2016年12月15日木曜日

ヘッドラインニュース12月15日(木)


12月15日のヘッドライン

筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。


イスラエル向けF-35初号機が到着
イスラエル仕様のF-35はi 型、愛称アディール(荒鷲)。12月12日、ネヴァティム空軍基地に二機が着陸した。式典にはネタニヤフ首相、リヴィリン大統領、リーバーマン国防相等の他、カーター国防長官、シャピロ米大使も参加。作戦可能となるのは2017年12月予定。

韓国空軍が新型巡航ミサイルを受領
ドイツ製タウルスミサイルは射程500キロ。40発が大邸基地に到着した。韓国空軍はF-15Kに搭載して運用する。さらに来年170発を導入し、韓国はスタンドオフで北朝鮮指導部を標的とした攻撃を構想している。

F-35関連トランプ発言で航空宇宙産業が動揺
大きすぎてつぶせない、として予算超過性能不足、納期遅れなどものともしないF-35事業だがトランプ次期大統領が直接批判したことで業界に少なからず影響が生まれている。大部分はトランプといえども事業縮小,中止は不可能としているが、一部ですでに「考えられない」可能性を検討する動きも出ている。一つの主張は米空軍戦闘機を拡充すべきときにF-35導入を遅らせたり、中止するのは考えられないというもの。ここに来て各サイトで議論が盛り上がっている。

航空機搭載レーザーの実用化が加速か
米空軍はレーザー兵器運用は2023年に開始する計画で2021年に実証実験を行う。出力は今後100キロワット級に増え、照準、誘導方式でも相当の革新を見込む。有人機、無人機に搭載し、航空機、無人機、舟艇、地上部隊を攻撃対象とする構想だ。


A400M新仕様の納入始まる
ドイツ空軍が受領した通算6号機は新仕様で過酷な戦場でも戦術運用が可能となった。未整地飛行場からの運用、空中給油能力を加えた他摂氏55度まで運用可能としている。さらに機体防御能力を引き上げ、昼間は150フィートでの運用も可能になった。受領済み5機も後日新仕様に改装される。




0 件のコメント: