サイレント・ガーディアンは革新的なハイブリッドUAS


Bye Aerospace and BoldIQ Team on Software for Silent Guardian Hybrid Power UAS

from UAS Vision, Posted on January 23, 2013 by The Editor

Bye Aerospace, Inc.はデンバーを本拠地とするクリーンなエネルギーを革新的設計の航空機に応用し、航空宇宙及び国防需要に食い込もうとしている企業であり、BoldIQ Inc.のソフトウェアを組み込んだハイブリッド無人航空機システム(UAS)をサイレント・ガーディアンSilent Guardianの名称で開発すると発表した。
  1. BoldIQは画期的な運航最適化ソフトウェアを開発しており、完全自動化した飛行管理プラットフォームをAstroの名称で最適化を目的としたエンジンSolverに組み込む。この最適化機能によりAstroによりサイレント・ガーディアンは従来の飛行計画よりも多数のミッションを計画・実行できるようになる。さらにAstroではリアルタイムで最適化され実施可能なタスク中断・復帰が可能であることに加え、自動シナリオ立案機能も可能なため、全般的なミッション信頼度が向上する。
  2. Astroの開発には「例外事項を管理する」考え方の実現が目的とされた。高度な自動化、判断エンジン、拡張性・柔軟性がそれぞれ高い水準で実現することで、同機の運用では作戦立案と各時点での実行対応をこれまでより少人数で行い、これまでより高い実効性のある運用が可能だ。ここにサイレント・ガーディアンが提供する高付加価値の意義がある。
  3. ハイブリッドUASでは初となる同機の構想ではターボファンエンジンでまず離陸上昇を行う。機内の蓄電動力および薄膜太陽光電池で電動推進器を動かし、ずば抜けた長時間飛行、静粛運用、低排ガスを実現する。同機を政府で運用する場合の用途として国境警備、国土保安、捜索救難、視覚・熱感知による航空管制が想定される。民間部門では同機を災害・火災探知、エネルギー天然資源探査、広範囲安全確認、パイプライン・送電線の点検、広範囲天候観測(ハリケーンの追跡)、衛星と同程度の写真観測・通信データ中継が考えられている。
  4. Bye AerospaceCEOのジョージ・バイGeorge ByeによるとBoldIQはサイレント・ガーディアン特有の太陽光発電のハイブリッド運用に特化して開発したという。「国防予算政府予算が縮小する一方で費用対効果を高く期待する動きの中で、BoldIQによるソリューション能力があれば少ない費用でもっと多くのミッションを実施できます」
  5. 「サイレント・ガーディアンは無人航空機の世界で革命的なパラダイムとなります」と語るのはRoei Ganzarski,(BoldIQ社長兼最高業務責任者)で「当社のミッションは顧客にこれまで以上の成果を期待させ実現させることで、その意味で今回の大胆な新型機開発で共同実施ができることを誇らしく思っています」


Source: Press Release


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目