成都J-20の新試作機が初飛行に成功


China Unveils More Capable Stealth Fighter Prototype

By: Feng Cao
USNI News Published: March 19, 2014 1:11 PM
Updated: March 19, 2014 1:12 PMAn image of the Chinese People's Liberation Army Air Force J-20 new stealth fighter prototype.
An image of the Chinese People’s Liberation Army Air Force J-20 new stealth fighter prototype.


中国のステルス戦闘機開発がまた一歩進んだ。先月初めにJ-20試作機が初飛行に成功している。同機は成都飛機工業 Chengdu Aircraft Corporation (CAC) 製で各種のステルス対策が施され機体操作性が高くエイビオニクス搭載に適した機体構造になっているようだ。

  1. CACは以前の試作機二機(2001/2002号機)から今回の改良型を生産するまで十分な時間をかけている。試作機2機は技術実証用だったようだが、今回の第2011号機は量産前の試作型だろう。
  2. 中国から入手した写真を比較すると2001/2002号機と2011号機に微妙な差があることがわかる。
  3. まず機体の工作完成度が実証機段階から真の試作機に相応なものに変わっている。最大の相違点はF-22を思わせる薄い灰色塗装だ。Changes between prototypes of China's stealth fighter prototypes.
Changes between prototypes of China’s stealth fighter prototypes.

  1. 側面では空気取り入れ口を設計変更し、すっきりとさせつつ膨らみは増している。.空気取り入れ口の前部内側に角度をつけており、機体本体と一体化をはかっている。カナード翼後方は切り込んであり内側の縁は空気取り入れ口との隙間処理で切り取ってある。垂直尾翼の後方も切り込んであり、中国の文献によるとこれは側面からのレーダー断面積を減らすためだという。
  2. 前後の降着装置の格納扉も改良されている。.
  3. 底部を比較すると主兵装庫は拡大しており、空対空ミサイルだけでなく精密誘導弾も搭載できるようだ。前縁部は曲線から直線に変わっている。
  4. 尾部は延長され幅も拡大されて、排気口と並行になった。腹部のフィンは大きくなったようで、排気を側面から隠す機能があるようだ。同機は同じJ-20とはいっても排気からのレーダー探知性は大幅に下がっているだろう。
  5. またエイビオニクスも一式搭載しているようで、2002号機にはテスト用AESAレーダーを積んでいると思われる。前面から見ると2011号機の機首は傾斜しているが、角度は小さくレーダー搭載には支障がないだろう。Differences between China's stealth fighter prototypes.
Differences between China’s stealth fighter prototypes.

  1. 電子光学式捜索装置はF-35の電子光学式目標捕捉システムと類似したものでJ-20の顎部分に装着。また、防御用エイビオニクスが両側面、機種、尾部についている。
  2. コックピット内部は不明だが、新型ホログラム式ヘッドアップディスプレーを装備しているはずで、キャノピーは二重構造。
  3. 新世代の統合電子装備はJ-10Bで実証済みでJ-20にも取り入れられているはずだ。
  4. J-10Bが搭載したのは第一世代のAESAレーダーで瀋陽J-16は1.5世代AESAレーダーを採用する。J-20の実戦化までには第二世代にAESAレーダーになるだろう。中国のレーダー技術は成都J-10Bで見る限り、より近代化された統合電子装置システムに近づいているようだ。An image of China's newest stealth fighter prototype.
An image of China’s newest stealth fighter prototype.

  1. 今回登場した新型試作型では以前の2001/2002号機よりステルス性、機体操縦性とエイビオニクスで大きく改良されている。人民解放軍空軍の他案件の時系列進展から判断するとJ-20の量産は2019年ごろ開始で同時に実戦化とみる専門家もいる。
  2. ただしJ-20で大きな疑問はWS-15エンジンがいまだに開発中ということで、このエンジンが量産化までに実用化されるかははっきりしない。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目