次期大統領専用ヘリの選定が始まる

US Navy Moves Ahead To Replace Presidential Helicopters

By Reuters

aviationweek.com November 27, 2012

米海軍がマリーンワン大統領専用ヘリ部隊の老朽化へ対応する動きを遅まきながら示しはじめている。その一号機は2020年から供用開始となる予定。
  1. .前回の海軍による大統領専用ヘリ調達計画は2009年にロバート・ゲイツ国防長官(当時)がロッキード・マーティン案をキャンセルしたことで終了している。その理由として仕様要求が繰り返し変更されたことで総額がほぼ倍増の130億ドルに膨れ上がったことが取り上げられていた。
  2. 先週金曜日に海軍が発表した提案公募要領では新造ヘリ25機を購入する内容で応募企業に12月5日までの回答を求めている。また入札企業には12月10日の週に非公開会合で政府側から詳細内容を説明するとしている。
  3. ロッキード・マーティンはシコルスキー航空機と組み、シコルスキーS-92で入札する。
  4. 前回ロッキードと提携したアグスタウェストランドノースロップグラマンとチームを組みアグスタウェゥトランド101を提案する。
  5. ボーイングはH-47チヌークまたはV-22オスプレイでの入札を検討中だ。
  6. 現行機材はVH-60ナイトホークとVH-3Dシーキングでともにシコルスキー製。機材運用は海兵隊だが、調達は海軍が担当する。
  7. 入 札公募は連邦政府調達情報ホームページで11月23日に掲載されていた。海軍はその中で実用化ずみ通信装置を既存機体に搭載することを目標においていると 説明。また、調達要求の最終版は2013年3月に公表し、初回の技術設計契約を2014年中ごろに締結したいとしている。
  8. 海軍スポークスウーマンのケイト・ミューラー大佐Captain Cate Muellerは固定価格を基本に、開発奨励金をつけた契約を海軍は希望しており、固定価格を条件にまず低率初期生産をかいししてから本格生産に持っていきたいとしている。
  9. 海軍は2013年度から2017年度にかけてこの調達関連で18・5億ドルを形状しており、初年度は61.2百万ドルで始め、2017年度には687.7百万ドルに増やす。
  10. この海軍による調達案は軍用製造メーカー各社が国防予算削減を覚悟し、1月からの5,000億ドル削減を回避しても国防予算削減は避けらない中で発表されたもの。
  11. 議会筋からは徐々に予算規模を増やしていこうとする海軍案は予算削減が追加されても生き残る可能性が高いと評価されている。
  12. なお、前回の調達で実際にロッキードが製造した機体はカナダに売却済みで、部品はデンマークが購入したという。
  13. この売却代金の金額は不明だが、海軍はこの金でロッキードへの計画取り消し費用の一部を支払おうとしていた。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目