F-22墜落事故がフロリダで発生  

F-22 Fighter Crashes In Florida, Pilot Unhurt


aviationweek.com November 16, 2012

米空軍のF-22戦闘機が15日にフロリダのティンドール空軍基地Tyndall Air Force Basで墜落したが、パイロットは安全に脱出し無傷と基地の広報官が発表した。
事故機は通常の訓練ミッションから帰還途中で、現地時間午後3時30分ごろに墜落している。
事故現場近くにはハイウェイ98号線があり、事故により二時間閉鎖された。搭乗パイロットは氏名不詳だが深刻な外傷はないと基地広報官は明らかにした。.
空 軍は2011年にF-22全機の飛行を5ヶ月に渡り停止したことがあり、その経緯はパイロットの意識が低下し機体制御ができなくなる事態が発生したため だった。空軍はその原因をパイロットへの酸素供給量が不足したためとした。今年7月に国防総省は飛行制限を解除し、長時間飛行が今夏から再開されていた。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目