ミサイル防衛に無人機を利用するMDA構想


MDA Refines UAS Concepts For Missile Defense
aviationweek.com Dec 18, 2009

1. 米ミサイル防衛庁(MDA)が無人機(UAS)を利用した弾道ミサイル追跡方法を検討中。
2. 具体的にはUASをミサイルの初期弾道追跡用のセンサー群に取り入れる検討。8月にMDA長官オライリー中将が空軍のリーパー無人機を使い、ミサイル防衛の監視用に使えるかを検証すると発表した。海軍はステラダガーの名称で3月に実証実験を行っていたことが判明。
3. 同実験では巡航ミサイルをSM-2ブロックIIIAで、また短距離弾道ミサイルをSM-2ブロック4で迎撃に成功たがリーパー2機(空軍と海軍が一機ずつ運用)が搭載のMTS-B中波赤外線センサーで弾道ミサイルの上昇飛行を追跡した。2機必要なのは「ステレオ」追跡が必要なため。 MDAによるとリーパー各機は355キロメートルから422キロメートル離れた地点を飛行していたという。
4. このテストでセンサーの追跡機能には操作員による手動作業を不要とする一層の自動化が必要なことが判明した。
5. MDAは初期迎撃に必要な追跡機能を有する機体の情報提供を業界に要請する正式文書を発信した。同文書によると2012年までにシステム数合計4あるいは2015年に合計12システム確保してリスク分散を考えている。
6. MDA開発担当部長のリッチ・マトロックによるとMDAはリーパーにこだわらず、業界から広く提案を歓迎する。
7. UASの運用構想としてはまず上空の赤外線センサー搭載衛星(国防支援衛星あるいは宇宙配備赤外線衛星)から信号を得る、あるいは地上配備レーダーからの合図を得て、発進中のミサイルをUASに発見させる。MDAは既存UASの利用を可能な限り進めて費用を節約したい考えだ。
8. MDAは来年実施予定の地上配備中間軌道迎撃実験および空中配備レーザー迎撃実験の際にもUASを飛行させ追跡機能の実証を行う。
9. 議会はペンタゴン要望を受け、早期迎撃用に2010年度国防予算に総額80百万ドルを追加している。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目