ステルス機の優位性はどんどん失われつつある 



Can China’s New Destroyer Find U.S. Stealth Fighters?

USNI News
By: Dave Majumdar
Published: May 14, 2014 10:45 AM
Updated: May 14, 2014 11:33 AM
The first of the People's Army Liberation Navy Type 052D Luyang III destroyer. PLAN Photo
人民解放軍海軍のタイプ052D旅洋III級駆逐艦の一号艦 PLAN Photo


中国の新型駆逐艦タイプ052旅洋-III Luyang 級はロッキード・マーティンF-35ライトニングIIステルス戦闘機を探知できるのか。 

同艦が搭載する新型レーダーに関する英国、中国、ロシア各報道では可能としているが、その根拠ははっきりしていない。このうち、ロシア地政学問題研究所のコンスタンティン・シブコフ Konstantin Sivkov, director of the Russian Academy for Geopolitical Issues が同駆逐艦のアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)方式のレーダーはF-35を350キロメートル先から探知、追尾し、兵器を誘導できるとしている。
.
タイプ052Dが搭載するタイプ346AESAレーダーとタイプ518LバンドレーダーはCPMIEC HQ-9B艦対空ミサイル防衛システムと一体運用される。HQ-9Bの有効射程は200キロメートルといわれる。

シブコフの説明には疑わしいところもあるが、すべてが誤りではないようだ。タイプ346レーダーがイージス艦が搭載するSバンドのロッキードSPY-1レーダーと同等の性能である可能性はある。
An image from Chinese media of a H9 missile test shot in 2012.
中国国内報道でH9ミサイルの初発射が報道された(2012年)

.
戦術機サイズのステルス航空機は高周波帯のC,XあるいはKuバンドへの対応を最適化している。ただし周波数の波長が一定限度を超えると共鳴効果が発生して、機体のシグネチャが大きく変化することがある。

たとえば尾翼が波長の8倍を下回ると共鳴現象が発生する。小型ステルス機ではレーダー吸収剤の塗布の厚さに限界があることもあり、特定の周波数帯に最大効果を発生するように最適化してある。

ただし、ステルス機は低周波数レーダー(SやLバンド)に対してレーダー断面積が変化していくので、ステルス機の探知追尾にはいろいろな要素が利用できる。

ただし航空機とレーダー発信源の距離により効果は変動し、共鳴効果の場合も多方向に反射される航空機からの返しの強度にも依存する。
.
共鳴現象が発生したとしてもF-35のようなステルス機を追尾するだけの十分な強度をもった返しは発生しないかもしれない。

そのほかにもLバンドとSバンド大部分ではレーダー解像度セルが大きすぎて兵器を有効に追尾させられないと主張する向きもある。

そうだとしても、SPY-1レーダーおよび今後登場するレイセオンの対空・対ミサイル防衛レーダー(AMDR)もともにSバンドでも高周波数帯で作動する設計で、兵器を誘導することが十分可能だ。もし中国のシステムが同等の性能だとすれば、(実際その兆候は見つかっている)HQ-9Bミサイル誘導が十分可能となる。

また業界筋によれば解像度セルを小さくする方法があるという。大きなセルはUHFやVHF含む低周波数レーダーで発生するもの。その鍵はネットワークだ。複数の低周波数レーダーを高速データネットワークで結べば、解像度セルを調整し、ミサイルを正確に誘導できるという。

現時点では合衆国の敵となりうる国が同様の性能を実用化しているかは不明で、可能性はわずかとみられる。ただし、ロシアあるいは中国がネットワーク接続によるシステムを開発してないとは考えにくい。両国ともにその実現に向けて努力を積み重ねている可能性はある。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目