複雑なミサイル防衛の利害(ヨーロッパ諸国)




No Easy Answers To Missile Defense
aviationweek.com Dec 7, 2009

1. 米国のミサイル防衛方針はこの数ヶ月で急激に変化した。まず、中間段階での迎撃から「初期迎撃」の重視に切り替えられ、大型地上配備迎撃ミサイル(GBI)から海上配備および地上配備型の米海軍・レイセオン開発のSM-3に変更となった。さらに9月にボーイングのGBIをボーランドに配備する案が取りやめになり、段階的状況適応型(PAA)配備のSM-3に変更となった時点でもはや誰も驚かなかった。
2. この変化はNATO加盟国にあまりにも急速と写り、米政府には同盟国の懸念がわかっていないのかと感想を述べる向きもある。10月末に開催されたワルシャワ会議で、問題の複雑さが改めて脚光を浴びた。
3. 例を挙げれば、昨年夏のミサイル防衛会議がアラバマ州ハンツビルで開催されたが、その席上では「迎撃の結果影響」という専門用語は使われていない。ワルシャワ会議でも同じ。簡単に言えば、それは「ミサイル目標ではない国の上空でミサイルを迎撃し、迎撃ミサイルのブースターが発射地点から数百キロ離れた場所に落下してくることだ」とデイビッド・スパークス(NATO指揮命令通信庁のミサイル防衛部門長)は説明する。迎撃に成功した場合でも「爆発物のシャワーの結果になる」可能性がある。米国内では「迎撃しなかった場合の結果」のほうが受け入れがたいと考える向きが多数だが、バルカン諸国がドイツ国内の目標のために被害を受け入れるだろうか。ましてや米軍基地のためにはどうだろうか。
4. ミサイル防衛が迅速に行われるため迎撃手段の発射権限は現地指揮官に与えるしか選択肢がないのが現状だ。「指揮官がアメリカ人だろうとヨーロッパ人だろうか。指揮官は米国内にいるのか、ヨーロッパにいるのか。迎撃後の被害以上に多くの議論が出てくる。」とスパークスは会議の席上発言。これもハンツビル会議では話題になっていない。
5. PAAは四段階に分かれ、脅威(主としてイラン)の評価により決まるが、長距離ミサイル開発の現状を軽視している。2011年のフェーズ1では海上配備のSM-3ブロック1Bミサイルに「遠隔交戦」誘導をTPY-2レーダーから与えて使用する。陸上配備型のSM-3ブロック1Bには新設計の迎撃体を装着し、フェーズ2(2015年)で防衛対象区域を拡大し、新型センサーとして空中待機赤外線装置を組み合わせることになろう。大型ブースターを使うブロックIIBは2018年にフェーズ3で登場し、米ミサイル防衛庁の秘密予算を使い、大陸間弾道弾にも対応が可能。
6. 問題は各フェーズの想定がNATOのヨーロッパ諸国の防衛計画と整合性があるかという点だ。NATOの考え方は三段階に分かれ、米国のPAA方式を引き続き検討し、ロシアとの協力を模索し、NATO独自のアクティブ・レイヤー・戦域弾道ミサイル防衛(ALTBMD)計画として有効距離3,000キロメートルの防衛手段開発を推進するもの。
7. ALTBMDは今後のNATOのミサイル防衛システムの中心となる可能性がある。この中に複数の防衛手段を統合していく構想で、アスター、 SAMP/Tの各ミサイル、SM-3をヨーロッパ所有のイージス艦から発射することもあり、タレス・ネーダーランドが開発中の有効距離2,000キロメートルの新型レーダーも加わる。11月末のシミュレーションテストではこの新型レーダーがクレタ島沖合いでギリシャとドイツのペイトリオットミサイルを使い、ギリシャ空軍おF-16をミサイル発射地点の攻撃に誘導するのに成功している。
8. 米国はヨーロッパ諸国海軍がPAA方式整備に参加することを期待しているようだ。スペインとノルウェーにはイージス艦がある。オランダの新型フリゲート艦4隻にはSM-3が搭載される。ただし、米海軍が地中海東部や黒海でミサイル迎撃任務に就くことは実現しそうにない。そこで、米国のシステムを搭載したNATOの軍事装備を米国は期待しているのか、あるいはNATOのシステムを搭載した米国の装備を期待しているのか、という疑問が生じる。
9. どちらともにPAAを離れた政治的な問題となる。陸上配備のレーダーは自国ミサイル配備の状況を見られてしまうロシアの反感を買っているものの、フェーズ1に含まれる。その後の各フェーズでミサイルの陸上配備が入ってくる。NATO外相会議が今月開催されこの問題を検討する予定になっている。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目