最終テストを開始したX-47B---現場からの報告

X-47B Heads For Final Tests
aviationweek.com  Ares A Defense Technology Blog Posted by Bill Sweetman 7:20 AM on May 16, 2013

ノースロップ・グラマンX-47Bは数日後にタッチアンドゴー方式で空母ジョージ・ブッシュへの着艦を実施する見込みで、それに先立つ火曜日に実初のカタパルト発進を施した際に同席していたので現地で見聞したことを以下お伝えしたい。

同機は予想より早く発艦前準備を完了し、カタバルトの端までの移動はごく短時間で完了していた。このテスト用にわざわざ開発した遠隔操作用の器具は無用の長物になっていた。
とはいうものの関係者の見方はすでにこの後に来るUclass用の技術という観点だった。開発チームは原理原則の有効性を証明したと感じている。つまり、無人機も有人機と同じ命令に従って空母艦上で取り扱い可能だということだ。
.
X-47Bのアプローチは実に安定しており、二回目の通過では大気の乱れで若干ローリングしていたが、甲板上空50フィートで翼を左右に振って見せた。
こ の振りは予定外だったが以下の可能性がある。機体自体で自動的に行った、ミッション操作員によるもの、パドルすなわち着艦信号士官によるもの、あるいは管 制塔のPri-Flyすなわち主任飛行制御管制官によるもの、である。ミッション操作員もパイロットと同様に「ボールを読む」(着陸姿勢の表示灯の数を読 む)ことができ、着陸装置のライトは同機がこれから着陸する意思があることを示す。

海 軍士官は海軍と空軍の違いを明確に理解しており、空軍が遠隔パイロットで操縦される航空機の活用を主張する一方で海軍の「無人航空システム」は操作員が飛 行させるのであり、パイロットによる操縦ではないとしている。海軍としてもパイロット資格を持つ人員を一度にUAVで交代させるつもりはなく、ここで も 空軍との違いが明白だ。(プレデター/リーパーは米空軍ではF-16に次ぐ機体数になっている。)操縦桿とラダーでUAVを飛ばすのはエアバス関係者 がボーイング777の操縦桿についていったことを引用すると馬にハンドルをつけるようなものだ。「パイロット」はちょっと間違った言葉の使い方ではない か。

パイロットといえば海軍がX-47Bの自動着陸技術を有人機に応用しようというのは正しい判断だ。この恩恵は機体疲労の軽減に加え航空団の訓練時間短縮にもつながり、安全性が高まる効果は大きいといえる。

コメント  歴史的な現場に立ち会うことが許されるのはAviation Week関係者ならではの特権ですね。うらやましい限りです。UAVが今後発展して敵機撃墜するようになると空軍内部でエースパイロットが本土の安全な コンソールに座る操作員から発生し、議論を呼ぶのでしょうね。(もう呼んでいる?) 一方、海軍はもともとtailhookersと自称し空軍とは違う文 化をもっていることもあり、まちがってもUAVの操作員はパイロットAviatorとは呼ばないことで一致しているのだと思いますが、ここもやがて議論を 避けて通れなくなる事態が来るのではないかと思います。

追記 すでにタッチアンドゴー実証も始まっているようです。(以下写真はUS Navy websiteより)



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目