航空自衛隊 F-35 まず4機調達の販売契約まとまる

US, Japan Sign For First Four F-35s


aviationweek.com July 02, 2012

日本政府は合衆国政府と6月29日に正式合意し、ロッキード・マーティンF-35 戦闘機の最初の4機および装備品一式を600億円(7.6億ドル)で購入することになったと同社が発表。
  1. 今回の提案内容および合意内容は日本国内で署名され、通常離着陸型F-35 を単価102億円で合計4機購入するもので、これは日本が予算計上した99億円よりも高くなっている。
  2. その反面シミュレータ2セットおよびその他の価格は当初の205億円から191億円に下がっており、総額は600億円で変更がない。
  3. 今 回の合意書成立はロッキード・マーティンにはF-35生産工場での生産レート維持には朗報で、米国の発注数が削減されていることから同社はフォートワース 工場(テキサス州)の経済的運営に日本からの42機発注はその他国からの発注とあわせてのどから手がでるほど必要だ。2月に昨年12月に同機選定をした日 本だが、今年2月に価格上昇あるいは納期の遅れが発生する場合は導入を取り消す可能性を米側に表明していた。その理由にペンタゴンが今後5年間で179機 の発注を先送りにする決定をしていたことをあげていた。
  4. 日本の参画がこのまま続くことになったことで同社は次に韓国の60機発注を期待する。
  5. 同機の生産に参画している主要メーカーにはノースロップ・グラマン、英国のBAEシステムズ、エンジンメーカーのプラットアンドホイットニーがある。
  6. ロッ キードはF-35 開発を合衆国向けに共同開発パートナー8カ国、英国、オーストラリア、カナダ、イタリア、トルコ、オランダ、デンマーク、ノルウェーとすすめており、米国 の防衛装備史上最大の規模に膨れ上がっており、開発・調達あわせ3,960億ドルを今後20年間に支出する見込みだ。


コ メント これまでも主張しているようにF-35は日本の防空圏の確保に絶対必要な機体ではありませんし、このまま行くと同機開発配備は数十年にわたり、西 側の防衛体制そのものを危険にさらす可能性もあると思います。同機を選定した防衛省の判断、政治判断はこれから大いに非難される可能性もあります。F- 22を売ってもらえなかった理由も謙虚に考える必要がありますし、まさか北朝鮮を空中援護なしにF-35で先制攻撃するのでしょうか、作戦コンセプトが見 えてきませんね。それよりも1.「心神」実証機からの作戦用機材の開発、配備 2.ISRも含めた無人機運用体制の確立 が日本の空に必要ではないでしょ うか。

コメント

匿名 さんのコメント…
はじめまして、日々勉強させていただいています。重要な記事を率直に和訳して戴いて、とてもありがたいです。

以前よりF-35の導入に対して反対のお立場をとられているようですが、よろしければ、より詳しくお伺いしたいです。

まず、中国の航空戦力の強化がありながら"F-35が絶対必要ではない"というのはどのような理由でしょうか?
同機が攻撃機寄りの性格をもつ機体ではありますが、中国に対抗するためにはF/A-18E/Fでは力不足であるという意見もありますし、同クラスのタイフーンも同じかと思われます。

また、F-35の導入により日本の無人機開発が遅延すると仰っていますが、これもなにか理由があるのでしょうか?
A2AD戦略に対抗するためにF-22およびF-35にUAVを管制させようとしていることもありますし、データリンクの面でも優れている最新機であるほうが、無人機との連携ができ、開発が加速する可能性もあるように思えます。


私自身も、心神の開発を加速させ、国産機を導入するというのが理想であると思います。しかしF-Xでは国産の第五世代機の開発はすでに間に合わない状況ですし、国民や議会の理解を得るのも不可能に近かったでしょう。であれば、今回F-35を導入することでF-15Jの後継にするかを入念に調べることができ、またステルスとはどういうものかを理解できるということは最適解のように思えます。

さまざまな記事をお読みになっている方の考えをぜひ聞きたいとおもいます。お暇であればご教授いただければ幸いです。
匿名 さんのコメント…
F-35が日本の防空にも役立つことは、自明であると感がますが。
攻めて来る経空脅威からすれば、迎撃機(F-35)の存在が探知しづらいのは非常に厄介であることは言うまでもないでしょう。

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目