F-35Bの開発継続宣言

                             

Panetta Lifts F-35B Probation

aviationweek,com Jan 20, 2012        

レオン・パネッタ国防長官がF-35Bの保護観察処分を解いた。この処分は短距離離陸垂直着陸(Stovl)型の同機の性能が芳しくないためゲイツ前国防長官が命じていたもの。
  1. パネッタ長官は1月20日に関係者を前に「Stovl型は他の機種と同じ成熟度に達した。そこで本日Stovl型の保護観察処分を解除する」と訓示した。
  2. ゲイツ前長官は昨年にF-35B開発の進捗が二年以内に好転しなければ、開発中止を提言すべきと発言していた。ゲイツは退任し、その後はパネッタに任せる格好となった。
  3. ゲイツ発言の直後にJSFの開発・生産を再構築すべく巨額の投入がなされた。同時にF-35Aと-Cもその対象となっている。その際にF-35BのテストはA型C型と切り離された。
  4. 国防総省スポークスマンは長官の決定は5点の改善結果に裏付けられているという。機体構造強度、副取り入れ口の振動、リフトファンのつめ、ドライブシャフトの摩耗疲労、ロールポスト作動部の発熱、である。
  5. 一方、Stovl機の有用性はAV8Bハリヤーによりリピア、アフガニスタンであらためて注目されており、長官も認めているところらしい。
  6. 国 防総省筋はF-35生産機数の削減が2月6日に議会に送付する2013年度予算案に盛り込まれると見ている。その結果、生産期間を延長する代わりに機体単 価は上昇する結果がすくなくとも発注機数が伸びるまでは発生するだろう。ロッキード・マーティンは受注機数の増加にともなう費用節減効果を享受するために は日産1機まで持っていくことが必要だろうと見ていた。
  7. F- 35Bを運用する予定の米海兵隊は1号機受領後、作戦能力獲得を宣言できるのは早くて2016年の予定で、すべてはエグリン空軍基地でのテストおよび訓練 の進捗次第だ。にも関わらず海兵隊司令官ジェイムズ・エイモス大将Gen. James AmosはF-35Bの今後に楽観的だ。今年のテスト課題は飛行中の兵装投下だとマット・ケリー中佐Lt. Col. Matt Kelly(パタクセント試験場F-35飛行運航主任)は語る。すでに音速、亜音速飛行状態で同機は兵装を搭載した飛行を実施している。飛行中の兵装庫扉 開閉では大きな問題は発生していないという。次の大きな課題は武器投下で、今年の下半期の予定だ。その際に500ポンドの共用直接攻撃弾(JDAM)か AIM-120、AIM-9Xミサイルが選択される可能性が高い。
  8. ケリー中佐によるとF-35Cの着艦フック改良型のテストも下半期に開始する。当初のフックは重量の大きさから着艦テストで拘束ワイヤーの上で跳ねてしまったという。新設計のフックを装着するのはCF-3以降となる。
  9. F-35Bの艦上運用テストは昨秋に実施しているが、2013年までは海上運用の予定はないというC型は2015年から海上試験を開始するケリー中佐は説明した。
  10. BF-4はブロック1Aソフトウェアにより運用中で、BF-5には1Bを搭載する。さらにブロック2ソフトウェアが今年末にパタクセントリバーに納入されるという。
  11. 1Bソフトウェアには音声認識技術が導入されており、無線チャンネルの切り替えや飛行管制との連絡でパイロットは手を離したままの操作が可能だという。更にこの技術により多機能ディスプレーの切り替えや飛行モードの変更も可能となると期待される。
  12. 一方、F-35Aテスト部隊が常駐するエドワーズ空軍基地では同機の夜間飛行が初めて実施されている。エグリン基地のフライトはまだ開始されておらず、機体は地上で保守点検訓練用に使われている。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目