2009年を振り返る




今回は ターミナル1・2共通記事です。
今年もいよいよ大詰めです。Aviationweekはサイト記事へのアクセス数から以下のニュースを今年の重大ニュースとして選びました。若干当方のブログの読者諸兄のご関心方面とはずれがあるようです。ちなみにターミナル1で最大のアクセス数となったのは12月の787初飛行関連、ターミナル2ではF-22関連でした。また、今年はブログ3として日本からのニュース発信を英語出始めました。こちらはまだアクセス数が微小ですが、今後も続けて行きます。それでは月並みですが皆様良いお年を。



2009 YEAR IN REVIEW:

aviationweek.comでは今年で航空宇宙・防衛産業でよく読まれた順に記事内容を再掲し、2009年の締めくくりとする。最も多く読まれた記事は以下のとおり。

プレデターC「アヴェンジャー」の初飛行 Predator C Avenger Makes First Flights
改良を加えステルス性を高めた無人航空機で、ながく噂に上っていた機体。20時間の飛行が可能でジェットエンジンを搭載したプレデターCアヴェンジャーが4月にジェネラルアトミック・エアロノーティカルシステムズから登場。

米空軍がステルスUAV運用の事実を認める  USAF Confirms Stealthy UAV Operations
米空軍が本誌に対し「カンダハールの野獣」といわれる無人機の存在を確認。ステルス性あると見られ沿革小銃されるジェット推進の同機はアフガニスタン上空を飛行しているのを2007年末から目撃されていた。

グラスコックピット Glass Cockpits for Maintainers: Looking Behind the Screen
航空機は初期の時代からパイロットにとって計器をにらんで機体の状況を確認するのが普通であった。ライト兄弟はフライヤー号にストップウォッチ、風速計とタコメーターの三つの計器しか積んでいなかった。

ボーイング787が初飛行  Boeing 787 Takes Off
12月15日午前10時27分(太平洋標準時)、787が重く垂れ込める雲の下、ワシントン州エバレットから離陸し、ボーイングは期間8ヶ月の飛行テストを開始した。

さまよえるオスプレイ The Odyssey of the Osprey
開発開始から四分の一世紀が経過し、途中4回の墜落事故で30名の命を犠牲にして、オスプレイの第一線配備がはじまった。

NASAがハイブリッド主翼胴体一体機で環境目標達成めざす NASA Backs Hybrid Wing/Body to Meet Environmental Goals
NASAは旅客機を全翼機にすると大幅な燃料消費節約と騒音低減を実現するとし、はやくて2020年に実用化と見る。ただこの期待が現実になるまでには大型機材を作成した実証実験が必要だ


【2009 最も多く読まれたブログ投稿記事】
米空軍がステルスUAV運用を明らかにする U.S. Air Force Reveals Operational Stealth UAV

再利用可能な宇宙打ち上げ機 Plans for future re--usable space launch X-plane hatched

国会議員の軍用ジェット機利用に監視の目 Watchdog Targets Congress' Use of Military Jets

787初飛行:787 First Flight: Airborne!

エティハド航空のA340にF1絵柄
 Etihad's Impressive A340 F1 Paint Job

キラービーUAV
 Killer Bees Swarming to Defend

ホンダジェットが型式証明に近づく
 Honda for the heavens

アメリカン航空のフリート更新
 American Airlines Skirts Chaos

依然好調なVIP仕様航空機
 VIP Aircraft Market Still Strong

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目