レッドフラッグ演習後の米空軍コメント

AW&ST電子版11月5日

Su-30MKIを操縦するインド空軍パイロットはプロだが、まだ機体性能をフルに生かした空戦の勉強中と言うところだ。

というのが、名前を伏せたあるF-15パイロットが直近のレッドフラッグ演習について空軍高官むけにおこなったブリーフィングでの発言内容だ。このビデオがYouTube.comで見ることができる。

新鋭ダッソー・ラファールを駆るフランスのパイロットがインド空軍機の電子声紋を収集していいたようだと上の米空軍のパイロットは語っている。このパイロットは空軍武器学校のパッチをつけている。

フランスは当初ミラージュ2000-5を参加させる予定であったが、インドがSu-30MKIを持ち込むと知り、高性能の電子偵察装備を搭載したラファールに切り替えたと同パイロットが話している。、

レッドフラッグでは「9割の時間をインド機の追跡に割り当てて、模擬空戦をしていた」という。また、フランスのパイロットは砂漠の嵐作戦やその後の平和維持行動でも同じ対応をしており、米軍機の電子作戦能力の作動状態を知るため情報を収集していたという。

同パイロットはインド空軍パイロットを賞賛し訓練規則の違反はまったくなかったと語る。しかし、「友軍を多く撃墜した」のはロシア製のデータリンクを使ったため、他の参加機に共通して利用可能な戦闘空域の全体図が見られなかったためだという。他の型式の機体の戦闘識別ができなかったことも混乱の原因となった。

米国もSu-30MKIのレーダー性能に関心を示した。Su-30の電子スキャンレーダーは米国製のアクティブ電子スキャンレーダー(F-22と一部のF-15に搭載)の精度に劣る。また、探査範囲、判別範囲が少なく、識別能力も劣る。

-22を次世代のドッグファイト戦闘機として評価するが、同機が搭載するミサイルが少ないことと機内搭載の機関砲がインド空軍が運用するMig-21バイソンのような敵機には有効だと語る。F-22のレーダー断面積は小さく、空戦開始まで、あるいはアーチャーミサイルを発射するまではF-15CやF-16のレーダーではほとんど写らないほどだという。

Su-30MKIのレーダー断面積はずっと大きく、演習の最初の三日間でF-16やF-15が連続して勝利していたという。

米軍パイロットの間ではSu-30MKIはF-22の比ではないとの結論だ。ただし、インド空軍パイロットが戦闘飛行訓練をつめばF-16Cブロック50や通常型レーダー搭載のF-15Cを毎回撃墜できるようになると予測している。

コメント:米空軍が開始した演習はいまや各国空軍の参加する国際イベントになった観がありますが、その裏では各国の利害がかかった虚虚実実の駆け引きがあるのですね。来年はパキスタン空軍も参加するという情報もあります

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目