予算節約のためイージス発射テスト回数を減らす米海軍

U.S. Navy Mulls Cutting Aegis Flight Tests to Save Money

By Michael Fabey
Source: Aerospace Daily & Defense Report

aviationweek.com August 27, 2013

米海軍はイージス艦のシステム更新の予算を死守しつつ、今後は試射回数を減らして予算を節約することを検討中。なお最新のソフトウェア改善の効果を試す実弾発射試験に成功している。
  1. 「海軍はテスト内容を統合して支出を減らそうとしてます」とイージスの主契約会社ロッキード・マーティンで米海軍担当部長のジム・シェリダンは解説する。
  2. 海軍の5回の発射を3回にする予定とシェリダンは言い、同社も海軍の方針を支持するという。
  3. シェリダンによればテスト回数削減は改良型イージスの配備日程と矛盾するという。ただし、回数削減で同社には新しい挑戦課題が生まれ、これまではテストを増やして開発を進めてきた同社にとって新しい環境となる。「テスト内容がより多岐にわたり、テスト艦上では多忙になるでしょう」
  4. またテスト期間の短縮もテスト後の問題解決に当てられる時間の短縮となり同社は「迅速に切り回す」必要が生まれる。
  5. 現時点でソフトウェア改修は問題なく完了し、テストでも実用でも予定通りの性能を発揮しているという。また、「改修点」の多くはディッスプレイ装置の修正など「邪魔な」要素の排除だったという。
  6. 直近のイージステストでは今月初めに実弾発射を行い、見通し線の外でもデータを遠隔地のセンサーから統合して目標迎撃に成功したことでシステムの有効性を証明している。
  7. 海軍の統合火砲射撃対空手段 Naval Integrated Fire Control-Counter Air (NIFC-CA)  のテストも初めて洋上で実施され、イージスに遠隔地データを提供し目標迎撃に成功したのは二回連続となった、とロッキードが発表。使用したのは協同交戦機能 Cooperative Engagement Capability (CEC) で遠隔データを解析し、イージスがスタンダードミサイル-6 (SM-6)をUSSチャンセラーズビル(CG-62)から発射したもの。
  8. 同艦はイージスベイスライン9近代化改修の対象巡洋艦四隻で最初に改修を受け、3月に完成していた。
  9. ロッキードも弾道ミサイル防衛(BMD) 5.0 性能向上改修 (CU) によるイージス改修を進行中で、「コードを完成させようとしている」とのこと。
  10. BMDが米海軍の最重要開発分野になってきており、海軍は艦艇整備計画も大きく変更し、BMD能力の拡大を図っている。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目