中国軍の南シナ海での活動強化が同地域各国の軍事力拡充を招いている

                                                                    
                                           

    
                

South China Sea Drives Regional Choices

aviationweek.com Mar 29, 2012                                                         
中国が一層強く領有権を主張している南シナ海で東南アジア各国の国防上の最優先事項は状況を監視し自国の領土を防衛することにある。.
  1. 中国海軍の潜水艦、艦船、監視航空機が該当地域を巡航しており、各国は中国が軍事施設を建設し、石油・ガス掘削施設の開設に道を開くことを危惧している。なお、中国はミスチーフ礁に恒久軍事施設を構築している。.
  2. シンガポール除く地域各国は中国の大規模な軍事力に対して自国装備が貧弱であることを認識しており、まずは主力戦闘機の更新に急いでいる状況だ。空中早期警戒(AEW)と戦闘機向けネットワークの重要性も改めて認識されている。
  3. こ の地域ではずば抜けた軍事力を持つシンガポールはガルフストリームG550にELTAしシステム製のAEW任務用装備を搭載している。同国の戦闘機部隊は ロッキード・マーティンF-16とボーイングF-15で構成される。このうちF-16は改修を受けることが決定しており、AESAレーダーならびにデータ リンクを装備したF-16Vはロッキード・マーティンF-35およびF-22とのデータ交換が可能だという。シンガポールは2003年よりF-35開発に 正式に参加しており、同機の発注をするものと予想される。
  4. シ ンガポールと同等の装備が可能な東南アジア諸国は他にない。それでもなんとか同等の装備取得を目指す動きがある。タイはサーブ・エリアイ Saab ErieyeAEW機を運用しており、発注を追加するようだ。同時にサーブ・グリペンJAS39C/D合計6機を受領しており、さらに6機追加発注中だ。 グリペンにはエリクソン/GEC-マルコーニ製のPS-05/Aを搭載しており、スウェーデン空軍と同等の能力がある。
  5. タ イは更にグリペン6機追加発注する予想があり、合計18機に拡充する。グリペンはノースロップF-5を更新するための購入だ。ネットワーク機能の威力が大 きな購入動機になっている。スウェーデンは敵勢力の位置関係が把握できる能力が高いことで自国戦闘機を効果的に配置できて数の上で優勢な敵を打破できると 主張する。
  6. こ のネットワーク能力は更に次の段階に進もうとしている。サーブはタイ企業アビアサッtコムAvia Satcom,の株式40%を持ち、このタイ企業は戦術データリンクでAEW機を結ぶ技術を開発している。グリペンとF-16の他海軍機・艦船もリンクさ れる。サーブ・エリアイもリンク16も開発中で、米軍のF-16におデータを送信できるようになるが、タイにとっての利点は全国規模で暗号化されてあデー タリンクで指揮命令系統を活用できることだ。
  7. タ イは稼働中のF-16A/B型の改修も行なっている。ここではノースロップ・グラマン製の機械式スキャンレーダー(APG-68V9)、BAE製の新型敵 味方識別装置(APX-113)、電子戦統制装置(ターマTerma製ALQ-213)、ミサイル防衛装置(BAEのALE-47)を搭載する。タイ空軍 のF-16とグリペンにはレイセオンのAGM-65マーベリック空対地ミサイルとAIM-120Amraam、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル を搭載する。
  8. マレイシアもAEW機を追加装備し自国戦闘機とのネットワーク能力向上をめざしている。ノーすロップ・グラマンE-2Dならびにエリアイ製レーダーを搭載したエンブラエルEMB-145の導入を検討している。
  9. またマレイシアは現在配備中のRSK MiG-29の機種変更を検討している。この選定候補はサーブのグリペンJAS39C/D、グリペンNG,ボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネット、ユーロファイターのタイフーン、ダッソーのラファール。
  10. マ レイシアにも旧型のホーネット8機があるが、スーパーホーネットと同等の任務はこなせないと見られる。ボーイングからはGPSおよび敵味方識別能力、共用 型ヘルメット搭載指示装置(JHCS)を内容とする能力向上策が提案されている。JHCSはマレイシアにとってAIM-9X-2サイドワインダーミサイル を導入していることもあり特に必要と考えられている。JHCSを使って同ミサイルの目標捕捉機能に方向を支持し、単に目標を黙視するだけで同ミサイルが誘 導されるからだ。
  11. ラファールもスーパーホーネットと同様に現役の海軍用戦闘機だ。海上運航は重要な要素で同国のクアンタン空軍基地は南シナ海領有権益の保護の役目を持つ。.
  12. イ ンドネシアも南シナ海の権益保護に重大な関心を有しており、米国からロッキード・マーティンF-16C/D合計24機を無償で供与受けつつあり、これに 750百万ドルを支出してブロック52と同等の能力獲得の改修を加える。この改修では敵味方識別警戒レーダー(レイセオンALR-69),モジュラー方式 ミッションコンピュータ、電子戦装置(ターマALQ-213)、ミサイル防御システム(BAEのALE-47対抗措置ディスペンサー)を搭載する他、状況 把握用のデータリンクと目標捕捉用ポッドを加える。
  13. さらにインドネシア空軍なAEW機材の追加導入を求めており、F-16とのネットワーク機能の向上をめざしている。現在はボーイング737-2X9サーベイラーに側方監視空中多用途レーダーを搭載した機材を3機運航している。
                         


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目