米空軍の削減規模が明らかに

                             

U.S. Air Force Reveals Budget Cut Details

aviationweek.com Feb 2, 2012

財政赤字、予算削減への対応として米空軍は戦闘機123機、輸送機133機の削減策を提案する。
そ の他機種合わせて286機を削減するが、戦闘機123機は7飛行隊で戦術実戦部隊6と練習部隊1だ。このうち102機がA-10Cで、21機が旧型F- 16であるのは地上兵力の削減で支援機の需要が減るため。A-10 は246機が残る。ドンレー空軍長官が明らかにした。
  1. 開発の進捗を遅らせる各プログラムの予算は確保される。その例として長距離攻撃構想の一連の計画(新型爆撃機含む)、KC-46A空中給油機、高性能情報収集監視偵察(ISR)機材、F-16などがある。ただ装備近代化の進展がすべてペースを落とすわけではない。
  2. 「F- 35の開発遅延の余波でF-16近代化を350機対象に実施する方針を打ち出しました。一方、F-35の量産を遅らせますが、調達規模で今のところ変更は ありません。通産生産機数が1,000機ないし1,600機になる2020年代に全体規模を検討することになるでしょう(ドンレー空軍長官)
  3. ISR機材での変更では無人機が現状65機を85機に増強する。有人機では変更無く、RC-135 リヴェットジョイント、コブラボール、コンバットセントの各機材を維持する。装備品の更新には予算を十分準備する。
  4. 「RQ- 4グローバルホークのブロック30(18機)、RC-26(11機)のほか作戦中に損傷を受けたE-8Cジョイントスターズ一機を退役させます。このうち グローバルホークについてはコストが限界を超えたのが理由です。性能はほしいのですが、このコストでは無理です。代替としてU-2があったのですが、現時 点ではブロック20のグローバルホークが使えますし、移動目標の捕捉能力が高いブロック40の導入を進めます」(ドンレー長官)
  5. 人員削減は合計9,900名で、このうち空軍3,900名、州軍5,100名、900名が予備役だ。人員減を緩和するため州軍人員は    期間延長の場合は無人機操縦とISR部門に配属する。   
  6. 予 算削減の流れは昨年8月の赤字削減のための債務上限設定法から始まっている。空軍長官は運用上の工夫でこの流れに対応使用という考え方だ。昨年12月17 日はこの二十年間ではじめてイラク上空にわが国が軍用機の飛行がない日になっている。リビア作戦はその反対に、空軍が緊急要請に数時間で対応したという。 つまり、規模は縮小しても柔軟な対応が必要ということだ。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目