次期米陸軍ヘリへの採用を期待するテキサスの新興企業AVX

AVX Presses Case For Coaxial-Rotor JMR Demonstrator

By Graham Warwick



aviationweek.com May 06, 2013
Credit: AVX Aircraft


新興小企業が大手を差し置いて新型回転翼機の実証事業契約を勝ち取れるだろうか。ベルボーイングシコルスキーを相手にAVXエアクラフトAVX Aircraft は可能と信じている。
  1. テキサス州フォートワースが本社の同社は共用多用途機Joint Multi-Role (JMR) 開発で米陸軍は同社を選定し、高速回転翼機実証二機種のひとつとすべきと主張する。実証機は2017年に初飛行予定。
  2. 選 定の意味は大きい。JMR技術実証機はその後に続く次世代垂直離着陸機Future Vertical Lift (FVL) の先行と位置づけられ、シコルスキーUH-60ブラックホークとボーイングAH-64アパッチ合計数千機にかわり2030年代から就役となるからだ。
  3. 規 模の大きさからボーイングとシコルスキーは共同事業体をJMR、FVL双方で組み、シコルスキーX2高速同軸ローター機を原型とした複合ヘリコプター compound helicopterを提案する。EADSノースアメリカもユーロコプターX3ハイブリッドヘリコプターを原型にした提案で参入の動きを見せている。
  4. AVXの設計案(上図参照)では同軸ローターにダクテッドファンと小型翼を組み合わせている。ただし契約獲得を狙う小企業は同社だけではない。パイアセッキエアクラフトPiasecki Aircraftからは主翼つき複合ヘリコプターにベクター推力ダクトつきプロペラーの機体の提案が飛行ずみX-49Aスピードホーク技術を元に出ている。
  5. .AVX 社はベルの元従業員が発足させたもので、同軸ローター技術、ダクテッドファン技術が基盤だ。同社からはベルOH-58Dカイオワウォリアー武装偵察ヘリの 性能向上改修の提案があったが、なんといってもブレイクスルーしたのはベル、ボーイング、シコルスキーを尻目に同社が陸軍からJMRとFVLの概念研究契 約を勝ち取ったことだ。
  6. 同 軸ローター技術でホバリング効率が向上し、テイルローターの出力損失がなくなる、とAVX社長兼主任技師のトロイ・ガッフィーTroy Gaffeyは説明する。ベルの技術部門長をしていた。ダクテッドファンで推進力が生まれるので、ローターは揚力を生むだけでよく、必要な出力も大幅に縮 小できる。陸軍は速度230ノットを希望しており、エンジン出力の三分の二をファンにまわし、残りをローターが使う。
  7. ロー ターを傾け推力を生む必要がなく、ブレイド荷重を低下し振動を最低でも50%減らすことができる。「機首を少し上げれば抗力が減り同出力でより高速になり ます」とガッフィーは言う。「機体構成のつぼは空力特性です」 ダクテッドファンは小さく軽くできるし、巡航性能は優秀だという。
  8. 最高飛行速度で揚力の6割はローターから生まれ、残りの4割は小型前進翼と後部のダクテッドファンとスタブウィングが生む。ただし230ノット飛行ではローターが抗力の半分を生むので、それを減らすべくAVXは改良フェアリングの効果を検証中だ。
  9. 直 径56フィートのローターが生む高揚力で外部積載量は大きいとガッフィーは語る。提案書では同機は機体重量は27,000 lb. で兵員12名、貨物13,000 lb.を運ぶ。乗員は4名。これに対しUH-60Mは22,000 lb.で、9,000 lbを外部輸送できる。貨物輸送量からはむしろチヌークに近い、とガッフィーは言う。
  10. 200 kt. で巡航しペイロード4,300-lb.には3,100-shpのエンジンが必要となる。だが目標は230 kt.なので4,600 shp以上の出力が必要となる。
  11. そ の他の複合ヘリコプター機種も同じ問題に直面している。「230 kt. で問題になるのは出力水準です。大型エンジンはコスト高で燃料も多く必要としますが、その反面輸送力の余力が大きくなります」とガッフィーは言う。もし陸 軍がスピードは高くつくことを認めてくれれば、AVXもダクテッドファンを取り外す。「なくなればスピードは170-kt.ぐらいになります」
  12. AVX は生産のため多くのサプライヤー各社を集めたが、陸軍が新参会社をこれだけ重要なプログラムに選定するだろうか。ガッフィーはすべては陸軍の指示書にある とおりで、JMR入札者はFLVの開発リスクを減らすためにも実証機を飛行させる「切実なニーズが」あると証明すべしという点である。
  13. 「ティルトローター機ではXV-15があってV-22があるのに、なぜベルはV-280を飛ばす必要があるんでしょうか。X2でも同じでしょう。同機はすでに飛行済みで性能を証明済みです。X3に至ってはユーロコプターはまだ同機を飛行させていません」(ガッフィー)
  14. 「当社では同軸ローターとダクテッドファンは効率性を実証する必要があります。大手各社はFVL構想が生きている間は自社の機体を飛行させているでしょう。そこで競争を活性化させるためにも小規模な当社は陸軍が見放さないと考えています」■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目