ゲーツ国防長官の課題

-37A機上にて。 オバマ次期大統領がロバート・ゲイツ国防長官留任を発表してからわずか数時間後、同長官は本誌に今後は国防総省の調達制度を整理することに焦点を当てると語った。

ゲーツ長官は121日の本誌取材でハイテクを利用した米軍に匹敵する敵に対峙する場合、より安価な兵器でテロ戦争に立ち向かう場合、さらに将来は国家ではない敵との対立の場合を想定した軍事力のバランスが必要と語った。

予算制約がある中で先例のない水準の各軍の協力が今後の軍事力構築の構想と規模の設定で必要と言う。各軍は運用上で交流を実現しているものの、要求内容と調達業務では直接の合同企画づくりが欠落している。

これには各軍の司令部と原隊に加え長官官房の間でこれまではなかった形の協力関係が必要となる。これがこれまで機能していない。 ここが難しいところなのだが、将来を見据えたある部門のプログラムにより多くの投資をして、別の軍のプログラムへの出費を減らすと甘んじて受け止められるだろうか。」

これが将来の戦術航空機の兵力編成で鍵となる質問である。例をあげると、ロッキード・マーティンのF-22生産ラインが閉鎖寸前となっている。マリエッタ工場(ジョージア州)の運命を左右する決定が三月までに必要と議会関係者は見ている。その埋め合わせとなりうるのがF-35だが、何機、どの型式の同機を購入すべきかという問題がある。F-22発注を巡る意見対立はゲーツ長官が空軍参謀長を更迭することで米空軍のトップを入れ替える以前から続いていた。

 「新参謀長は空軍にはF-22381機も必要ないと考えている。また、185機で十分とも考えていない。そうすると、F-22を追加配備したら、代わりに共用攻撃戦闘機プログラムを犠牲にできるか、と言う問題だ。」(同長官)

国防総省が空輸機・空中給油機の編成を見据える際にも同じ問いかけが発生する。ボーイングC-17の生産ラインも閉鎖が近づいており、一方でロッキードC-130JとL-3コミュニケーションズ-レニア・ノースアメリカC-27Jの追加購入が可能だ。

一方で、ボーイングとノースロップ・グラマン-EADS連合の競争入札で給油機179機を完成させようとする過去の二回の試みは調達の失敗にとどまらず議会からの政治的圧力を招いてしまった。その結果、老朽化進むKC-135の代替機調達が数年間遅れ、調達は失敗したが支出は発生して無駄になっている。

ゲーツ長官は9月に二回目の給油機競争入札を開始前に中止させたその理由として入札会社と空軍間の冷却期間が必要だとしていた。世界で二社しかない広胴機メーカーが総額350億ドルのKC-契約を巡り競争するのであれば過熱は必至である。ノースロップ-EADSが2月に初回の勝利を収めたが、契約締結は調達決定過程が検討されると不可能となった。

結果としてゲーツ長官は給油機、F-22、C-17のすべての決定を次期政権に先送りしてしまった。「次の長官にバントしたつもりが、自分でバントの結果を始末することになりましたよ」と長官はインタビューで発言。

議員と会社の一部が契約を分割する構想を提案しているが、長官は関心を示していない。「最悪なのは契約の分割だ」といい、現行のKC-135・KC-10・KC-130Jの代わりに二つの新システムを開発、配備、保守点検する追加費用を念頭においている。

ゲーツ長官に課せられているのはこれら以外にその他大規模プログラムでも厳しい決断を下すことであり、オバマ政権が誕生する際は経済不況が深刻なその中である。「考えているのは大規模な投資をしても十分な数を配備できないことにならないか、あるいはそれに資金を投入することで他のシステムをあきらめることにならないか、ということだ」 このためゲーツ長官は各軍の構造の均衡をとり、高価なハイテクの一方でより現実的な価格のシステムがあるのでこれらをうまく調和させたいのだと話す。

コメント: 大変なときに留任となったゲーツ長官ですが、ペンタゴンの中の複雑なやりとり、また民主党政治家がペンタゴンの中できわめて不人気なことを考えると、オバマ次期大統領には妥当な選択だったのでしょう。それにしても、予算制約とともに従来からの想定に加え、見えない敵との長い戦闘にも備えなければならない今日の防衛政策は難易度があがっていますね。F-22の命運はだんだんきびしくなっているようです。(写真 C-37 ガルフストリームVですね。)

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目