ノルウェーの選択はグリペンNGを退けF-35に

AW&ST電子版11月20日


ノルウェー国防省はロッキードマーチンF-35を次期主力戦闘機に選んだ。

 F-35統合攻撃戦闘機にはノルウェーも開発資金を拠出しており、以前より選択肢のトップであったが、同国は同時に小規模ながら同機の競争相手サーブ・グリペンNGも出資していた。スウェーデン政府の後ろ盾のあるサーブは営業攻勢をかけ、見返りの多い製作分担提案を持ちかけたのでノルウェー産業界にグリペンNGを支持する向きもあったのは事実。ユーロファイター・タイフーンはすでに競合から脱落していた。

「統合攻撃戦闘機は候補機の中で優位性ありと考えられ、情報処理、偵察能力、空中戦闘、迎撃、対地上攻撃のいずれでも優れている。」(国防相アンネ・グレタ・ストリーム・エリクセン) ただ、両候補機ともに採用に値する、と付け加えている。

この決定はサーブには痛い敗北で、ノルウェーをグリペンNGのローンチカスタマーにしようと考えていた。次の勝負は来年のブラジルで、同社の競争相手はダッソー・ラファールとボーイングF/A-18E/F

「ノルウェー政府の決定は残念かつ驚かされました。グリペンは運用性能要求を満たし、価格は定額で明示していたからです。さらに、広範囲かつ強力な産業協力案も提示していました。」(サーブCEO アケ・スウェンセン)

ノルウェーはF-16後継機として選択したため、ロッキードにとっては大勝利。また、国際競争の激戦市場でF-35の初の勝利でもある。なおノルウェーの購入規模は48機で、実戦配備は2014年開始が希望。

先週行われた本誌との円卓会議において米空軍チャールズ・デイビス少将(共用攻撃戦闘機計画の責任者)はノルウェーとデンマークが結局はJSF採用に回ると予測していた。同少将は性能の高さと西側同盟国との間に形成されるユニークな団結心がF-35の大きなセールスポイントだと指摘している。「長い目で見れば同盟国のすべてが採用するだろう」(同少将)

コメント:スカンジナビアの人名には疎いため、上の国防相はじめと刷る人名には表記に誤りのある可能性があります。なお、JSF は統合打撃戦闘機と訳す向きがあるようですが、本ブログでは統合攻撃戦闘機としています。日本にとっても選択の時期が迫ってきたと考えていいのではないでしょうか。ただし、日本は同機の開発にはまったく資金提供していません。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目