12月7日のヘッドライン




12月7日のヘッドライン

筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

J-20を甘粛省に配備
民間商用衛星の画像により中国甘粛省Dingxi にJ-20が2機11月17日に到着しているのがわかった。同基地は米空軍ネリス基地に相当するウェポンスクールの所在地である。


新潜水艦「コロラド」
12月3日にコロラド州デンヴァー製発泡ワインを艦体に打ちあてて命名を完了した。同艦は2019年に就役し300隻体制を目指す米海軍の一部となる。ヴァージニア級攻撃潜水艦の15号艦の建造単価は27億ドル。コロラドの艦名はこれで四隻目。直近は第2次大戦の戦艦だった。

戦場で改良を続ける小型飛行船
常時情報提供のため小型飛行船がアフガニスタン等に投入され、有効性を証明している。無人機より費用が抑えられるのも魅力だ。従来の飛行船は低空に配置され脆弱だったが新技術で高空に数か月滞空できるようになっている。太陽光発電を応用してセンサーを使える。ただし軍は新政権の方針が出るまでは静観の立場だ。

米海軍がF/A-18E/F追加調達か
米海軍はF/A-18旧型ホーネットに代わりE/Fスーパーホーネット数十機程度の調達を検討していると判明した。決定となれば2018年度予算に盛り込む。旧型機の整備に手間がかかりF-35Cの供用開始が遅れていることもあり、70機程度のホーネット機体数が不足するという。

高性能無人ステルス偵察機を求める米空軍
米空軍はU-2やRQ-4グローバルホークを上回る性能のステルス無人ISR機材で内陸部の偵察飛行を実施する方策を求めている。すでにこの機体が完成している可能性もある。ではロッキード・マーティンRQ-170やノースロップ・グラマンRQ-180はどう運用されているのか。空軍は情報を一切開示していないが、嘉手納基地等が攻撃にさらされる可能性が増していることで長距離運用等の高性能化が必要なのは確実だ。

マティス次期国防長官候補に各界から賛意あいつぐ
「狂犬」と言われればいかにも恐れを招きそうだが、右派左派問わず同盟国からも人事を歓迎する声が強い。同大将の仕事ぶりを見てきた該当国でその傾向が強い。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目