F-35 海兵隊が初の飛行中隊を編成しました

US Marines Establish First Operational Squad Of F-35 Fighters

By Reuters

aviationweek.com November 21, 2012

.米海兵隊は11月20日にF-35初の戦闘機中隊をユマ基地(アリゾナ州)で発足させた。
  1. 同基地にはF-35B三機がすでに到着しており、さらに13機が来年中に加わる。海兵隊は5億ドルで同機用の格納庫、訓練用高性能フライトシミュレーター、整備施設を新設している。
  2. 新設飛行中隊は今年末に飛行を実施する予定で、このたび発足式がペンタゴン、ロッキードの幹部に加え同州選出マケイン上院議員Senator John McCain(上院軍事委員会で共和党トップ)も参加してとりおこなわれた。
  3. It marked good news for the radar-evading Lockheed fighter program, which has been restructured three times in recent years to save money and allow more time to work out technical kinks.これまで三回に渡り立て直しを図ってきた同機の開発で今回の飛行中隊発足は朗報だ。
  4. Marine Corps Commandant General James Amos said it was a historic day for the smallest of the U.S. military services, which urgently needs to replace its aging fleet of older model F/A-18 fighters built by Boeing Co, and AV-8B Harrier jets, which are growing expensive to maintain.海兵隊にとってもF/A-18初期型の老朽化が進む中でこれは大きな意味を持つ日になった。
  5. .「本中隊は海兵隊のみならず米国、世界初の第五世代、多機能ステルス戦闘機部隊で、本日から運用を開始する」(海兵隊総司令官ジェイムズ・エイモス大将Marine Corps Commandant General James Amos)
  6. エイモス大将はF-4ファントムを操縦していたが、新型機には『目から涙がでるような」性能があると語ったが、機密保護のため具体的な性能の説明はしなかった。
  7. わずかに年前にはペンタゴンはF-35B短距離陸垂直着陸型の開発を深刻な技術問題を理由に取りやめようとしていた。
  8. マケイン上院議員もコスト超過や技術問題を理由にF-35には批判的だったが、最近の進展を評価している。
  9. 「長い間同機には不満だったが、今では正しい方向に動いていることに安堵している」と同議員もスピーチで語った。
  10. ただし、成功の域まで達するまでにはまだ課題が残っていると同議員は苦言を呈しており、ペンタゴン関係の各機関管ならびに同機を製造する民間各社と政府の間での連携をつよめるべきだとしている。
  11. 12月6日付でペンタゴンのF-35総括責任者となるクリストファー・ボグダン空軍中将Major General Christopher Bogdanは9月に政府と民間各社の関係は最悪だと発言していた。
  12. .新設中隊は海兵隊第121戦闘攻撃中隊となり、指揮官のジェフ・スコット中佐はハリヤーを14年間操縦してきた。同隊は最初は1941年に編成され、1989年にはボーイングF/A-18Dを最初に配備された隊となった。
  13. 2015.ユマではF-35Bの運用評価を実施し、本格運用を2015年に開始する一助とする。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目