イスラエル向けF-35で米国政府、ロッキードが合意形成

U.S., Lockheed Reach Deal On Israeli F-35s


aviationweek.com July 27, 2012

. ペンタゴンとロッキード・マーティンは総額4.5億ドルでF-35戦闘機の電子戦装備性能向上およびイスラエル特化システムの整備を2016年に開始する ことで合意したと、この件の内部に詳しい筋から判明した。この契約でイスラエルと合意済みのF-35計19機を総額27.5億ドルで導入する計画が前進す る。なお、イスラエルとの合意内容は2010年10月に締結されており、オプションで最高75機を購入するというもの。
  1. ペンタゴンからはイスラエル向け海外武器販売はすべてのオプションを使うと152億ドルになるという。
  2. F-35をめぐってはイスラエルとさらに規模の大きい共同事業が想定されており、中東地域が不安定になっている今日、米国にとっては同国の戦略的同盟国としての地位が高まっている。
  3. 来週レオン・パネッタ国防長官がイスラエルを訪問し、この合意内容が明らかになる予定で、長官はイラン都の緊張状態について討議内容に取り上げる予定だ。
  4. また費用面、技術面で困難な状況が続くF-35開発でも明るい話題を提供することになろう。
  5. F- 35開発へのイスラエル企業参加も増えることになろう。エルビットシステムズElbit Systems Ltdおよび国有企業イスラエル航空宇宙産業 Israel Aerospace Industriesの参画度がふえる。特に後者は同機の主翼生産を予定している。
  6. IAIはF-16戦闘機の主翼も生産しており、エルビット(ロックウェルコリンズとの合弁事業)は高機能ヘルメットのメーカーでF-35にも採用されている。
  7. イスラエル向けF-35開発での合意によりイスラエル製の無線・データリンク装備の取り付けが可能となる以外、その他の自国装備も選択できるようになる。
  8. また電子戦装備の改修は米国、イスラエル以外に同機をすでに発注しテイル9カ国にも恩恵が生まれるものだ。
  9. F-35はペンタゴンで最も高額な装備開発案件となっており、3960億ドルで2,443機を2030年代までに調達するものだ。
  10. ロッキード・マーティンならびに各契約会社が生産するのは米空軍、海軍、海兵隊用に加え、英国、イタリア、トルコ、カナダ、オーストラリア、デンマーク、ノルウェー、オランダの各共同開発国向け機体だ。
  11. これに対し国防総省は合計179機のF-35生産を2017年以降に先送りし、開発テスト期間を長く取り費用のかかる生産後改修を避ける事で費用節約を目指す決定をしている。最新の第三回目の機計画修正で33ヶ月79億ドル相当の追加となった。
  12. 電子戦装備の性能向上作業は大部分がBAEシステムズが担当すると消息筋があきらかにした。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目