USAFグローバルホーク2機を三沢基地に5月より配備


US Air Force to Send Two Global Hawks to Japan


UAS VisionがStars and Stripes記事を紹介する形でグローバルホークの三沢基地配備を伝えています


米空軍が運用する無人偵察機では最大の寸法を誇るグローバルホークが2機日本に常駐することになった。日本へは初の配備で今夏に実施米空軍が発表した。同時に人員40名が三沢空軍基地に5月から10月にかけ派遣されると三沢基地の第三十五戦闘機隊の広報担当が明らかにした。

  1. 「グローバルホークのような高性能機材を日本に配備することには戦略的な意味があり、日本及び周辺国の安全保障に一層の貢献をすることになります」と同上士官が電子メールで回答した。
  2. 同機と人員はグアムのアンダーセン基地から移動する。グローバルホークの運用はカリフォーニア州から遠隔操作されており、グアムには三年前から常駐している。
  3. グアムから発進した機体は2011年3月の地震、津波、原子力発電所の危機状況の救援でカギとなる役割を果たしている。さらに昨年の台風被害を受けたフィリピン上空も飛行している。
  4. また同機は北朝鮮の核兵器開発状況、中国海軍の作戦行動を監視している。両案件とも日本政府には重大な関心事項であり、日本も同型機3機導入の検討を承認したばかりだ。メーカーのノースロップグラマンは日本が同機を選択することで自信を持っている。
  5. 「当社が期待するのは理由あってのこと」と同社地域担当副社長のカーティス・オーチャードCurtis Orchardが日本で発言している。一方、同社の戦略用高高度長時間航空機部門の副社長ジョージ・ゲラGeorge Guerraによると韓国、オーストラリアも同機へ関心を高めており、とくにとくオーストラリアは実際に海上監視に特化したトライトンの調達を交渉中だ。
  6. ノースロップ・グラマンはNATO加盟13国で形成したコンソーシアム向けにグローバルホーク5機を追加生産中で、NATOの機材は米海軍のトライトンともにシシリアのシゴネラ基地から運用される。同基地には米空軍所属のグローバルホークがすでに配備中
  7. 三沢基地配備のグローバルホークは太平洋全体にわたるミッションを支援することになる。「二機で相当の地域をカバーできます」(ゲラ)とし、グアム発進のミッションでは30時間も継続していたという。
  8. グローバルホーク全体の飛行時間は10万を超えており、そのうち9万時間が戦闘支援あるいは人道支援だったが、昨年の米空軍機材中で最高の安全記録を達成した。
  9. 「グアム配備のグローバルホークは信頼性実績が80%を超えており、他地点で運用中の機材も同様の実績を示しています。」(ゲラ)
  10. 今年末になると空軍はブロック40の同機を2機ないし3機グアムに派遣し、配備ずみのブロック30機材に合流させる。ブロック30はレーダー、赤外線センサー、通信傍受システムを搭載するがブロック40には地上目標の捕捉に有効な高性能レーダーも搭載しているという。


Posted in Military UAS on January 27, 2014 by The Editor. Leave a comment - See more at: http://www.uasvision.com/2014/01/27/us-air-force-to-send-two-global-hawks-to-japan/#more-29553


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目