ABLが飛行中ミサイルを連続破壊に成功



ABL Shoots Down Target, Engages Second
aviationweek.com Feb 12, 2010
  1. ミサイル防衛庁(MDA)の空中レーザー(ABL)が照射した化学レーザーが加速上昇中の弾道ミサイルを撃墜して高出力レーザーの有効性を証明した。
  2. 今回のテストは液体燃料弾道ミサイル一発およびテリア・ブラック・ブラント2発を対象としていた。このうちテリアは厳密には弾道ミサイルではないが、固体燃料弾道ミサイルの加速段階の想定として投入されている。この段階でABLが交戦する構想。また費用を節減できる。
  3. 実 験は2月11日実施され、747-400Fを改装したABL搭載機が単独で加速中のミサイルを追尾した。同ミサイルは移動海上艦艇から太平洋標準時午後8 時44分に発射後、数秒で捕捉している。システム内の低出力レーザーが大気中のゆがみを補正したあと、メガワット級の高出力レーザーを目標に照射した。 「上昇中の目標を加熱し構造上重大な故障を引き起こした」とMDA関係者が説明。交戦は全体で2分間で終了したという。
  4. その一時間後にMDAは二番目の実験を実施。テリア・ブラック・ブラントミサイルへのレーザー照射は破壊前に停止された。MDAは今回の実証実験はすべての点で成功だったとしながらも、なぜ完全な破壊まで照射を続けなかったのかについては言及を避けている。
  5. 二回のレーザー照射の途中でABL機は着陸せず、化学物質の再充填は行われていない。
  6. 今回の実験は三回目の空中交戦試験で固体燃料目標の捕捉は二回目。一回目は2月3日で目標破壊に成功していたらしい。ただし、MDAがその事実を今になってはじめて明らかにした理由は不明。
  7. ABLの作動原理はレーザーを目標ミサイルの外皮に照射して内部に不良を発生させ飛行中に破壊すること。
  8. 今 回の実験の実施場所はポイントマグー(カリフォルニア州)沖合の兵装試射場海域で、成功したことでABL計画が大きく前進した。ボーイングが主契約社とな り開発にはこれまで数多くの技術的な困難が立ちふさがり、予算も超過していたが、ペンタゴンの化学レーザー開発の中心的存在となっていた。昨年春の段階で 40億ドルが投入されている。MDAは2011年予算で990億ドルを要求して指向性エネルギー兵器体系の開発を目指しており、このうちABLではテスト の継続しながら将来の応用展開もめざしたいとしている。
  9. 今回のテストがMDAがABLシステムを主管する最後となる。次回の飛行テストからはペンタゴンの国防研究技術開発担当がレーザー関連開発を担当する。
  10. ボー イングは今回の成功について「レーザー兵器が飛行中の弾道ミサイルを捕捉破壊したのは初めてのことで、ミサイルの上昇段階でシステムが有効なことが確認で きた。ALTB(ABL母機)は過去最大規模のエネルギー主力でレーザーを照射したことで世界最強の移動レーザー装置となった」と発表している。
  11. 高出力化学レーザーはノースロップ・グラマンが製作しており、ロッキード・マーティンがレーザー制御・発射管制システムを納入している。
  12. このシステムを追加生産する予定はない。ABLでは国防総省の関心は固体レーザーに移っている。それでもMDAは今回のABL運用で得られた経験を元に将来の実戦対応システム開発の可能性を閉ざしていない。
(写真提供MDA)

大きく前進したことは喜ばしいことですが、実際に運用するとなるとABL母機を水平線の向こうに待機させながら、UAV搭載のセンサー、軌道上の衛星で目 標を捕捉、データを中継してABLからレーザーを照射するのでしょうが、当然敵方も警戒しているでしょうから、F-22によるABL母機の警護が必要で しょうね。かなり大掛かりな話になりそうですが、ミサイルを発射する側にしてみれば発射後数分で虎の子の弾道ミサイルが消えてしまえば元も子もなくなります。システムの信頼性も向上すればまさに夢の兵器となりそうな予感も。ABL開発に神経を尖らせているのは中国、北朝鮮が筆頭でしょうね。オバマ政権もABLには冷淡であると伝えられますが、かような国からのメッセージ にも注意が必要です。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目