次期大統領ヘリ選定は仕切りなおしに

Presidential Helo Competition Complicated
aviationweek.com Jun 14, 2010
  1. 大統領専用ヘリコプター調達が仕切りなおしとな る中、複雑なメーカー間の関係はより大きな防衛産業メーカーの動向をそのまま反映する形になってきた。
  2. ボーイングは6月8日にアグスタウェストランド よりAW101ヘリコプターの知的財産、技術データおよび製造権を完全に買い取るとの発表をし、今後は同機は完全にボーイングの製品となると付け加えた。
  3. アグスタウェストランドはこの取引で相当の額の 収入を得ることになる。同社にとっては大西洋の両岸でビジネスを展開する重荷がなくなることで安堵できるが、今後はボーイングがこのリスクを負うことにな る。
  4. その逆のことがボーイングにあてはまる。ボーイングはCH-47チヌークの知的財産権をアグスタウェストランドに販売し、同社がイ タリア向けの製造販売を行う。その他世界各地では両者はAW-101とCH-47で競合関係にある。なお、アグスタウェストランドはベルテクストロンの BA609ティルトローター開発で小規模の出資をしていることから、ここでもボーイングとのつながりがある。
  5. 次期大統領専用ヘリコプターVXX計画に話を戻 すと、ボーイングはベルヘリコプターと共同でV-22オスプレーを提案している。
  6. 一方、アグスタウェストランドが以前に提携して いたロッキード・マーティンは提携を解消し、新たにシコルスキーと組みS-92を候補機として売り込む構えだ。
  7. シコルスキーもボーイングも生産分担の話には入 らないだろう。ボーイングによるとAW101の生産場所は未定とのこと。
  8. 「国産品採用」の声がワシントンで高まってお り、今後の企業連合の決定にも影響を及ぼすだろう。アグスタウェストランドが第一回目の入札で苦労したのが純粋な米国企業とみなされなかった点だ。そこで AW101をボーイングに引き渡せば、その点はクリアできる。なぜかボーイングも「アメリカ製品採用」キャンペーンをしているなか、逆にボーイング101 がどれだけアメリカ製品と呼べるのかを証明する立場になっている。ヨーロッパ製の部品もあるためだ。
  9. 一方海軍も代替選択検討仕様(AOA)の作成に 苦労しており、VXX落札の行方が大きく変わることもありうる。最大で20機程度を調達する同計画の結末には予算総額数十億ドルがかかっており結論は簡単 には出ないと見られる。VH-71の7機がパタクセントリバー海軍航空基地で保管されているが、ボーイング101が採用されるとテスト用に使用される可能 性がある。ボーイングからすると20億ドルを費やして失敗に終わった一回目の機材を使うのはいかがなものかと声を上げそうなものだが、同社がいまや同機の 権利を有しており、小規模の改修でVXXの仕様書に対応が可能だ。AOAの内容が未定の現在では同社は考えられる対応の準備をしていると見られる。
  10. AOAでどのような調達方法が決まるかにせよ、 現政権がヘリ調達を管理できる規模に分解しようとしているのは明らかだ。
  11. 次期大統領専用ヘリが想定するのは一機種から二 形式を作ることで、ひとつは「完全装備の大統領用」タイプでもうひとつは「軽量、機能重視のC4I(指揮、管制、通信、コンピュータ、情報)機能重視」タ イプでVIP仕様にも転用できるものだ。あるいは異なる二機種の採用になるかもしれない。
  12. この点で海軍は極度に慎重な姿勢で、AOA完成 まではいかなる情報の提供も拒否している。現時点では各仕様の費用試算は時期尚早と海軍は6月8日に声明を出している。
  13. この姿勢の裏には現実を無視したホワイトハウス 発の要求事項に振り回された挙句海軍が2007年に批判の対象となったことがあるのだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目