ロシア第五世代戦闘機が初飛行に成功


Sukhoi's PAK FA fighter completes first flight 
29/01/10,Flightglobal.com

    1. スホーイの第五世代戦闘機プロトタイプPAK FAが本日午前47分間の初飛行に成功した。 テスト飛行はコムソモリスクで行われ、テストパイロットはセルゲイ・ボグダンで、スホーイによると「大変良い結果」だったという。 「飛行中に同機の操作性、エンジン性能、主要システムの作動状況の初期評価を行いました。」(ボグダン) 飛行中に同機の降着装置の格納、引き下げが実施された。
    2. PAK FAのエンジンはNPOサターン「117型」が二基でスホーイSu-35とSu-27Mに搭載の117Sエンジンの改良型だ。機内の統合飛行制御システムでエンジン他機内の主要システムを制御する。
    3.  スホーイによると同機には複合材料が使われている他、より進んだ空力学技術によりエンジンの排気特徴を減らしておリ、「前例のない小さな レーダー断面積を実現し」ているという。その他、より進んだフェイズドアレイレーダーを搭載している。昨年のモスクワMAKSエアショーにおいてティコミ ロフNIIPが同機用に開発したアクティブ電子スキャンアレイレーダーを展示していた。
    4. PAK FAに第四世代戦闘機部隊を加え、ロシア空軍は次の10年間の対応力を備えることになる。
    5. PAK FAの飛行試験は2012年まで続き、その後ロシア空軍は同プロジェクトの成否を決定する。同機の量産型はT-50と呼称される見込み。
    6. あるいは同機の設計を元にロシア・インド共同開発の第五世代戦闘機に発展する可能性がある。

    コメント

    匿名 さんのコメント…
    ロシアの放送をBSでみてたのですが、それによるとF35では同種のテスト飛行に失敗しましたとか、ハイチの地震のニュースでは「ロシアの派遣隊は整っていました、反してアメリカの設備は・・・(略)」といったニュースで2010年になっても相変わらずだなぁと苦笑した次第であります。

    このブログの人気の投稿

    ★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

    ★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

    ★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目