と受け止めている。米情報機関は今回の事件を中国の挑発行為なのか偶発行為なのか見極めたいとする。回収のため停船中のバウディッチ乗員の目の前で中国海軍がUUVを回収した。


E-2Dが空中給油テスト
ノースロップ・グラマンが空中給油装備を搭載したE-2D発展型ホークアイの初飛行に成功した。これは米海軍から交付の開発契約の一貫。空母運用時のE-2Dは通常5時間の滞空しかできず、空中給油で飛躍的に作戦時間が増える。これに対し航空自衛隊が運用する予定の同機は陸上運用で離陸重量が増え、8時間の滞空が可能。

2017年に第三次大戦のスタートになりそうな5地点は
①朝鮮半島 ②シリア ③サイバー空間 ④南アジア ⑤バルト海 だとNational Interestでおなじみロバート・ファーレイが指摘。(この記事は別途ご紹介する予定です)

英海軍新空母に米海兵隊F-35B飛行隊を搭載
ファロン国防相が15日、クイーンエリザベス(2021年就航)に海兵隊機材を運用する方針を確認した。米国防総省と合意済みで英航空隊とともに空母運用するという。

アゼルバイジャンがアイアン・ドーム導入へ
イスラエルと合意形成でき購入するたアゼルバイジャン国防相が17日に述べた。アイアン・ドームはラファエル社開発の全天候移動型防空ミサイルで有効射程は4キロから70キロの範囲内となる。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目