米海軍の原子力空母削減案に待ったをかけたホワイトハウス


White House Pushing Against Proposed Pentagon Carrier Cut

USNI News
Published: January 30, 2014 3:45 PM
Updated: January 30, 2014 4:00 PM
USS George Washington (CVN-73) on Dec. 2, 2013. A proposed reduction in the US carrier fleet was stalled this week after the White House told the Pentagon to look for cuts elsewhere. US Navy Photo


ペンタゴンが提出した2015年度予算案で空母一隻を削減する内容がホワイトハウスにより差し戻しになっていると判明した。
  1. 国防長官官房Office of Secretary of Defense (OSD)提案では原子力空母一隻を退役させ現在の11隻体制を10隻にするとしていたが議会に続きホワイトハウスからも抵抗にあっている格好だ。.
  2. 政権内部からペンタゴンに空母の代わりにほかの予算節約策を模索するよう求めてきたという。.
  3. 下院議員有志からは先週にチャック・ヘイゲル国防長官に空母11隻体制の堅持を求める書簡が発出されている。その内容には引退予定の下院軍事委員会委員長ハワード・「バック」・マッケオンRep. Howard “Buck” McKeon(共、カリフォーニア州)ならびに海洋力小委員会委員長ランディ・フォーブスRep. Randy Forbes (共、ヴァージニア州)のほか民主党議員も賛同して署名している。
  4. 「強力な海軍維持のため11隻の原子力空母は超党派で支持が集まる課題」としている。.
  5. マーク・ワーナー上院議員 Sen. Mark Warner (民、ヴァージニア州)は今年は再選を控え地元の空母母港への影響から空母削減反対の圧力を受けている。.
  6. 海軍当局はホワイトハウスと国防長官官房間の協議の内容を明らかにしていない。
  7. 海軍報道官ドーン・カトラー大佐Capt. Dawn Cutler は「今後もきびしい内容の協議が続くことはこの財政状況では疑う余地がない」とUSNI Newsに文書で回答している。「15年度予算の作業は進行中であり、海軍予算案についての言及は時期尚早かつ決定前であるので差し控えたい」
  8. 米国で原子力空母を建造しているのはニューポートニューズ造船所(ヴァージニア州)が唯一の存在で、数千人を雇用し新型フォード級空母を建造する傍ら、USSエイブラハム・リンカン(CVN-72)の核燃料交換とUSSエンタープライズ(CVN-65)の解体作業をしている。
  9. OSDによる空母削減案はDefense Newsがいち早く報道しており、ニミッツ級原子力空母を想定の50年耐用年数以前に退役させるとし、就役期間途中の定期核燃料交換の機会に実施するとしていた。
  10. その対象はUSSジョージ・ワシントン(CVN-73)となる公算が大で、航空部隊も同時に削減する目論見。
  11. エンタープライズの退役で現時点の空母は一時的に10隻で、ジェラルド・R・フォード(CVN-78)の就役までこのままだ。
  12. 実はペンタゴンとホワイトハウスが空母をめぐり対立したのは今回が初めてではない。2011年にもペンタゴンが空母退役案を持ち出した。案を見た政権側からOSDに対し空母11隻体制の維持の指示が出ている。
  13. 空母は米軍司令官からの需要が一番高い艦艇であり、数十億ドルの価格の各空母は同時に維持運営でも一番お金がかかる艦艇でもあり、人員だけでも年間数億ドルがかかっている。.
  14. 原子力空母の退役作業も非常に高価である。エンタープライズの原子炉の撤去と廃棄だけで850百万ドル以上かかるといわれる。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目