ロシア空軍の再編は成功するか






Russian Military Aircrew Numbers Tumble
aviationweek.com Dec 16, 2009


1. ロシア空軍の乗員総数は40%削減される。空軍編成を新しい運用・指揮命令系統にあわせるもので年末までに実施される。
2. 空軍司令官アレクサンダー・ゼーリン上級大将が夏に大規模な組織改正案を発表。より広範な種類の脅威に対応すべく機動力を持った組織に変貌させるのが目的だった。同大将によると新しい空軍組織は運用司令部、各空軍基地および航空宇宙防衛旅団(航空機・ミサイル対応)数個編成となる。
3. 既存の空軍および防空軍は運用司令部計4をサンクトペテルスブルグ(総司令部)、ノボシビリスク、ハバロフスク、ロストフォンドンに置くことで代替される。
4. そのほかの組織として長距離航空軍(旧第37戦略航空軍)、軍事輸送航空司令部(第61航空軍を元に編成)および航空宇宙防衛戦略軍 (旧 特殊任務部隊としてモスクワおよびロシア中央部防衛を担当)があり、最後の部隊は宇宙軍と運用を調整し、ロシアを大陸間弾道弾含む宇宙からの脅威から防衛する任務がある。
5. 組織改変後の空軍の中核は合計31の空軍基地と航空宇宙防衛旅団合計13編成で、部隊数は現在の340から180になる。乗員は現在の12,000名が7,000名に削減される。とくに将校は65千人が38千人になる。
6. この結果、旧式機が第一線を退き、空軍全体の即応度は高まる。2020年までに保有機の7割を新型機ないし性能改修機で構成しようという野心的な計画だ。
7. スホーイSu-35S(Su-27フランカーの発展型)の引渡しが2011年より始まる予定。同機により空軍は多用途重戦闘機として第五世代戦闘機PAK FAの実用化(2015年以降)まで主力戦力とする。PAK FAプロトタイプ(T-50)の初飛行は遅れており2010年はじめとなる見込み。.
8. さらに空軍は生産型のSu-34攻撃機の受領を2010年に開始し、Su-24Mフェンサーの後継機種とする。MiG-31Bの性能向上改装も進行中。
9. 空軍の組織変革は陸軍でも平行して進行中。1,900近くの部隊を常備即応部隊172にし、機械化装甲戦車師団20を複合39旅団と戦車旅団2に変える。
10. 空軍は装備がそろい訓練をつんだ部隊の運用に集中することができよう。統合で恩恵を受けそうなのが中央ロシアのボロネジ近郊バルティモール空軍基地で、構想では同基地を3,500メートル級滑走路数本の主要基地に変身させるもの。
11. そのほかの基地には廃止となる基地から機体・人員を移動させる。ミガロボの軍用輸送航空機基地がセシャ、スモレンスク、クレチェヴィツィからの部隊を吸収する。移動する機体にはイリューシンIl-76とアントノフAn-12が含まれる。
12. 機材、人員の移動によりインフラ整備や宿舎が必要となる。特に後者は国防省の一番頭の痛い課題だ。
13. 2010年中に引渡しが予定される固定翼機は合計28機で回転翼機も同数で、それに伴い追加でアルマズ-アンティS-400地対空ミサイル(SAMs)が配備される。
14. S-400を受領する予定だったのは防空部隊合計5つであったが、ゼリン大将はその実現に懐疑的だ。この移動式長距離SAMの装備を完了しているのは今のところ防空部隊二つだけ。
15. ゼリン大将はアシュルク(南部ロシア)での試射に立会い、S-400が要求性能を満たしていないと不満だ。具体的にどこが問題なのかは不明。
16. さらにS-400の空軍への配備は生産能力の制限により遅れており、国防省は第二生産拠点構想を提案している。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目