米太平洋軍司令官、在韓米軍司令官による議会報告内容



Locklear: U.S. ‘Shouldn’t Talk Ourselves Into’ Conflict With China

USNI News By: John Grady
Published: March 25, 2014 5:44 PM
Updated: March 25, 2014 5:44 PMAdm. Samuel J. Locklear, commander of U.S. Pacific Command on Feb. 4, 2014 in Yokosuka, Japan. US Navy Photo
Adm. Samuel J. Locklear, commander of U.S. Pacific Command on Feb. 4, 2014 in Yokosuka, Japan. US Navy Photo

太平洋軍司令官サミュエル・ロックリア海軍大将が上院軍事委員会で3月25日に中国との軍事対決は回避できるとの見解を示している。中国は晋級弾道ミサイル原子力潜水艦を今年中に配備しようとしている。
  1. 中国は引き続き軍事力増強路線で予算も12%増やして海軍、サイバー、接近阻止領域拒否関連の技術に重点投資していると同大将は議員に説明。
  2. 中国の軍事増強にもかかわらず、同大将は軍事衝突の可能性特に日本との衝突は避けられると考えている。
  3. 「近い将来において日中両国が軍事対立に向かっていくとは思えません」と尖閣諸島をめぐる衝突の可能性を否定。両国の対立は「主権問題が中心」で領有権と漁業権がからんでいるが、「今になって発生した問題ではない」という。
  4. 中国は「潜水艦隊の近代化を進めており、戦力は整備されてきた」とし、近い将来に人民解放軍海軍(PLAN) は60ないし70隻の規模になるとの見通しを示した。
  5. 米海軍の潜水艦戦力の現状維持が重要であるとも付け加えた。「むしろ増強を主張したい」
  6. ケリー・アヨッテ上院議員(共和、ニューハンプシャー)の質問に対して、同大将は潜水艦数増強を求めているが、「全然足りない」状況だと回答。同議員から現在の予測では合衆国の攻撃型潜水艦は2013年の55席が2024年に42隻になるとの発言が出た。
  7. 同大将は今月初めの下院軍事委員会での証言で原子力空母を「軍事装備の中心的存在」なのは平和維持と危機対応に能力が発揮でき、持続できるからだとした。
  8. また11隻体制では国家軍事戦略を「ぎりぎりで達成できる」だけとも発言している。揚陸艦は太平洋地区に5隻以上必要と求めているとも発言。
  9. 太平洋軍へは伝統的に海軍艦艇の50%ほどが配備されてきた。現在は150隻ほどになる。
  10. 兵力再配備ではイラク戦が終了し、アフガニスタンが収束する前提で、180隻へ増やすことになっていた。ジェイムズ・インフォフェ上院議員(共和、オクラホマ州)他同委員会の主要メンバーによるともし予算管理法(2011年)の自動削減が再度2015年に発動となると太平洋全体の艦艇数は150隻のままだという。
  11. ロックリア大将は日本等の同盟各国ならびにシンガポール等連携各国から「米国防予算の今後の方向性が注意深く観察されているとし、各国への影響とともに合衆国の地域における存在感についても同じだと発言。予算削減で合衆国が力を維持できるか懸念が増えているという。
  12. サイバー分野には「悪役」が多いとし、中国もその中に含まれると発言。ただし、「わが方にまだ相当の優位性がある」と言う。「サイバー攻撃は相当発生している」とし、いったん減少したように見えても、再び増加してくると、発言。
  13. 米陸軍大将ガーティス・スキャパロッティ(在韓米軍司令官)Gen. Curtis Scaparrotti, commander of forces in Korea, からは北朝鮮が「これまで以上に非対称的脅威を増やして」いるとし、核兵器とミサイルが将来は合衆国を射程範囲に入れる可能性がるとし、「サイバー分野にも大幅な投資をしている」とするが、現状では韓国の「サービス取引とインターネットサイト運用能力を妨害」しているという。席上では同大将はくりかえし北朝鮮を統率しているのは誰かと質問を受けていた。「金正恩が完全に掌握していると信じます」と同大将は答えていたが、現政権が実父の時代よりもはるかに予測困難になっているのは確かだ。.
  14. スキャパロッティ大将は在韓米軍は装備も行き渡っており即応体制ができており、韓国を「非常に高く」評価している。しかし同大将の懸念は仮に朝鮮半島で戦闘が始まった場合の米軍後続部隊の即応体制であることが判明した。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目