中東の核バランスを守るのは強固なミサイル防衛体制だ

11月になりました。ハリケーンのため新規記事が不足しており、ちょっと古いネタをご紹介します。有効なミサイル防衛体制がその効果をあげている事例がイスラエルです。東アジアで、現実に冷戦時代並のの安全保障環境になっているわが国にも参考になりますね。

 

Defense Plays Key Role In Nuclear Balance

aviationweek.com October 22, 2012

もしイランがイスラエルに脅威感を持たせれば、真の脅威となるはずである。イラン指導部の最悪のシナリオは核攻撃が失敗し、同国が国際社会の笑いものになったあともたっぷりと武装をした敵対国の怒りを無視することだ。

  1. 核 脅威がどこまで信用性をもつかには兵器体系、運搬手段、防衛体制が関係する。核兵器を日本に対して使う決定をした際には多くの要素が絡み、現時点から見れ ば考慮の不要なものもあったのは事実だ。日本には報復手段が存在しておらず、大量破壊兵器使用に対する良心の咎めも連合国側にはそれまでの大量爆撃により とうに消失していた。その時点で運搬手段も利用可能となっており、B-29は昼間に日本上空に到達し、高い確率で任務に成功し無事帰還する見通しが立って いた。
  2. イ ランの場合では中距離ミサイルと核弾頭の同時開発で目的を実現できる。これまでのところ、この仕事を迅速かつ安価に完成させた国はない。通常弾頭を搭載し た非精密誘導ミサイルが地域を横断する距離で発射されても意図したとおりの目標に正確に到達することはできず、でたらめな地点が破壊されたり、大都市圏内 で破壊効果が薄く広がるだけだ。イランはこれにかわる核兵器運搬手段の実現ができる見通しが立っていない。
  3. 冷 戦時代に米ソ両国が核兵器運用体系としてミサイルと弾頭を生産している中で、双方ともに効果ある兵器の生産確保に時間がかかったという事実が特に初期段階 で存在したことがともすれば忘れられがちだ。目的達成には特別な技術が必要で、高温に耐える素材とか液体あるいは固体燃料の推進機や核分裂物質の起爆材料 が研究開発された。研究開発をさらに複雑にしたのは実験を行うことでそもそもの装置そのものが破壊されたことだ。
  4. . イランについていえば、複数の筋から同国が「数百基の」シャハブー3Shahab-3ミサミサイルを有していると見られている。シャハブ-3はロシア製 R-11/R-17スカッドを原型とし、北朝鮮製ノドンミサイルから開発されたものであるが、イランの有する発射台の数は少ない。同ミサイルはトラクター により道路上を牽引移動できるものの、液体燃料のため燃料運搬車が随走し、燃料充てん前に直立させる必要があるので、探知されやすく脆弱な目標になる。 (これが米国が液体燃料のレッドストーンミサイルを固体燃料のパーシングに置き換えた理由である) イランの固体燃料ミサイルであるセジルSejjilの 生産には本体、推進剤で新しい産業基盤が必要であり、いまだに試験段階のままだ。
  5. イ スラエルはイランが核兵器の各部品を同時並行で開発中と見ている。「そのため起爆メカニズムと爆発物特性を同時に研究開発しているのです」(エフレム・ア スチュレイEphraim Asculai,、テルアヴィヴ大学国家安全保障研究所上席研究員)「情報収集からこの研究はパルチンParchinの核研究施設で行っていることがわか りました。設計は完了し、金属容器内に起爆タイミングのメカニズムを収容しています。国際原子力エネルギー機関が同地の訪問を要請したがイラン側が拒絶し ています」
  6. 「イランはシャハブ3以外に固体推進剤の開発を進めています。そして弾頭を装着する動きが情報収集で判明しており、既に数発が準備完了していますが、核分裂物質は装填されていません」
