韓国F-X3はF-15SE採用が濃厚に

   

South Korea Looks Ready To Order 60 Boeing F-15SEs

By Bradley Perrett perrett@aviationweek.com
aviationweek.com August 19, 2013
Credit: Boeing
韓国のF-Xフェイズ3選定でボーイングF-15SEサイレントイーグル60機を発注する見込みが濃厚で、実現すれば同機生産ラインが延命するとともにこれ以降の競合に弾みをつけそうだ。
  1. 韓国国防調達計画庁Defense Acquisition Program Agency によればEADS提案を却下したもよう。同社は提示価格を下げるべく、以前の合意内容を一方的に変更してきたのが理由だという。現地報道によれば同社はユーロファイター・タイフーン単座型を当初の45機を54機に複座型15機を6機にして提示したという。
  2. また現地報道によれば三番手のロッキード・マーティンF-35ライトニングも除外されたとし、提示価格が8.3兆ウォン(75億ドル)という予算を上回ったためだという。ただしロッキードはこの報道に反論している。「韓国政府から結果通知は未着であり、F-X選定は複数の段階をへて決定されるものであり、当社は米国政府と連携してF-35の採用を期待する」
  3. F-15SEはF-15の発展型でレーダー断面積の縮小が特徴だが、生産を実現するためには韓国の発注が必要だ。F-Xフェーズ3で受注できないと84 機受注したサウジアラビア向けF-15SAの最終号機が2019年で引渡しとなり生産ラインは閉鎖になる。これに対しF-Xフェーズ3で受注に成功すればラインは2021年まで延長となり、初飛行から実に49年間のライン稼動になる。
  4. ボーイング案には有利な点がある。同機は韓国で採用済みで、競合他社よりも安価であることが長所となり、これは国会による制約を受ける調達庁が予算額を超過する選択肢を検討する余地がない現状を鑑みると大きな強みだ。先回の選定では提案すべてを却下したのは各案が予算想定を超過していたため。そこで再提案を集めたわけだが、ロッキード・マーティンはF-35のそもそもの高価格があり、米国政府による海外軍事装備品販売制度を使わざるを得なかった。
  5. F-15でもうひとつ有利なのは同機の主要部材がすでに韓国航空宇宙工業 Korea Aerospace Industriesにより生産中であることがあげられる。したがって調達庁がめざす現地生産比率を引き上げても、競合案よりも価格引き上げ率が高くならないことになる。
  6. 現在供用中のF-15Kはシンガポール向けF-15SGと同じく2012年までに完了している。サウジアラビア向けF-15SAの引渡し開始は2015年以降の予定で、ボーイングはF-15S70 機をF-15SA仕様に改装する。韓国が導入したF-15K61機はF-Xフェイズ1および2の一環で、うち1機を墜落喪失している。
  7. F-15SEは傾斜つき尾翼が特徴で機体内部に爆弾あるいは空対空ミサイル4発を搭載する。これは一体型燃料タンクをオプションで機体側部に取り付けることにより実現した。BAE製の新型電子戦闘システムを採用したことで燃料搭載スペースが増え、機体表面にはレーダー波吸収材料が施される。F-15Kが以前のF-Xで採用された時点で機械式スキャンレーダーが搭載されていたが、その後レイセオンAPG-63(v3)アクティブ電子スキャン方式アンテナを採用したレーダーを搭載している。その搭載一号となったシンガポール向けに続き、韓国も同レーダーが利用可能になることになる
  8. ボーイング受注の可能性濃厚な理由として同社と韓国国内航空産業メーカー各社との産業協力の実態が大きく作用しているとの見方がある。受注成功すれば同社にとっては大きな成功となり、F-15の生き残り可能性も広がるとし、同機の航続距離、ペイロード搭載量はF-35を大きく上回るもの、とアナリストHoward Rubel は見ている。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目