黒海に米巡洋艦派遣、NATO艦船はこれで二隻目に

ウクライナ大統領選挙が日曜日に迫る中、米海軍は巡洋艦を黒海に派遣しています。

U.S. Sends Guided Missile Cruiser to Black Sea, 2 NATO Ships in Region

By: Sam LaGrone
Published: May 23, 2014 8:38 AM
Updated: May 23, 2014 8:38 AM
USS Vella Gulf (CG-72) transits the Atlantic Ocean on March 19, 2014. US Navy Photo
USS Vella Gulf (CG-72) transits the Atlantic Ocean on March 19, 2014. US Navy Photo


米海軍はタイコンデロガ級誘導ミサイル巡洋艦USS ヴェラガルフ USS Vella Gulf (CG-72) (9,800トン)が23日に黒海に入り、「地域内の安定と治安の維持に寄与させる」と発表した。

同艦が作戦行動に入ると、黒海のNATO艦船は二隻となる。フランスは先週から情報収集艦デュプイデロメDupuy de Lôme (A759)(3,600トン) を派遣している。

二隻はロシアがクリミア半島を実効支配したことを受けて開始された、地域内同盟諸国支援の西側プレゼンスの一環となる。合衆国は2月の冬季オリンピック競技支援を皮切りに黒海でプレセンスを断続的に維持している。

直近ではフリゲート艦USSテイラーUSS Taylor (FFG-50)およびUSSドナルド・クックUSS Donald Cook (DDG-75)が派遣されていたが、後者は黒海入り直後にロシア戦闘機から挑発を受けている。テイラーは5月中旬に黒海を退出し東地中海のNATO海上部隊に合流した。
.
黒海に自国領土を持たない諸国の艦船は1936年のいわゆるモントルー協定により、21日以内に黒海から退去を求められる。■

コメント

履歴書の書き方の見本 さんの投稿…
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目