オスプレイ後継機で既存ヘリに代わりティルトローター機大量採用を期待するベル

                           

Bell Unveils Third-Gen Tiltrotor Concept

By Anthony Osborne tony_osborne@aviationweek.com

aviationweek.com April 10, 2013
Credit: Credit: Bell Helicopter

ベルヘリコプターはV-22オスプレイの知見を第三世代ティルトローター機に取込み、米陸軍の将来型垂直離陸機Future Vertical Lift 構想に提案する。

  1. V- 280ヴァラーValorは今週開かれた全米陸軍航空協会大会で披露された新型機で陸軍の中型機の要求水準に答えるもの。UH-60ブラックホークやAH-64ア パッチといった多用途ヘリ、攻撃ヘリ約4,000機の後継需要を見込む。ベルはティルトローター機の速度、航続距離、生産性での優位性を強調する。
  2. 新 設計で目を引くのはエンジンだ。傾斜ポッド内に搭載せず、エンジンはローターと常に水平位置に固定され、推進システムを傾斜ポッドに格納する。ベルによる とこの構成で機体側面ドアからの兵員の出入り安全度が高まるとともに敵地接近時の銃発射の有効範囲が広がる。同時に各角度でのエンジン作動の保証手続きが 不要となり開発リスクも低下する。V-280ではローターディスクの負担を減らし、ダウンウォッシュ吹き下ろしの量も減る。
  3. .開発費用削減の鍵はティルトローター機構の簡略化。V-280ではオスプレイの後退翼に対し直線翼を採用。さらにベルがセルカーボンコアLarge Cell Carbon Core technologyと呼ぶ技術で主翼を一枚の構造で製造する予定だ。
  4. このためV-280にオスプレイの主翼折りたたみ機構はつかない。航続距離は2,100 mi.以上とされ、海外展開のニーズにこたえる。
  5. 「太平洋地区へのシフトがあり、作戦範囲を広げながら、小規模部隊の展開が前提となる中で、これは戦力を増強させる性能です」(ベル社FVL担当重役キース・フレイルKeith Flail)
  6. ベルは機体二種類を想定し、多用途型は乗員4名・搭乗者11名、攻撃型はAH-64アパッチの後継機種をねらう。想像図で攻撃型は精密誘導兵器を機体ペイロード格納庫および主翼下に搭載するほか、タレット型機銃を機首下に有する。
ボーイングシコルスキーと共同でシコルスキーX2複合推進技術を基にしたFVL提案をまとめる。ベルも共同事業相手を模索中だ。同社によると「航空宇宙産業パートナー数社」と協議中だが、公表時期含めた日程については言及を避けている。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目