  7. 「イ ランが手に入れた低濃縮度ウラニウムは5,000キログラムですが、原料ウラニウムは5,000トンしかありませんので原子力発電用には不十分ですが、核 兵器製造には十分な量です。この濃縮済みウラニウムから原爆3ないし5発の製造が可能です。最低でも4発が必要でしょう。一発は地下実験用、もう一発はそ の予備、残る2発は抑止兵器として保有します」
  8. 「工 程は後になるほど加速しますが、最初の段階では各種の遠心分離機をつくり、特別な収納容器も必要です。おそらくフォルドウFordowの地下濃縮プラント で作業しているのでしょう。これは2009年に同工場の存在が明らかになった段階で決定的証拠です。民生用ではありません。イランは隠蔽工作に長けてお り、フォルドウ施設の発表は偶然の結果ではありません」
  9. これとは別に国際安全保障科学研究所 Institute for Science and International Security (ISIS) から10月初めに発表された独自分析ではイランは「相当な量」 “significant quantity” (SQ) の兵器級ウラニウムweapons-grade uranium (WGU)25キログラムを入手しており、核爆弾一発を作成する最低量に匹敵し、突貫作業で2ないし4ヶ月で完成させられる、としている。
  10. ただし、その実行のためにはイランは現在貯蔵中の2%低濃縮ウラニウムを全部使い切る必要があり、そうなるとその後でSQを再び確保するのは時間が余分にかかることになる。濃縮原料がない状態から工程を再開するためだ。
  11. .ISIS の試算ではSQの二単位を4.6から8,3ヶ月でイランは確保できるとし、ナタンツNatanz施設の遠心分離設備のコンピュータシミュレーションによる ものだという。また濃縮工程に手を加えれば8.9から12.8ヶ月でSQを4単位確保できる。ただしこれでLEU在庫を使い切り、その後に爆弾用の原料を 確保するには9.5から17ヶ月必要となるという。これはナタンツ施設の場合で、より小規模のフォルドウでは一発分の原料確保に最低21ヶ月必要だとい う。
  12. イランが自国の立場を強化するには攻撃を延期し、LEU貯蔵量を増やせばよいのであるが、その間にイスラエルの防衛力整備が進むし、イランへの国際制裁は残ったままである。
  13. さ らにイランは「妨害活動」を受けていると引き続き抗議しており、IAEA査察官も関与しているといっているが、核開発が水面下で攻撃を受けていることを示 唆しているのだろう。最近は送電線が爆弾攻撃の対象となり、核開発を全体として管理しきっていないようだ。サイバー攻撃の影響もある。ISISが使ったモ デルではこういった阻害要因は考慮に入れていない。
  14. またWGUが25キログラムが爆弾一発に本当に相当するのか。ましてやミサイル弾頭になるのか。爆弾は技術開発の後で実験が必要だ。今までのところ、物理的な実験を経ずして核弾頭運用をしているのはフランスだけだ。そして弾頭は再突入機体 reentry vehicle (RV) に装填し、正確な高度で信頼度高い起爆ができるように保護、通電する必要があるのだ。 
  15. イ ランはイスラエル防衛網に対して有効な脅威策を検討する必要がありそうだ。攻撃と防衛のバランスが冷戦時代と逆になる。有効な防衛網突破手段として低視認 性遠隔操縦機や囮が利用可能になるまでは(実用化には相当の時間ががかると見られる。冷戦時代でも相当の技術難易度だったので)イランに残された唯一の戦 術は一斉発射でイスラエル防空体制に打ち勝つことだけだ。
  16. .イスラエルはまさにその脅威を想定して防空体制を整備している。迎撃ミサイルでは新型二種類を導入するほか、現有のアロー2ミサイルを改修する。この改修でアローはより高速の目標に長射程で対応できるようになる。
  17. その先にアロー3大気圏外迎撃ミサイルがあり、開発中だ。推力方向変更方式で目標に衝突し破壊する。アロー3ミサイルがイスラエル防空体制の最上部をうけもち、中間軌道で敵ミサイルに立ち向かう構想だ。
