中国のJ-10戦闘機は海外に販路を広げるか

Chinese Chengdu J-10 Emerges
aviationweek.com Jan 14, 2010


  1. 1998 年の初飛行以来秘密のベールに包まれていたChengdu 成都航空機のJ-10多任務戦闘機が世界市場に参入してくる。源をたどると60年代までさかのぼり人民解放軍空軍(PLAAF)に配属されて5年のJ- 10はおおよそロッキード・マーティンF-16ブロック60と同程度の性能で価格は半分なので急速にその存在を高めるだろう。
  2. 150機がPLAAFに配備されているとみられるが、この数は300機になるかもしれない。その根拠は中国がロシアから購入したといわれるサリュートAL-31FNエンジン(推力12.7トン)が300から400基であるため。パキスタンがJ-10の最初の導入国になる。
  3. パ キスタン報道では合計36機を14億ドルで購入するという。単価は40百万ドルになり、UAEが購入したF-16ブロック 60(AN/APG-80アクティブフェイズドアレイレーダー装備)は約80百万ドルだった。ただし、パキスタンの購入価格に予備部品、支援、訓練が含ま れているかは不明。
  4. パキスタンの購入機数は150機程度になる可能性がある。その他イラン、ミャンマー、フィリピンがJ-10に関心をもっていると の報道がある。
  5. 中国はJ-10 の性能諸元を公表していないが、同国国内の報道を総合すると以下のようである。全長16.43メートル 翼端長8.78あるいは9.75メートル 最大離 陸重量19,227キログラム 最大武器搭載量7,000キログラム 戦闘行動半径1,100キロメートル 最高速度マッハ2 機体限度9G
  6. 同機開発にはロシア、イスラエルの支援があったこと、さらにサリュートエンジンに依存しているにもかかわらず、中国はJ-10 を純国産戦闘機としている。昨秋のPLAAF設立60周年記念式典でJ-10が曲技飛行を展示し、同機の複座型の原型機および実寸大モックアップが国立航 空博物館で公開された。
  7. 価格以外の魅力は同機が搭載する新型の電子・兵装システム。J-10Bとしてインターネット上で写真 が流出した最新型では超音速空気取り入れ口がどことなく共用打撃戦闘機に類似している。機首には再設計され赤外線捜索・追尾システムが装備されており、電子スキャンアレイレーダーが搭載されているようだ。これが正しいと中国のレーダー技術も相当進歩してきたことになるし、J-10 も西側・ロシアの第四世代戦闘機に肩を並べることになる。コックピットには多機能ディスプレイが3面とヘッドアップディスプレイがついている。
  8. 武 装取り付け点は合計11あり、うち機体に5点ある。主要対空兵装はLuoyang洛陽PL-12アクティブレーダー誘導空対空ミサイル(AAM)で有効 射程は70キロメートル。主翼と機体に装着され合計8初のPL-12を搭載できる。短距離空対空ミサイルにはPL-8(イスラエル製パイソン-3のコ ピー)および同ミサイルの性能向上型PL-9がある。今後はヘルメット装着ディスプレイと第五世代のAAMが導入される。
  9. 同機が海外市場で成功するかは信頼度の高い高性能ターボファンエンジンが国産化出来るかにかかっている。国内のライバルメーカーShenyang瀋陽がWS-10Aターボファンエンジンを80年代から開発しており、推力は13.2トンだが、ロシア筋は開発は難航していると見ている。
  10. Chengdu は別により高性能のHuashan華山ターボファンエンジンの開発を進めており、開発には90年代後半に入手したトゥマンスキR-79ターボファン(中止 になったヤコブレフYak-141超音速垂直・短距離離陸戦闘機用)の技術データが元になっていると見られている。にもかかわらず、ロシアによると中国か らより強力なサリュートAL-31FN(推力13.5から15トンクラス)への関心が示されているという。
  11. Chengduは空母搭載型J-10の開発を開始する動きを示している。前述のPLAAF式典では地上テスト結果からJ-10が空母からも運用可能と関係者が認めたという。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目