B-2 レーダー改修へ




あけましておめでとうございます。
今年も防衛産業の話題をターミナル2で扱っていきます。
最初に少し遊び心もあり、いつも当方がニュースソースとしている二つのサイトで同じ話題を同扱っているかを比較してみました。今年もよろしくご愛読ください。

まず、FlightGlobal http://www.flightglobal.com/home/default.aspx です。



B-2レーダーの改修の生産が始まる

FlightGlobal.com 12月30日

米空軍はB-2のレーダー近代化改修(RMP)の開始を初期低レート生産でノースロップ・グラマンに総額468百万ドルで発注した。B-2のレーダーアンテナは新しい周波数帯の電子アクティブスキャンアレイ(AESA)に更新される。
本契約はノースロップによるアレイの再設計が米空軍の要求水準を満たしていることを意味する。米空軍は再設計が必要な理由については言及していない。ノースロップ関係者は米空軍発表についてのコメントをしていない。
米空軍がB-2のアンテナ改修を必要とするのは現在使用中の周波数帯が民用使用に切り替わるため。アンテナが切り替わるが、レーダー性能はレーダー・プロセッサーの更新がないため現状のまま。ノースロップの共同事業者はレイセオン・スペース・アンドエアボーン・システム、ロッキード・マーティンシステムインテグレーションおよびBAEシステムズの各社。


なるほど、コツを抑えた報道ですね。次はおなじみAviation Week and Space Technology (エイビエーションウィーク)http://www.aviationweek.com/aw/awhome.jsp です。

米空軍がB-2レーダーの改良型生産契約を交付
AviationWeek.com 12月30日
ノースロップ・グラマンはB-2のレーダー改修計画(RMP)契約を受注した。米空軍によるとレーダー改修はB-2ステルス爆撃機の「作戦運用性を持続する」ものという。同改修が必要となったのは商務省から米空軍に対しB-2で使用中のレーダー周波数の停止を求められたため。
改修の中心はアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)アンテナ。レーダー信号とデータ処理の変更はなく、性能の追加もない。ただノースロップグラマンによるとRMPは将来の性能拡張の基礎となるという。
B-2のレーダーは全翼の前縁に二基取り付けられており、航法・目標確認、天候探知、対航空機衝突予防、位置確認、給油機接触用に用いられている。レイセオンが新型のAP!-181AESAを作製する。契約総額は468百万ドルで「エドワーズ空軍基地で最近完了した初期運用テストと評価飛行テストの成功に続くもの」と空軍は説明。RMP開発は2007年にKuバンドのAESAアンテナの技術問題により中断していた。6機への装着による初期作戦能力獲得は2010年の予定で、作戦能力が完全となるのは2011年となる。

うーん、ニュースソース特に米空軍関係、防衛産業関係に深いものがあることを感じさせる内容です。これは同社の強みでしょうね。今年もこんな感じで関心を集めそうな(関心を厚めなさせそうな)ニュースをご紹介していきます。

次は米空軍による公式発表文です。http://www.af.mil/news/story.asp?id=123129776
B-2 radar modernization program contract awarded
12/30/2008 - WASHINGTON (AFNS) -- Air Force officials awarded a production contract to the Northrop Grumman Corporation Dec. 29 for the B-2 stealth bomber radar modernization program. 

The production contract, with a target price of approximately $468 million, will provide advanced state-of-the-art radar components to ensure sustained operational viability of the B-2 bomber fleet at Whiteman Air Force Base, Mo., well into the foreseeable future. 

Northrop Grumman Integrated System in Palmdale, Calif., is the B-2 RMP prime contractor and has significant subcontracting efforts with Raytheon Space and Airborne Systems in El Segundo, Calif.; Lockheed Martin Systems Integration in Owego, N.Y.; and BAE Systems in Greenlawn, N.Y. 

The award of the B-2 RMP production contract builds upon successful initial operational test and evaluation flight tests that were recently completed at Edwards AFB, Calif.

コメント

linda さんの投稿…
I recently came accross your blog and have been reading along. I thought I would leave my first comment. I dont know what to say except that I have enjoyed reading. Nice blog. I will keep visiting this blog very often.


Joyce

http://www.videophonesguide.com

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目