  18. . アロー2と比較するとアロー3の射程は二倍になったが、重量は半分だ。目標データは光センサーを通じて継続して受信し、第二段目の最終ブースターにも独自 のモーターがあり、運動性が増強されている。アロー3一基で30秒間にミサイル5基に対応できる設計で、発射後でも方向変更は可能だ。
  19. . もうひとつ2013年に登場するのがダビデのパチンコ David's Sling 迎撃ミサイルで、現在は最終開発テスト中で、来年に初期作戦能力を獲得する。アロー2やアイアンドームが対応目標を明確に想定している中、ダビデのパチン コは柔軟かつ多用途兵器システムとして航空機、巡航ミサイル、誘導ミサイル、長距離弾道ミサイルそれぞれに対応できるよう開発された。陸上、海上あるいは 空中から発射可能で、デュアルバンド(レーダーと赤外線画像)のシーカーと強力なマルチパルスロケット推進で最終段階の運動性が高い。
  20. . イスラエルのミサイル防衛部隊は棚上げになっていたミサイル最適化対弾道弾防衛構想を復活するだろう。同構想は1990年代に提唱されていた。その内容は 敵ミサイルを発射後の上昇段階で撃墜するもので、短距離射程のパイソンミサイルを高高度飛行中のUAVから発射するもの。提唱当時には長距離飛行が可能な 無人機がまだなかったが、現時点ではヘロン Heron TP HALE UAV とスタナー・ミサイルがあることから同構想が再度日の目を見ている。UAVにはミサイル迎撃以外に早期警戒と追跡の任務も期待できる。
  21. もうひとつイスラエルの防衛体制の鍵になるのが革新的無意思決定技術でラファエル Rafael  の関連企業 mPres tが開発し、アイアンドーム短距離ロケット防衛システムに採用された、ミサイルとセンサー類を組み合わせて複雑な交戦状態を管理する技術だ。
  22. そしてイスラエルは米国とミサイル防衛で密接に協力しており、有事の際には米部隊の地上あるいは海上配備で防衛体制を強化する期待が可能だ。
  23. イ ランはほかの妨害手段にも注意が必要だ。迅速な発射が可能な固形燃料ミサイルが運用可能になるまでは、現有のミサイルが地上では脆弱な存在であることも事 実だ。移動式兵器の指揮命令系統を電子攻撃の対象になりやすく、、ジャミングの影響も受けやすい。またサイバー攻撃でミサイルと発射制御の連動が妨害を受 ける可能性も高い。
  24. そ こでイスラエルの防衛装備の進展がイランの作戦立案上のジレンマになっている。「受け入れがたい損害」とするために一定数のミサイルが必要でイスラエルを 核のこう着状態に引きずり出すことが狙いだ。しかし、ミサイルの必要数は今後増加せざるを得ない。というのはダビデのパチンコとアロー3が配備されるため で、イランも情報収集活動でその数を推測できるに過ぎない。そうなるとイランは核開発を急ぎたくなる誘惑に駆られ、イスラエルは次の段階の装備改善に当て る時間がなくなる可能性も出る。
  25. そ の結果、イランの核開発はイスラエルの防衛体制整備との競争になり、もしイランが核開発を特急で開発しようとし、核実験を早期に実施したら、失敗の可能性 なく安心して使える核兵器開発の道が遠のくことになろう。同時に攻撃を招き、開発がさらに厳しくなる事態になるかもしれない。それでなくてもイランの経済 は制裁の効果で悪影響を受けており、実際に軍拡に専念できるだけの資源はなくなっているのだが。■

コメント イ ランは現時点で有効な核兵器運搬体系をもっていないということですか。その抑止力として強力なミサイル防衛網を整備するイスラエルにとっては今年はよくて も近い将来の安全の保証はありませんので、そうするとどこかでイスラエルがイラン攻撃のオプションを選択する可能性があるということ?

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目