2011年度予算に登場する新型ISR機は攻撃機にもなる


New ISR Project Planned For 2011
aviationweek.com Dec 21, 2009

ISR(情報収集・監視・偵察機)は本ブログ主宰者の嗜好もあり、何回も登場するテーマです。以下は新しい動きについてです。前回からお知らせしているRQ-170が意外な形で今後の機体につながるようです。


1. 中止となった次世代爆撃機の後で新しい動きがあるようだ。その中に情報収集と爆撃任務を同時に行う構想があるようで、その場合の爆撃とは爆発以外の効果を想定している。
2. 「長距離ISR/打撃」航空機の兵装には指向性エナジーおよびネットワークへの攻撃手段が含まれるだろう」とデイブ・デプチュラ中将(ISR担当空軍参謀次長)は話す。開発中の指向性エナジー兵器にはレーザーおよび高出力マイクロウェーブパルス発生装置があり、そのほかの非運動性兵器として敵のセンサーに対する精密な非定型波でのジャミング、およびネットワーク侵入で敵防空網の連絡通信を遮断が想定されている。
3. 新型爆撃機の設計にはアフガニスタンに投入されているロッキード・マーティンRQ-170センティネル無人ステルス監視機の経験が反映される。
4. 「新型ISR/打撃機には低視認性が明らかに必要な要素だが、攻撃効果を全部運動性のあるものにする必要はない。技術進歩で従来の爆撃機の概念から抜け出して、また予算の制約から多用途機となる。将来の爆撃機の重要な任務は爆弾の運搬ではなく、情報を迅速に伝え意思決定に役立てることだ」
5. 政府内部では新型長距離攻撃機の性能水準をそこまではっきりと表現していないが、2011年度国防予算要求と5ヵ年国防計画の一環としては重要と認識している。
6. ゲイツ国防長官は従来型の爆撃機開発を2010年度で中止し、QDR(4年毎の国防力見直し)の一部として見直しを命じた。QDRでは有人・無人両方で、長距離飛行性能を持つことの重要性を主張すると見られる。
7. 「QDR他の検討結果から長距離攻撃能力が強調されるだろう」とゲイツ長官はイラク視察の道中で発言している。
8. ノートン・シュワルツ大将(空軍参謀総長)もこの考えを支持し、空軍が新規開発二案の予算を計上する可能性を示す。ひとつは次世代爆撃機(NGB)の後継機種、もうひとつは宇宙配備の偵察衛星だ。二案が2月に議会に提出される次々年度予算案に盛り込まれる可能性がある。
9. もし新規開発が実施されれば米国国防産業には朗報となる。ゲイツによれば米軍は「同ステルス機合計2,400から2,500機の購入」となるという。
10. 長距離ISR/攻撃機の要求性能水準はまだ未定であり、予算計上の優先順位もまだ低い。しかしながら、妥協が許されない要素がひとつある。戦闘行動とISR任務を同一の機体で実施することだ。情報収集活動と戦闘作戦を別のものとして論じるのは誤りとデプチュラ中将は語る。さらに米国はアフガニスタンの非正規戦から先進国型の通常戦まで幅広く準備をする必要があるのだ。
11. 「この18年間は航空優勢の元で作戦を展開する余裕があった。これからは制空権がない環境、遠隔地での戦闘を想定する必要がある。」(同中将)
12. その条件で将来の機体を有人型とするか無人機とするか、また敵地侵入型とするかスタンドオフ攻撃とするかの決断が求められる。
13. 「長距離侵攻型のISR/攻撃機がはるかに多くの利点がある。有人運用であれば無人機よりも対応できるオプションの幅が広がるので安定性と即応性能力が高まる」(同中将)
14. ただデプチュラ中将は有人・無人型の設計を両立する余地があるという。「遠隔操作で長距離ISR攻撃機を運用するのであれば有人機とするオプションもあるが、任務が単純な情報収集を脅威度が低い地帯で行うのであれば遠隔無人機が適している」という。
15. アフガニスタン国内の戦闘がISR能力の整備に役立っている。MC-12Wでフルモーションのビデオ情報と通信情報収集を行うと同じ方面に24機が必要となる。MQ-9リーパーにゴーゴンステアISRポッドを搭載すれば同時に10通りのビデオ信号を10箇所に送信できる。最終的には同ポッドにより 65画面の処理ができるようになる。
16. 通信技術の大幅な進歩で世界中の分析官に即座に情報を送ることが可能だ。
17. 空軍は信号を地上に未処理のまま送信する以外に飛行中の機体内で処理する方法も模索している。これで地上分析官へ送信するデータを削減することができる。その他としてデータ圧縮技術の応用と画像アクセスシステムが検討されている。後者は機密扱いのウェブサイトで世界中任意の地点に関する大量の情報源から最新のデータを利用できるもの。

RQ-170の170というのはF-117と同じような番号の付け方。単純な新型UAVではなく、上にあるように今後の空軍装備の変更に大きな役目を持っている機体の用に思えます。あるいはこの情報が機密解除になったということは実はすでに同機の役目は終わり、別の機体が極秘裏に開発中なのかもしれません。つまり、センティネルはそのカバーアップということなのでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目