湾岸地帯にレーザー兵器を実戦配備する米海軍

U.S. Navy Planning Gulf Deployment For Laser Weapon

By Graham Warwick
Source: Aerospace Daily & Defense Report

aviationweek.com April 09, 2013
試作型レーザー兵器が個艦防衛手段としてアラビア湾の米海軍艦船に搭載され、実証実験を行う。

  1. レーザー兵器システムLaser Weapon System (LaWS) はドック型揚陸輸送艦USS Ponce (LPD-15)の6ヶ月の実戦配備中に実証を行い、同時に襲撃艇や無人機を対象に実戦対応する。
  2. LaWSは海軍水上戦センターNaval Surface Warfare Centerのダールグレン支部が中心となり産業界チームで開発した。イージス駆逐艦USS Dewey (DDG-105)で公試を昨夏に実施しており、三回の試射で三機のUAVを撃墜した。
  3. 工業用ファイバーレーザー技術を元にしたLaWSが選定されたのは高エネルギーレーザー照射技術として成熟度が一番高いため、と海軍技術開発のトップ、マシュー・クランダー少将Rear Adm. Matthew Klunderは明かす。
  4. 海軍研究部Office of Naval Research (ONR)の革新的海軍装備開発の第二段階として、産業界チームは量産型高エネルギーレーザー兵器システムの開発研究を始めている。
  5. LaWS試験はチャイナ・レイク海軍航空基地近隣の砂漠で開始し、カリフォーニア沿岸沖のサン・ニコラス島付近でも行っている。
  6. 駆逐艦デューイではヘリコプター甲板にシステムを設置し、単独運用した。三回の撃墜成功は「UAV相手に12回発射12回撃墜に相当」とクランダー少将は解説する。
  7. 揚陸艦ポンスでは艦内の戦闘統制システムに統合し、近接戦闘システム(CIWS)のセンサー、操作卓と一体になる、とトーマス・エクレス少将Rear Adm. Thomas Eccles(海軍海上システムズコマンドで海軍システム技術主任技官兼次席司令官)は語る。
  8. 出 力規模は秘密だがLaWSは「産業用レーザーとほぼ同程度」in the ballpark of industrial lasersとエクレスは明かす。産業用レーザーは数十キロワット程度で軍事用のソリッドステートの高出力レーザーは軽く100 kwを超え比較にならない。
  9. それでも同システムは高速接近する襲撃艇やUAVに相当な距離から致命的被害を与える能力を実証しており、アラビア湾はテストに最適な立地と同少将は言う。
  10. 出力をさらに絞れば非致死効果のある抑止手段になり、襲撃艇乗員の目をくらませたり加熱させ「攻撃をあきらめさせ」る効果があると同少将は言う。
  11. 次回の運用実証実験で将来のレーザー兵器の要求性能が形成され、ONRは既存艦船すべてに搭載できるシステムを目指している。
  12. ポンスではデューイと同じく専用発電機でレーザー出力を発生させる。ただし、「運用中の艦船には発電余力が十分あり」今後登場する大型システムにも配電できるとエクレス少将は解説している。■

コメント ペルシア湾というのが日本では通例ですが、原文を尊重してここではアラビア湾としています。日本海と同じように呼称をめぐって同地域でも対立がるようです。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目