イランが米無人機をペルシャ湾上空で攻撃

Iranian Warplanes Fired On U.S. Drone Over Gulf



aviationweek.com November 08, 2012

イラン軍用機複数が米国の無人機一機に自国領空外で発砲をしていたことがペンタゴンの発表で判明した。事件は先週発生したが、前例のない出来事でもあり、イラン政府には外交チャンネルを通じて厳しい警告が発せられている。
  1. ペンダゴンによると11月1日の交戦はイランから非武装米軍機体に発砲した初の例で、無人機はMQ-1プレデターだった。
  2. .ペンタゴン発表によるとイラン空軍Su-25フロッグフット二機が東部標準時午前4時50分に米軍無人機を迎撃してきた。無人機は極秘監視ミッションに従事しており、飛行地点はイラン沿岸から16海里離れていた。
  3. イラン機は数回に渡り発砲したあとプレデターを追尾し、すくなくとも数マイルこれを維持したが、プレデターはイラン領空から相当離れて飛行していた。
  4. .米国政府は警告メッセージを外交チャンネルでイランに送っており、米国は自国の軍用機材を防御し、今後も監視任務に機材を送り続けるとしている。
  5. 今回の事件はイランが墜落した極秘CIA無人機を回収した昨年の事件の後を受けて、米国とイランの間の緊張状態がエスカレートする可能性をあらためて認識させている。
  6. .バラク・オバマ大統領は国内及びイスラエルから高まるイラン軍事攻撃の実施に抵抗し、数次にわたる制裁の継続が有効だとしている。今週木曜日に制裁内容がまたきびしくなったばかりだ。
  7. .米国はイラン通信相および文化イスラム指導省がイラン向け国際衛星放送を妨害し新聞報道を検閲、ジャーナリストを次々に勾留しているとして制裁措置を課している。
  8. .米国務省はイラン通信相レザ・タキプールReza Taqipourが放送妨害とインターネット接続を制限する命令を出したとしている。
  9. 「わが国はイラン国民が自らの尊厳と自由を求める横に立ち、イラン政府が『電子カーテン』を形成し、イラン国民を世界から切り離すことを発生させない」との声明が国務省から発表されている。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目