政治の混乱に左右されてはいけない日本の防衛体制

Japanese Defenses Battered By Political Storm
aviationweek.com June 4, 2010

  1. 日本は総理大臣をひとり失ったかもしれないが、代わりに政治の劇場効果で高い評価を受けることができる。
  2. 「誰 かが面子を失う必要があったのです」と日本の防衛問題を専門とする米国アナリストは見る。「鳩山首相は世論と反対の方向に進む必要に迫られ、米国と同じ方 向に進んだことで結局辞任を迫られたのです」
  3. 鳩山首相はミサイル防衛能力の増強策としてF-22および長距離ミサイルを搭載した性能向 上型のF-15の追加配備が沖縄に必要と理解するに至った。
  4. 「あわせて同首相が海兵隊の駐留を認めたのは朝鮮半島及び中国の問題に加 え、日本単独では必要な水準の防衛ができないための決断です」と米空軍高官は語る。
  5. 今や鳩山氏は過去のものとなり、民主党は新 しい指導者により強力なリーダーシップを模索しているが、米国の専門家は鳩山辞任が長期的視点では両国関係の改善につながると見ている。
  6. 「自 民党が政権を回復するとみる向きはありません。なぜなら自民党が未来を志向しているとは見られていないからです」と日本在住のアナリストは語る。「日米対 話は実り多いものになるでしょう。そして同盟関係は元の姿に戻ります。これで日本政府の思考停止状態はおわって防衛問題に明確な思考が出てくることを期待 したいですね」
  7. 「CXに注目すべきです」と上記アナリストは続ける。日本が開発中の長距離軍用輸送機については「今まで動きがありませ んが日本政府が同機の開発に力を入れる可能性があります」
  8. 日本の防衛支出では2005年から09年にかけて巡航ミサイルおよび短距離弾 道ミサイルに対する防衛能力の向上も目標のひとつであった。ただし、昨年の衆議院選挙後にこの方向の努力が停滞している。
  9. 「防 衛力を縮小する圧力がありますが、日本はミサイル防衛に多大の関心を持ち、政治的に利用することができるでしょう」と上記アナリストは見る。「ペイトリ オットミサイルの性能向上が必要なのは日本には簡単に理解できるはずです。戦闘機に長距離ミサイルを搭載してパトロールさせることは理解しにくいでしょう ね」そこで、考えられるのは高度防衛能力の獲得方法として米国製センサーおよび武器装備品を日本国内で共同生産させる選択だ。
  10. 航空自衛 隊はF-15Jの長距離レーダー性能改修を120機を対象に行う方針だ。改修でレーダー有効距離は50マイルから150マイルに拡大する。また、敵の短距 離弾道ミサイルを発射直後の加速段階で迎撃する空中発射長距離ミサイルの取得もめざしている。アルゴリズムの改修でこのミサイルで降下段階の敵ミサイルの 迎撃も可能となる見込みだ。この応用として低高度周回衛星の迎撃にも道が拓ける。また、海上自衛隊のイージス・ミサイル防衛の補完にもつながるはずだ。■

● コメント 興奮しやすい日本のマスコミですが、冷徹な安全保障への視点が不足しがちです。その裏には日常から安全保障から見た世界情勢への視点、進歩 する防衛装備の技術動向、力による解決をめざす日本以外の諸国の思考方法に親しんでおくことなのですが、みずから視点を閉ざしていては自分に都合のよい ニュースしか咀嚼できなくなりますね。横須賀の空母ジョージ・ワシントン視察に招かれて、「あの大きな船はなんという名前ですか」と聞いてホストの米海軍を驚かせた記者がいたということ です。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目